血液型Rh(D)に属する人は、パルボウイルス感染のリスクが高い



スウェーデンのカロリンスカ研究所の研究者が Octapharma と共同で The Journal of Infectious Diseases に発表した研究によると、血液型が Rh(D) の人ではパルボウイルスに感染するリスクが高くなります。

第五の疾患は、パルボウイルスによるウイルス性疾患です。 ほとんどの場合、学齢期の子供は、頬の赤い斑点などの一般的な症状に影響を受け、腕や脚にも広がる可能性があります. 大人でも感染することがありますが、多くは無症状です。

新しい研究では、研究者は、人がアカゲザルD抗原またはRh(D)と呼ばれるものに属している場合、病気にかかるリスクが高まることを実証できるようになりました. AB0系の血液型に加えて、Rh系が最も一般的です。

感染者全員がRh(D)に属していた

ドイツでは、2015 年から 2018 年の間に 160,000 人以上の献血者がパルボウイルスのスクリーニングを受けました。献血者のうち、22 人がウイルスに感染していました。 すべての感染者は血液型Rh(D)に属していました。

まだ報告されていない重要な発見であり、ウイルスが宿主細胞に侵入する際にRh(D)が重要であることを意味する可能性があり、ウイルスの細胞受容体がまだ特定説(推定)されていないため、新しいものである可能性もあります。」


Rasmus Gustafsson 氏、Karolinska Institutet の臨床神経科学部門の所属研究員であり、Octapharma のプロジェクト マネージャー

女性の割合が多かった

研究者はまた、夏季に感染のリスクが高まることも確認できました。 さらに、女性だけでなく 31 歳から 40 歳の人も感染のリスクが高くなります。

「その年齢では、通常、周りに幼児がいます。幼児が就学前に感染し、その後両親に感染することはすでにわかっています。したがって、年齢と性別の分布は、女性が男性よりも多く働いているという事実を反映している可能性があります。ケアの専門職に就き、子供たちの世話をすることです」と、ラスムス・グスタフソンは言います。

この研究は、共著者の何人かが活動している Octapharma 社と共同で実施されました。

ソース:

ジャーナルの参照:

Healy、K.、等。 (2022) ドイツの献血におけるパルボウイルス B19 ウイルス血症の有病率と、ABO およびアカゲザル血液型抗原との関係。 感染症ジャーナル。 doi.org/10.1093/infdis/jiac456.



Source link