アルテミスミッション中に撮影された美しい「地球の入り」の写真は、アポロの「地球の出」の画像にうなずきます

The new image, titled "Earthset," was taken by NASA


「アースセット」というタイトルの新しい画像は、NASA のオリオン宇宙船が 11 月 21 日に月のすぐそばを飛んで撮影したものです。 (画像クレジット: NASA/アルテミス I)

(新しいタブで開きます)

NASA のアルテミス I ミッションの一環として最近宇宙に打ち上げられたオリオン宇宙船によって撮影された不気味な新しい写真で、小さな遠い地球が月の後ろに滑り始めます。 「地球の入り」と題されたこの画像は、NASA のアポロ 8 号のミッションで撮影された有名な「地球の出」の反転です。 (新しいタブで開きます) 50年以上前。

アルテミス I 号の「メガムーン ロケット」は、1 か月以上の打ち上げ失敗の後、11 月 16 日の早い時間についに宇宙に打ち上げられました。 宇宙に入ると、ロケットは無人のオリオン カプセルを放出し、地球の天然衛星に向かって進み続けました。

新しい画像が撮影されたのは 11 月 21 日で、オリオン カプセルが月面から 81 マイル (130 キロメートル) 以内でスリングショットを打った直後に、月周回軌道に移動しました。 この写真は、NASA の Twitter でその後すぐに公開されました。 (新しいタブで開きます) ページ。

オリオン宇宙船は、逆行軌道に入るまで月から離れて移動します。逆行軌道とは、小さな物体が小さな物体 (月など) の周りを回転しながら、大きな物体 (地球など) の重力によって所定の位置に保持される遠い軌道です。 — 11 月 28 日の月からの距離は約 57,200 マイル (92,000 km) です。無人のカプセルは、軌道に乗ると、人間の乗客を運ぶように設計された宇宙船によって地球から最も遠い距離に到達するという、アポロ 13 号によって設定された記録を破ります。 — 私たちの惑星から約 270,000 マイル (430,000 km) 離れています。

関連: NASA のアルテミス 1 ロケットの打ち上げが遅れ続けたのはなぜですか?

「アースセット」という名前は、部分的に照らされた地球が月の地平線上に昇った後、短時間宇宙にぶら下がっている有名な「地球の出」の画像に同意しています。 「地球の出」は、1968 年 12 月 24 日、月を周回する最初の有人航海であるアポロ 8 号ミッション中に、NASA の宇宙飛行士ウィリアム アンダースによって撮影されました。

1968 年 12 月 24 日にアポロ 8 号宇宙船に搭載されたウィリアム アンダースによって撮影された有名な「地球の出」の画像。 (画像クレジット: NASA/アポロ8号/ウィリアム・アンダース)

(新しいタブで開きます)

オリオン宇宙船はその後、11月22日に撮影された地球の出の独自のビデオを撮影しました。これは、影に覆われた月の後ろから滑空するときに、どこからともなく現れる私たちの惑星を示しています。

オリオン宇宙船が遠い逆行軌道に入ると、約 10 日間月を周回した後、最終的に地球にパチンコで戻されます。130 万マイル (2.1百万キロ)。

2024 年に打ち上げが予定されている次のアルテミス ミッションであるアルテミス II は、アルテミス I と同じ飛行経路を繰り返し、宇宙飛行士はオリオン宇宙船内にいます。 次のミッションであるアルテミス III は 2025 年に打ち上げられる予定で、1972 年以来初めて宇宙飛行士を月面に着陸させようとします。



Source link