研究により、小児脳卒中はCOVID-19感染と関連しているが、多系統炎症症候群とは関連していないことが判明

Study: SARS-CoV-2 Infection and Increased Risk for Pediatric Stroke. Image Credit: joel bubble ben/Shutterstock


Pediatric Neurology に掲載された最近の研究では、研究者は、2019 年のコロナウイルス病 (COVID-19) と小児の多系統炎症症候群 (MIS-C) が、小児集団における虚血性脳卒中のリスク増加と関連しているかどうかを調査しました。

研究: SARS-CoV-2 感染と小児脳卒中のリスク増加。 画像著作権: ジョエル バブル ベン/Shutterstock

バックグラウンド

成長する証拠は、成人の COVID-19 患者が脳卒中のリスクが高いことを示唆しています。これは、凝固亢進、免疫介在性血栓症、レニン-アンギオテンシン系の変化、心塞栓症、およびその他の COVID-19 介在性の変化などのさまざまな要因に起因します。心臓と神経系。

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス 2 (SARS-CoV-2) がアンギオテンシン変換酵素-2 (ACE-2) 受容体を使用して宿主細胞に侵入する能力は、神経向性および複数の臓器系に対するウイルスの影響にも関連しています。 .

ただし、COVID-19 の子供が脳卒中のリスクが高いかどうかについては、情報が不足しています。 初期のパンデミックの間、小児の COVID-19 患者の虚血性脳卒中のリスクが増加していないことは研究で確認されていますが、MIS-C 患者の 4 分の 1 で神経学的合併症、および何らかの形態の血管障害が観察されています。 さらに、血栓塞栓症と脳卒中は MIS-C のまれな合併症と考えられていますが、因果関係はよくわかっていません。

研究について

本研究では、研究者は 18 歳未満の子供の人口ベースの 2 つのコホートに対してレトロスペクティブ分析を実施しました。最初のコホートには、2020 年 3 月から 2021 年 6 月の間に頭蓋内出血、脳梗塞、虚血性脳卒中、または脳血管障害と診断された子供が含まれていました。 2015 年 3 月から 2020 年 2 月の間に、米国ユタ州のプライマリー チルドレンズ ホスピタルに脳卒中で入院した子供たち。

性別、年齢、社会経済的地位、保険適用範囲、人種または民族性などの人口統計学的特性に関するデータは、電子記録から取得されました。 病歴、COVID-19 ポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) 検査結果、COVID-19 ワクチン接種データ、病院および集中治療室への入院日と期間、COVID-19 症状の発症から脳卒中までの経過時間、国立研究所などの追加情報脳卒中、脳卒中の特徴、投与された治療、および脳卒中の転帰の提示時の健康脳卒中尺度(NIHSS)の評価。

結果

その結果、生後 8 か月から 17 歳までの患者で 16 例の小児虚血性脳卒中が報告されました。 虚血性脳卒中の発生率は、小児における COVID-19 感染の増加と相関していましたが、MIS-C の発生率の増加とは関連していませんでした。

脳卒中を起こした患者の 3 分の 1 は、以前に SARS-CoV-2 に感染していた、MIS-C と診断されていた、予防接種を受けていなかった、または脳卒中を起こしたときに SARS-CoV-2 に対する抗体を持っていた。 この間に他のウイルス感染が減少したため、COVID-19 が脳卒中の引き金になったと考えられています。 COVID-19に関連する限局性脳動脈症の増加を報告した以前の研究とは対照的に、本研究では、大血管閉塞性脳卒中がパンデミックおよびパンデミック前のコホートでより一般的であることがわかりました。

患者のうち3人は脳卒中時にMIS-Cと診断されていましたが、軽度または無症候性のSARS-CoV-2感染歴があり、MIS-C患者と診断されていない他の3人の患者も脳卒中を患っていました。 パンデミックのほとんどの患者で脳卒中が診断されて以来、パンデミック コホート患者の 4 分の 1 のみが組織プラスミノーゲン活性化因子または血栓除去術を投与され、パンデミック前のコホートは遅れていました。

さらに、急性のSARS-CoV-2感染は脳卒中との関連性が見られず、回復後2~6週間でCOVID-19患者に観察される過炎症状態と脳卒中が関連している可能性があることを示唆しています。 さらに、ウイルス感染による凝固カスケードの活性化および内皮損傷に起因する血栓形成促進状態および凝固亢進も、小児患者における脳卒中の発生に関与している。

この研究は、COVID-19 感染の 1 か月後に脳卒中が発生する可能性があることを示唆しています。これは、おそらく SARS-CoV-2 感染の数週間後の凝固亢進と血栓形成促進状態が原因である可能性があります。 さらに、小児集団における脳卒中の発生率はまれであり、小児における脳卒中の症状の提示は曖昧であるため、しばしば誤診または診断が遅れ、介入が遅れます。

結論

要約すると、この研究では、小児脳卒中患者の 2 つのコホート (1 つは COVID-19 パンデミック、もう 1 つはパンデミック前) に関するレトロスペクティブ分析を使用して、小児における脳卒中、COVID-19 感染、および多臓器性炎症症候群の関連性を調査しました。

結果は、脳卒中は以前のSARS-CoV-2感染の遅発性合併症であるが、急性感染症またはMIS-Cとは関連していないことを示しました. さらに、脳卒中は、あいまいな症状のために小児患者の後期に診断されることが多く、治療や介入が遅れます。

ジャーナルの参照:

Vielleux, MJ, Swartwood, S., Nguyen, D., James, KE, Barbeau, B., & Bonkowsky, JL (2022). SARS-CoV-2感染と小児脳卒中のリスク増加。 小児神経学。 土井: https://doi.org/10.1016/j.pediatrneurol.2022.10.003 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0887899422002107



Source link