さらに 6 週間の抗凝固治療により、遠位 DVT 後のさらなる血栓リスクが軽減されます



抗凝固薬リバロキサバンを患者に通常 6 週間投与する代わりに、下腿に血栓ができた後 12 週間投与すると、治療後最大 2 年間、さらなる血栓が発生するリスクが低下することが、本日 BMJ によって発表された試験で明らかになりました。

さらに、追加の6週間の治療は、抗凝固薬の一般的な副作用である出血リスクの増加をもたらしませんでした.

リバロキサバンは抗凝固薬です。 危険な血栓ができるリスクが高い人に与えられ、血栓がよりゆっくりと(濃くなる)ようになります。

抗凝固療法は、孤立した遠位深部静脈血栓症 (DVT) の患者を含め、脚にすでに血栓ができている患者のさらなる血栓の発生を防ぐことが知られています。 しかし、医師は、遠位DVTのすべての患者が抗凝固療法を受けるべきかどうか、またどのくらいの期間受けるべきか、まだ確信が持てていません.

この不確実性に対処するために、研究者は、イタリア全土の 28 の専門外来診療所で孤立性遠位 DVT と診断された 402 人の成人 (平均年齢 65 歳、女性 58%) におけるリバロキサバンの 2 つの異なる治療期間の比較に着手しました。

参加者のいずれも、妊娠中または授乳中、活動性のがん、腎臓または肝臓の問題を抱えていた、出血のリスクが高い、または基礎疾患のために抗凝固療法を受けることができなかった.

標準用量のリバロキサバンを 6 週間投与した後、凝固または出血の合併症を発症していない参加者は、リバーロキサバン 20 mg またはプラセボのいずれかを 1 日 1 回、さらに 6 週間投与する群に無作為に割り当てられました。

参加者は、3 週間、6 週間、3 か月、および 24 か月の時点で、新たな血栓または重度の出血について評価され、再発を示唆する可能性のある新しい徴候や症状が発生した場合は、医師の診察を受けるように勧められました。

結果は、無作為化後、リバロキサバン群の 23 人 (11%) の患者とプラセボ群の 39 人 (19%) の患者が、下肢 (孤立性または再発性遠位 DVT)、上肢 (近位 DVT) のいずれかにさらなる血栓を発症したことを示しています。 DVT)、または肺 (肺塞栓症)。

リバロキサバン群で 16 例(8%)、プラセボ群で 31 例(15%)の患者に再発性孤立性 DVT が発生し、リバロキサバン群で 7 例(3%)、8 例(4%)で近位 DVT または肺塞栓症が発生した。 ) プラセボ群。

2 年間の研究期間中に大きな出血イベントは発生せず、研究者は、追加のリバロキサバンを投与された 13 人の患者ごとに、1 つの血栓が防止されると推定しています。

研究者は、登録が遅いこととcovid-19パンデミックの開始により、1000人を超える患者の理想的なサンプルサイズに到達できないなど、いくつかの制限を指摘しており、診断が孤立して再発する可能性を排除することはできません遠位 DVT が過大評価されている可能性があります。

しかし、これは適切に設計された試験であり、結果は他のタイプの血栓を有する患者の間でも一貫しており、たとえば上腕にあることから、結果が確実であることを示唆しています.

そのため、研究者は次のように結論付けています。

これらの所見は、がん関連 DVT 患者には当てはまらず、他の抗凝固療法に当てはめるべきではない、と彼らは付け加えた。 「抗凝固療法を必要としない可能性のある低リスク患者を特定説(推定)するには、追加の調査が必要です。」

ソース:

ジャーナルの参照:

Ageno, W., et al. (2022) 症候性孤立性遠位深部静脈血栓症患者における 6 週間対 3 か月のリバロキサバン治療: 無作為化対照試験。 BMJ。 doi.org/10.1136/bmj-2022-072623.



Source link