気候サミットは「歴史的な」損失と損害の基金に同意するが、温暖化の目標を逃している

Climate activists protest in front of International Convention Center at the UN climate summit COP27 in Sharm el-Sheikh, Egypt on Nov. 19.


気候変動に関する国連枠組条約の第 27 回締約国会議 (COP27) は日曜日 (11 月 20 日) に終了し、気候の影響に苦しむ開発途上国への「損失と損害」資金調達に関する土壇場での合意が得られました。 しかし、批評家は、年次総会は温暖化を制限するという目標に関してほとんど進展がなかったと主張している.

11 月 6 日から 11 月 18 日まで開催される予定だったエジプトのシャルム エル シェイクでの会議には、米国のジョー バイデン大統領を含む世界中から 35,000 人以上の代表者が集まりました。しかし、交渉は 11 月 20 日まで続きました。 、代表者が気候変動によって引き起こされた損失と損害の支払いに関する合意を打ち出したとき.

この取引は、気候変動の最悪の影響(洪水、火災、暴風雨の悪化など)を経験している発展途上国を支援するための基金を設立しましたが、気候変動への排出にはほとんど貢献していません。 (新しいタブで開きます) 報告。 気候変動への貢献度がはるかに高い先進国は、これらの支払いに資金を提供します。 (たとえば、米国は過去の排出量の 20% を占めています。CarbonBrief (新しいタブで開きます) 報告。)

COP は、1992 年の気候変動に関する国連枠組条約に同意した 197 か国を招集します。 国連は、気候変動に関する決定を下すために毎年会議を開催しています。

関連:世界のCO2排出量は地球を料理しており、「減少の兆しは見られない」と報告書は警告している

「私たちは損失と被害に関する気候交渉の転換点に達しました」ヤミデ・ダグネット (新しいタブで開きます)Open Society Foundations の気候正義担当ディレクター、正義、民主的ガバナンス、および人権の活動に資金を提供する助成金ネットワークは、声明の中で述べています。 「30年にわたる論争の後、裕福な国の戦術が遅れ、連帯、共感、協力の新たな精神が広まり、歴史的な専用基金の設立につながりました。」

この取引は、いくつかの論争の的となる質問に答えられていないままですが、どの国が支払いを行い、補償を受ける資格があるかを含め、Matt McDonald は次のように述べています。 (新しいタブで開きます)、オーストラリアのクイーンズランド大学の国際関係の准教授は、The Conversation に次のように書いています。 (新しいタブで開きます).

一方、排出量のより厳しい制限を設定し、化石燃料の使用を排除するという野心は達成されなかった、と BBC は述べた。 (新しいタブで開きます) 報告。 昨年のCOP26 (新しいタブで開きます)スコットランドのグラスゴーで開催された. この閾値は、2015 年のパリ協定の重要な目標と一致しており、最も壊滅的な気候影響のリスクを制限するだろう、と科学者は述べています。

しかし、今年の会議は、すべての化石燃料の使用を段階的に削減するというインドの提案と、2025 年までに温室効果ガス排出量のピークに達するという欧州連合の呼びかけを拒否しました。 (新しいタブで開きます) 報告。 最終合意は、COP26 の目標である「衰えない石炭火力発電の段階的縮小と非効率な化石燃料補助金の段階的廃止に向けた取り組みを加速する」ことを繰り返すが、それを超えて「石炭、石油、天然ガスの燃焼の完全な終焉」を求めることはしない。活動家と一部の代議員が要求したとおりです」と Vox (新しいタブで開きます) 報告。

気候専門家はこの結果を批判した。

「詳細のない基金と、化石燃料の段階的廃止へのコミットメントなしに残る 1.5-C 目標に合意することで、技術的には将来の損害を回避するのではなく、支払うことを受け入れます」と Sven Teske は述べています。 (新しいタブで開きます)オーストラリアのシドニー工科大学の持続可能な未来研究所の研究ディレクターは、声明で次のように述べています。 「シャルム・エル・シェイクでの気候交渉は本当にがっかりです。」

しかし、他の成功は公式の COP 会談の外で発生しましたが、世界最大の熱帯雨林を含むブラジル、コンゴ民主共和国、インドネシアの間で森林保護に協力するという合意が含まれています。 (新しいタブで開きます) 報告。 ブラジルで新たに選出されたリーダー、ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルバも、アマゾン地域で COP30 を主催することを約束しました。 彼の前任者であるジャイル・ボルソナロは、2019年にCOPを主催することを拒否し、「熱帯雨林の増大する破壊を主宰した」とロイター (新しいタブで開きます) 報告。

さらに、米国やその他の裕福な国は、インドネシアの石炭からの脱却を財政的に支援することに同意し、50 か国が温室効果ガスであるメタンの排出を削減する計画を明らかにしたか、計画を策定していると、Grist は報告した。



Source link