妊娠中の母親の肥満は、子孫の肝臓と骨格筋の代謝摂動を引き起こす



The FASEB Journal に掲載された最近の研究では、母親が妊娠中に肥満であった通常の食事を与えられた若い非ヒト霊長類の肝臓と骨格筋の代謝摂動が確認されました。

この研究では、西洋食を与えられ妊娠中に肥満だった母親の19匹の思春期後の子孫、および標準的な食事を与えられた非肥満の母親から生まれた13匹の対照動物から組織生検が得られました。 すべての子孫は、離乳後に健康的な固形飼料を食べました。 研究者らは、妊娠中に肥満の母親の子孫の肝臓で 58 の代謝産物が、骨格筋で 46 の代謝産物が大幅に変化していることを特定説(推定)し、8 つの代謝産物は両方の組織で共有されていました。 これらの調節不全の代謝物からいくつかの代謝経路が同定された。 これらの代謝産物の違いは、動物から採取した血液サンプルでは見られませんでした。

この研究は 2 つの理由で興味深いものです。1 つ目は、子宮内の不健康な環境への曝露が長期的な健康への影響を及ぼし、さまざまな臓器や組織がさまざまな形で影響を受けることを示しています。 第二に、私たちの分析は、肝臓や筋肉で何が起こっているのかを理解するために、血液サンプルを分析するだけでは不十分であることを示唆しています.」


Michael Olivier、PhD、担当著者、ウェイク フォレスト大学医学部

ソース:

ジャーナルの参照:

Ampong、I.、他。 (2022)母親の肥満は、離乳後の通常の食生活を維持しているにもかかわらず、思春期後の早い段階で子孫の肝臓と骨格筋の代謝を変化させます。 FASEB ジャーナル。 doi.org/10.1096/fj.202201473R.



Source link