コーヒーと紅茶の消費量と全死因死亡率および原因別死亡率との個別および複合関連

Study: Consumption of coffee and tea with all-cause and cause-specific mortality: a prospective cohort study. Image Credit: igra.design/Shutterstock


BMC Medicine に掲載された最近の研究では、研究者は、個人および組み合わせたコーヒーと紅茶の消費量と、心臓血管、呼吸器、消化器疾患などによる全死因死亡率と原因別死亡率との関連を調査しました。

研究: 全原因および原因別死亡率を伴うコーヒーと紅茶の消費: 前向きコホート研究。 画像著作権: igra.design/Shutterstock

バックグラウンド

紅茶とコーヒーの消費は、世界中の人々の食事とライフスタイルの重要な部分です。 この 2 つの飲料にはカフェインが含まれているため、さまざまな研究で、コーヒーと紅茶の消費量と病気や死亡率との関連性が調査されています。 これらの研究の結果はしばしば相反するものであり、最高の死亡リスクは中程度のコーヒー消費量と相関しているという発見もあれば、コーヒー消費量と死亡率との間に逆の関係があることを示唆するものもあります.

紅茶とコーヒーの相互作用の影響を調べた研究では、認知症や脳卒中のリスクが低いことが報告されています。 死亡率と 2 つの飲料の相互作用との関連性に関する調査では、緑茶とコーヒーの組み合わせによる 2 型糖尿病の相加効果が報告されています。 ただし、これらの結果の多くは、小さなサンプルサイズに基づいているか、グローバル人口に一般化できません。

研究について

本研究では、英国 (UK) Biobank の縦断的な人口ベースのコホートからのデータを使用して、さまざまなベースライン要因、ライフスタイルの選択、および慢性疾患の病歴。

UK Biobank研究の参加者は37歳から73歳まででした。この研究では、フォローアップを逃した参加者、またはお茶やコーヒーの消費に関する情報が欠落している参加者は除外されました. 合計 498,158 人の参加者がこの研究に参加しました。

お茶とコーヒーの消費量は、一般的な飲み物と食べ物の消費量を評価するアンケートに基づいて決定され、参加者に 1 日に消費されるコーヒーとお茶の数を尋ねました。 ベースラインのアンケートでは、年齢、性別、民族性、教育レベルなどの社会人口学的要因に関する情報が提供されました。 喫煙、アルコール消費、身体活動、食事などの行動データ。

さらに、すべての参加者のボディマス指数が計算され、参加者の医療記録、健康診断、およびアンケートから慢性疾患に関する情報が収集されました。 国民保健サービス (NHS) からのデータを使用して、死亡率と死亡原因を特定説(推定)しました。

統計分析を実施して、2 つの飲料を別々に摂取した場合と組み合わせて摂取した場合と、原因別死亡率および全原因死亡率との関連性を判断しました。 分析は、年齢、性別、体格指数、喫煙、身体活動、食事、うつ病、および糖尿病や高血圧などの慢性疾患などの社会人口学的および行動上の交絡因子に対して調整されました。

結果

その結果、お茶もコーヒーも飲まない人に比べて、毎日お茶を 2 ~ 4 杯、コーヒーを 1 ~ 2 杯未満飲む人は、死亡リスクが 22% 低下することがわかりました。 心血管疾患、呼吸器疾患、消化器疾患による死亡リスクも、同様の逆相関を示しました。

紅茶またはコーヒーの個別の消費を分析したところ、コーヒーの消費と全死因死亡リスクの間には J 字型の関連があり、紅茶の消費と全死因死亡リスクの間には逆 J 字型の関連があることが明らかになりました。 死亡リスクが最も低いのは、1日あたり3杯の紅茶または1杯のコーヒーの消費と関連していた.

著者らは、お茶とコーヒーの組み合わせによる死亡リスク低下効果を説明する生物学的メカニズムの仮説を立てました。 抗炎症作用や抗酸化作用、血圧低下、内皮機能の改善など、クロロゲン酸やカフェインなどのお茶やコーヒーに含まれる重複する生物学的化合物の有益な効果は、一部の慢性疾患の病因を低下させる可能性があります。

コーヒーには、トリゴネリン、マグネシウム、メラノイジン、および抗酸化特性を持つ他の化合物が含まれていますが、お茶には、炎症を軽減し、フリーラジカルを除去し、アテローム性動脈硬化を軽減するエピガロカテキン-3-ガレート (EGCG) やカテキンなどのフラボノイドが含まれています。 お茶とコーヒーの消費は、血糖値、血圧、トリグリセリド、生物学的死亡率の指標の低下にも関連しています。

さらに、消化器疾患に対する紅茶とコーヒーの保護効果は、胆汁酸分泌を増加させ、腸内微生物叢と糞便排出量を調節する紅茶とコーヒー化合物の作用に関連していました。

結論

全体として、結果は、コーヒーと紅茶の別々の消費と全死因死亡リスクとの関連は、それぞれJ字型および逆J字型であることを示しました。 コーヒーを 1 杯から 2 杯未満、紅茶を 2 杯から 4 杯未満飲むと、原因別および全原因の両方で、死亡リスクが 22% 低下した。

紅茶とコーヒーに含まれる化合物の重複する生物学的作用は、炎症、フリーラジカル、アテローム性動脈硬化症、および慢性疾患関連の死亡リスクを軽減する役割を果たしていると考えられていました.



Source link