適切な量​​を摂取した場合のチョコレート、赤ワイン、リンゴの複数の健康上の利点

Neuroscience News logo for mobile.


要約: リンゴ、ココア、赤ワインに含まれるポリフェノールの一種である B 型プロシアニジンの最適な摂取は、代謝と血行動態反応のホルミシスに関連しています。

出典:芝浦工業大学

B 型プロシアニジンは、カテキン オリゴマーでできており、ココア、リンゴ、ブドウの種、赤ワインなどの食品に豊富に含まれるポリフェノールの一種です。

いくつかの研究では、心血管疾患や脳卒中のリスクを軽減する上で、これらの微量栄養素の利点が確立されています. B型プロシアニジンは、高血圧、脂質異常症、耐糖能異常の制御にも成功しています。

研究によると、中枢神経系 (CNS) に対する摂取の生理学的利点、つまり認知機能の改善が証明されています。

これらの生理学的変化は、ホルミシスのパターンに従います。ホルミシスとは、ある物質の効果が中程度の用量で最大になり、用量が少なくなったり高くなったりすると徐々に効果が低下する現象です。

ほとんどの生物活性化合物の用量反応関係は単調なパターンに従い、用量が多いほど反応が大きくなります。 ただし、一部の例外的なケースでは、U 字型の用量反応曲線が見られます。

この U 字型の曲線はホルミシスを意味します。ホルミシスとは、通常は有害な化合物の低用量が、高用量に対する体内の抵抗を誘発する適応反応です。 これは、低レベルの有害な引き金にさらされると、ストレス耐性経路の活性化が誘発され、修復と再生の能力が高まることを意味します。

B 型プロシアニジンの場合、いくつかの in vitro 研究でホルメティック効果が支持されていますが、これらの結果は in vivo では実証されていません。

この知識のギャップに対処するために、日本の芝浦工業大学 (SIT) の研究者は、生命科学工学科の大阪部直美教授が率い、B 型プロシアニジン摂取のホルメティック反応を支持する介入試験のデータをレビューしました。

工学研究科 (SIT) の伏見大樹と藤井康之からなるチームは、B 型プロシアニジンホルメティック応答と CNS 神経伝達物質受容体活性化の間の可能な関係を理解するために生体内実験も行いました。

彼らの記事は 2022 年 6 月 15 日にオンラインで公開され、2022 年 9 月 7 日に Frontiers of Nutrition の第 9 巻に掲載されました。

研究者らは、最適用量のココアフラバノールを1回経口投与すると、ラットの血圧と心拍数が一時的に上昇することに注目しました. しかし、投与量を増減しても血行動態は変化しませんでした。 B 型プロシアニジン モノマーおよびさまざまなオリゴマーの投与は、同様の結果を生成しました。

大阪部教授によると、「これらの結果は、B型プロシアニジンが豊富な食品を1回摂取した後の介入研究の結果と一致しており、ポリフェノールのU字型用量反応理論、またはホルミシスを支持しています。」

交感神経系 (SNS) が B 型プロシアニジンによって誘発される血行動態の変化に関与しているかどうかを観察するために、研究チームはラットにアドレナリン遮断薬を投与しました。

これにより、ココアフラバノールの最適用量によって引き起こされる心拍数の一時的な増加が首尾よく減少しました. 別の種類のブロッカーである a1 ブロッカーが、血圧の一時的な上昇を抑制しました。

これは、アドレナリン遮断薬の作用を制御する SNS が、B 型プロシアニジンの単回経口投与によって誘発される血行動態および代謝変化の原因であることを示唆しています。

これは、アドレナリン遮断薬の作用を制御する SNS が、B 型プロシアニジンの単回経口投与によって誘発される血行動態および代謝変化の原因であることを示唆しています。 画像はパブリック ドメインにあります

研究者は次に、なぜ高用量ではなく最適用量が熱発生反応と代謝反応の原因であるかを確認しました。 彼らは高用量のココア フラバノールとヨヒンビン (α2 ブロッカー) を同時に投与し、試験動物の血圧が一時的ではあるが明確に上昇したことを指摘しました。 B型プロシアニジンオリゴマーとヨヒンビンを用いても同様の観察がなされた。

大坂部教授は、「α2遮断薬はSNSのダウンレギュレーションと関連しているため、我々の研究で見られたB型プロシアニジンの高用量での代謝および熱発生出力の低下は、α2自己受容体の活性化を誘発した可能性がある. したがって、SNS の不活性化は、高用量の B 型プロシアニジンによって誘発される可能性があります。」

以前の研究では、ホルメティック ストレス関連反応の制御における腸脳軸の役割が証明されています。 最適なストレスによる視床下部-下垂体-副腎 (HPA) 軸の活性化は、記憶、認知、およびストレス耐性に強い影響を与えます。

この記事では、B 型プロシアニジンの単回投与後に HPA 活性化がどのように発生するかを強調し、B 型プロシアニジンの経口投与による刺激が哺乳動物のストレッサーとなり、SNS 活性化を引き起こす可能性があることを示唆しています。

ホルミシスとその引き金となる生化学的経路は、さまざまな病理学的および老化プロセスに対する保護を提供し、私たちの一般的な健康を高め、将来のストレスに対する回復力を高めます.

B 型プロシアニジンと CNS との正確な関係についてはさらに研究が必要ですが、B 型プロシアニジンが豊富な食品の健康上の利点については議論の余地がありません。

助成金情報本研究は日本学術振興会科研費(助成番号:19H04036)の助成を受けて行われました。

こちらもご覧ください

これはニューロンを示しています

このダイエットと神経科学研究ニュースについて

著者: Wang Yu出典: 芝浦工業大学連絡先: Wang Yu – Shibaura Institute of Technology画像: 画像はパブリック ドメインです

元の研究: オープンアクセス。「B 型プロシアニジン摂取に対するホルメティック応答には、腸脳軸を介したストレス関連の神経調節が含まれます: 前臨床および臨床観察」伏見大樹らによる。 栄養学の最前線

概要

B型プロシアニジン摂取に対するホルメティック反応には、腸脳軸を介したストレス関連の神経調節が関与しています:前臨床および臨床観察

一連のカテキン オリゴマーである B 型プロシアニジンは、人間の食事で最も多く摂取されるポリフェノールの 1 つです。

メタ分析の結果は、B 型プロシアニジンの摂取が心血管疾患のリスクを低下させることを示唆しています。

もう 1 つの最近の焦点は、中枢神経系 (CNS) 機能に対する B 型プロシアニジンの効果にあります。

B型プロシアニジンの長期摂取は健康上の利点に関連していますが、1回の経口摂取は循環、代謝、およびCNSに生理学的変化を引き起こすことが報告されています.

以前のレポートの包括的な分析は、B 型プロシアニジンの血行動態効果の最適な中間範囲の用量を示しており、ホルミシスを示唆する低用量または高用量では無効な反応を示します。

実際、B 型プロシアニジンを含むポリフェノールは、in vitro でホルメティック応答を誘発しますが、動物および臨床研究は限られています。 しかし、B 型プロシアニジンに対する血行動態および代謝応答のホルミシスは、動物実験で最近確認されました。

ここでは、B 型プロシアニジンによって誘発されるホルメティック応答を評価し、介入試験の結果を再文脈化します。 さらに、B 型プロシアニジンに対するホルメティック応答が CNS 神経伝達物質受容体を介して生じる可能性についても説明します。

このレビューでは、B 型プロシアニジンの今後の研究の方向性を検証しました。



Source link