研究は、脳の病理がMS患者の認知疲労の発症にどのように影響するかを理解するのに役立ちます



ケスラー財団の研究者は、高度な拡散神経画像技術を使用して、多発性硬化症患者の脳の微細構造の変化と認知疲労の割合との関係を調査しました。 彼らの調査結果は、脳の病理学が時間の経過とともに疲労の発生にどのように影響するかについての現在の理解のギャップを埋めるのに役立ちます.

彼らの調査結果は、2022 年 7 月 4 日に Frontiers in Neurology のオープン アクセス記事「Associations of White Matter and Basal Ganglia Microstructure to Cognitive Fatigue Rate in Multiple Sclerosis」で報告されました (doi: 10.3389/fneur.2022.911012)。 著者は、Cristina Almeida Flores Román (PhD)、Glenn Wylie (DPhil)、John DeLuca (PhD)、Bing Yao (PhD)、および Kessler Foundation です。

この研究は、リハビリテーション研究のみに専念しているケスラー財団のロッコ・オルテンツィオ・ニューロイメージング・センターで実施されました。 参加者は、再発寛解型 MS の 62 人でした。 うつ病、状態および特性不安、特性疲労を測定するすべての回答済みアンケート。 スキャナーにいる間、参加者は認知的に疲労するタスクを受けました。 認知疲労の速度を測定することに加えて、研究者は疲労誘発タスク中の脳全体の病変の体積とパフォーマンスを測定しました。

認知率が白質路に関連していることがわかりました。多くは大脳基底核または「疲労ネットワーク」として提案したものと関連しています。 これらの発見により、脳の病理がその瞬間の経験にどのように影響するかを理解することができます。 これは、多発性硬化症やその他の神経学的状態の障害を引き起こす疲労を管理するための効果的な介入を開発するための基本です.」


クリスティーナ アルメイダ フローレス ロマン博士、筆頭著者、全米多発性硬化症協会ケスラー財団のポスドク研究員

ソース:

ジャーナルの参照:

ロマン、CAF、他。 (2022) 多発性硬化症における白質および大脳基底核の微細構造と認知疲労率との関連。 神経学の最前線。 doi.org/10.3389/fneur.2022.911012.



Source link