新しい PTP1B 阻害薬候補は、マウスの致死的な肺の炎症を防ぐことができます



白血球の中で最も豊富な種類の好中球は、感染に対する身体の防御の最前線です。 外来病原体は体にストレスを与え、好中球を活性化する可能性があります。 活性化されると、好中球は体を保護するためにさまざまな武器を使用します。 しかし、過度に活性化すると、これらの武器は体自身の組織に損傷を与える可能性があります. 肺組織は血管で飽和しているため、好中球の攻撃を受けやすくなっています。 深刻な場合、急性肺損傷は、COVID-19 による主要な死因である急性呼吸窮迫症候群 (ARDS) につながる可能性があります。

コールド スプリング ハーバー研究所 (CSHL) の癌研究の Caryl Boies 教授である Nicholas Tonks と彼のチームは、PTP1B と呼ばれるタンパク質を阻害することにより、マウスの致命的な肺の炎症を防ぐことができる薬剤候補を発見しました。 彼らの発見は、敗血症や COVID-19 などの重度の炎症状態のより良い治療法の開発に役立つ可能性があります。

「COVID-19 について考えると、急性肺損傷と ARDS がこの病気の致命的な側面の根底にあります」と Tonks 氏は言います。 「そのため、パンデミックが発生したとき、この病気のこの側面を理解し、治療法を提案するために何かできることはないかと考えていました。」

Tonks の大学院生である Dongyan Song は、PTP1B 阻害薬候補を使用することで、マウスの好中球の過活動による致死的影響を軽減できるかどうかを調査しました。 彼女は、マウスを PTP1B 阻害剤で前処理すると、肺組織の損傷が減少することを発見しました。 未治療の場合、急性肺損傷とARDSを生き延びたマウスは半分以下でした。 しかし、前処理すると、それらはすべて生き残りました。

研究者は、体が免疫細胞の寿命を制御するために使用する、好中球の老化と呼ばれる自然なプロセスを利用しました。 好中球は加齢に伴い、危険性が低くなります。 Tonks のチームは、PTP1B 阻害が好中球の老化を早めることを発見しました。 「老化した好中球は、武器を持たない兵士のようなものです」とソングは説明します。 「したがって、どれだけ多くの好中球が地域に殺到しても、深刻な被害を与えることはできません.」

このプロジェクトは、CSHL での COVID 関連の研究プログラムの一部でした。 Tonks 氏は、CSHL の Mikala Egeblad 教授、ポスドクの Jose M. Adrover、および CSHL の Research Associate Professor Scott Lyons との協力がこの発見に不可欠だったと述べています。 今後、彼と Song は、PTP1B 阻害剤が免疫系にどのように影響するかについての理解を深めるために取り組んでいます。 Tonks 氏は、彼の研究室の継続的な研究が、さまざまな炎症性疾患の新しい治療法と予防策につながることを望んでいます。 彼の研究室は現在、DepYmed, Inc. と協力して、PTP1B 阻害薬候補を臨床試験に取り入れています。

トンクスの研究室では、細胞が環境からのシグナルにどのように反応するかを制御するプロセスであるシグナル伝達を研究しています。 特に、Tonks 氏が 30 年以上前に発見した PTP タンパク質ファミリーに注目しています。 それ以来、彼はこれらのタンパク質を標的とする低分子医薬品候補の開発を目指してきました。これにより、がんや代謝性疾患、神経変性疾患などの主要なヒト疾患を治療するための新しいアプローチを提供できます。

ソース:

コールド スプリング ハーバー研究所

ジャーナルの参照:

10.1172/jci.insight.158199



Source link