「極端な不平等」が大学の採用に定着:研究

The Scientist Magazine®


9 月 21 日に Nature に掲載された研究によると、アメリカのテニュアトラック教員の 10 人に 5 人が、国内の大学のわずか 20% から博士号を取得しています。 同じ教員のうち、14% 以上がわずか 5 つの機関で学位を取得しています。カリフォルニア大学バークレー校。 ハーバード大学; ミシガン大学アナーバー校。 ウィスコンシン大学マディソン校、スタンフォード大学。 The Chronicle of Higher Education の報告によると、印象的な調査結果は、大学の採用における「極端な不平等」を浮き彫りにしています。

「不平等の大きさは、多くの非常に才能のある人々と革新的なアイデアをほぼ確実に逃していることを示唆しています」とコロラド大学(CU)、ボルダーのコンピューター科学者であり、研究の共著者であるアーロン・クローセットはクロニクルに語っています.

この調査では、2011 年から 2020 年にかけて、米国の博士課程全体で約 300,000 人のテニュア付きおよびテニュア トラック教員の教育と雇用の状況を調査しました。 Inside Higher Ed によると、大学またはその各部門の規模の違いは、不平等を説明するものではなく、すべての分野でかなり一貫していました。

代わりに、これらの違いは、より有名な大学がこの階層の最上位に留まる繰り返しのサイクルに起因していると、クラウセットと彼の同僚は論文で主張しています. チームが機関の名声をアルゴリズムで推定したところ、一流の機関で訓練を受けた教員は、一流の機関とそうでない機関で雇用されることになり、あまり権威のない機関で訓練を受けた教員は、より高い名声のあるグループに雇用される可能性が低いことがわかりました。 離職率 (学術教員が他のキャリア パスに移動すること) も、あまり権威のない機関で研修を受けた教員や、米国、英国、またはカナダ以外で研修を受けた教員の方が高かったと、Science は報告しています。

この研究で詳述されている雇用の不平等は、名声レベルに限定されたものではありません。 他の研究では、女性の代表者が年々増加していることを示唆していますが、Clauset と同僚は Chronicle に、この増加は主に女性の雇用の増加ではなく、男性の学者の退職によるものであると述べており、新しく雇用された教員は依然としてより可能性が高いと付け加えています。男性であること。 著名な機関に対し、少数派のグループからより多くの女性やその他の人々を雇うように促しても、問題は解決しないかもしれない、と専門家は言う. たとえば、カンザス大学の労働経済学者であるドナ・ギンサーの研究によると、エリート機関の黒人研究者は、同じ量の論文を発表した場合、白人の研究者よりも引用が少なかった.

「パンデミック時に研究成果の男女格差が拡大」を参照

Science によると、Clauset と彼の共著者は、離職率の格差をさらに調査するための追跡調査に取り組んでいます。 競争の激しい業界で教育機関が高度な訓練を受けた高学歴の採用者を維持できていない理由を理解していない場合、「学術界を変える取り組みは実際には暗闇の中で行われています」と、CUボルダーの大学院生で研究の共著者であるハンター・ワップマンはサイエンスに語っています. 彼らの研究は、機関が教員をどこでどのように獲得するかを再考するための警鐘となるはずである、とクラウセットはクロニクルへの声明で付け加えている.

「私たちは、米国の博士号を授与する大学のテニュア トラック教員になる人に、これらの格差がどの程度、どのように発生するかを理解し始めたばかりです。 [shape] どのような学問が生み出され、どのような発見がなされるのか」と彼は Inside Higher Ed に語っています。



Source link