研究結果は、大気汚染への曝露 (特に生後 5 年間) と脳構造の変化との関連を示唆しています。


ジャーナル Environmental Pollution に掲載された研究では、9 歳から 12 歳の子供を対象に、子宮内および生後 8.5 年間の大気汚染物質への曝露と、脳内の白質の構造的結合の変化との間に関連性があることを発見しました。 5 歳未満の子供の曝露が多いほど、思春期前に観察される脳構造の変化が大きくなります。 この研究は、「ラ カイシャ」財団が支援する研究センターであるバルセロナ国際保健研究所 (ISGlobal) が主導しました。

大脳白質の路または束は、脳のさまざまな領域を相互接続することにより、構造的な接続を保証します。 結合性は、典型的な脳の発達のマーカーであるこの白質の微細構造を研究することで測定できます。 異常な白質の微細構造は、精神障害 (例えば、抑うつ症状、不安、自閉症スペクトラム障害) に関連付けられています。

大気汚染と白質の微細構造との関連性に加えて、この研究では、微粒子状物質 (PM2.5) への特定説(推定)の曝露と、運動機能、学習プロセスなどに関与する脳構造である被殻の体積との関連性も発見されました。その他の機能。 被殻は皮質下構造であるため、皮質構造よりも広範で特殊化されていない機能を持っています。 この研究では、PM2.5 への曝露が多いほど、特に生後 2 年間で、思春期前の被殻の体積が大きくなることがわかりました。

「より大きな被殻は、特定説(推定)の精神障害 (統合失調症、自閉症スペクトラム障害、強迫性スペクトラム障害) と関連付けられています」と、ISGlobal の研究者であり、この研究の筆頭著者である Anne-Claire Binter 氏は述べています。

「現在の研究の斬新な側面は、大気汚染の影響を受けやすい時期を特定説(推定)したことです」とビンター氏は説明を続けます。 「私たちは、データを妊娠の三半期または幼少期に分析した以前の研究とは異なり、月ごとにデータを分析することにより、より細かい時間スケールを使用して暴露を測定しました。この研究では、子供の大気汚染への暴露を分析しました。受胎から8.5歳まで毎月。

欧州連合の基準に準拠した汚染レベルでも観察される効果

この研究のもう 1 つの強みは、分析されたデータが、ロッテルダム (オランダ) のジェネレーション R 研究に登録された 3,515 人の子供の大規模なコホートから得られたことです。

調査期間中の各参加者の大気汚染への曝露を判断するために、研究者は、母親の妊娠中および 8.5 に達するまで、自宅での二酸化窒素 (NO2) と粒子状物質 (PM2.5 および PM2.5 吸光度) の毎日のレベルを推定しました。年。 参加者の年齢が分析された9歳から12歳の間で、脳磁気共鳴画像法を受け、その時点でのさまざまな脳構造の構造的接続と体積を調べました。

本研究で記録された NO2 と PM2.5 のレベルは、現在の世界保健機関のガイドライン (それぞれ 10 μg/m3 と 5 μg/m3) で指定されている年間閾値の制限を超えていましたが、欧州連合 (EU) の基準を満たしていました。脳の発達は、現在のEUの大気質制限値よりも低いレベルの大気汚染にさらされると影響を受ける可能性がある.

「この研究の重要な結論の 1 つは、幼児の脳は、以前の研究で示されているように、妊娠中だけでなく、子供時代にも大気汚染の影響を特に受けやすいということです」とビンターは説明します。

ISGlobal の研究者であり、この研究の最後の著者である Mònica Guxens 氏は、次のように結論付けています。

ストーリーソース:

バルセロナ国際保健研究所 (ISGlobal) 提供の資料。 注: コンテンツは、スタイルと長さのために編集される場合があります。



Source link