深海から引きずり上げられた、不気味な人間のような笑顔を持つ謎の「悪夢」のサメ

A deep-sea angler recently reeled in this mysterious shark with bulging eyes, rough skin and an unnervingly human-like smile.


最近、深海の釣り人が、膨らんだ目、ざらざらした肌、不気味なほど人間のような笑顔を持つこの謎のサメを釣り上げました。 (画像クレジット:Trapman Bermagui)

(新しいタブで開きます)

膨らんだ目と不気味な人間のような笑顔を持つ奇妙な深海のサメが、最近、オーストラリア沖の深海から引きずり上げられました。 サメの専門家は、不気味な外見の生き物がどの種に属している可能性があるか正確にはわかっておらず、珍しい標本を取り巻く謎をさらに深めています.

オーストラリアのニューサウスウェールズ州の海岸沖約 2,130 フィート (650 メートル) の深さから謎のサメを釣り上げた. フィッシャーはその後、9月12日にFacebookで深海標本のスナップを共有しました (新しいタブで開きます). この画像は、死んだサメのザラザラしたサンドペーパーのような肌、大きく尖った鼻、大きく膨らんだ目、露出した真珠のような白さを誇示しています。

このサメの異常な特徴は、他の Facebook ユーザーの注目をすぐに集めました。 あるコメンターは標本が「悪夢のようなもの」であると書き、別の人はその生き物の「邪悪な笑顔」が彼らに「大きなぞっとする」ものを与えたと書いた. 他の人々は、動物の外見について冗談を言い、サメが「入れ歯」を身に着けていた、またはサメが最終的にブレースを外した後に笑っていた.

コメント投稿者は、サメがどの種に属しているかについても推測しました。 最も一般的な推測は、標本がクッキーカッターのサメ (Isistius brasiliensis) であるというものでした。これは、より大きな動物に残る独特の噛み跡にちなんで名付けられました。 他の推測には、ゴブリンザメ (Mitsukrina owstoni) またはランタンザメ (Etmopteridae) の種が含まれていました。

ただし、Trapman Bermagui は、オンラインのコメント投稿者に同意しませんでした。 「完全にクッキーカッターではありません」とフィッシャーはニューズウィークに語った. (新しいタブで開きます). “それはザラザメのサメで、エンタメ ドッグフィッシュの一種としても知られています。”

エンデバードッグフィッシュ (Centrophorus moluccensis) は、サメ研究所によると、世界中で見られる深海のサメのグループであるガルパーシャークの一種です。 (新しいタブで開きます).

しかし、一部のサメの専門家は、漁師の身元に納得できませんでした。

ロングビーチにあるカリフォルニア州立大学のサメ研究所所長であるクリストファー・ロウ氏は、ニューズウィークに次のように語った。 とはいえ、標本全体を見ることができなければ、確実に判断するのは難しいと彼は付け加えた.

フロリダ州立大学の海洋生物学者でサメの専門家であるディーン・グラブスは、別の結論を出しました。 Newsweek によると、Grubbs 氏は、死んだサメは、グリーンランドのサメ (Somniosus microcephalus) と同じ科に属するスリーパー サメの一種である、アカザメ (Centroscymnus owstonii) ではないかと疑っていました。

また、このサメがこれまでに見たことのない種に属する可能性もある、とロウ氏は述べた。 「私たちは深海のサメの新種を常に発見しており、その多くは互いに非常によく似ています。」

しかし、他の専門家は、結局、トラップマン・バーマグイが的を射ていたのではないかと考えています。

深海サメを専門とするニュージーランド国立水大気研究所の漁業科学者、ブリット・フィヌッチ氏は、Live Science に電子メールで、「ガルパーザメだ」と語った。 しかし、それがこのグループのどの種に属しているかは正確には不明である、と彼女は付け加えた.

オーストラリアのフリンダース大学のサメ科学者であるチャーリー・ハベニアーズは、ライブ・サイエンスに、フィヌッチの同定に同意し、動物はガルパー・サメである可能性が最も高いと語った.

「かつてニューサウスウェールズ州では、ガルパーザメが肝油を目当てに漁業の標的にされていた」とフィヌッチ氏は述べた。 ほとんどのガルパーシャークは「漁業による乱獲に非常に敏感」であり、その結果、「一部の種は現在、オーストラリアで非常に脅かされ、保護されています」と彼女は付け加えた。

もともとライブサイエンスに掲載されました。



Source link