新世代の血栓除去薬は、多くの分野で従来の脳卒中治療よりも優れています



テネクテプラーゼと呼ばれる新世代の血栓破壊薬は、健康転帰の改善やコストの削減など、いくつかの重要な分野で虚血性脳卒中の従来の治療法よりも優れていることが、米国脳卒中協会のジャーナルである Stroke で本日発表された新しい研究によると.

この研究は、テキサス大学オースティン校のデル医科大学の神経科医チームが主導し、2019 年 9 月から 15 か月にわたってテキサス州中部の 10 のアセンション セトン病院で実施されました。

Dell Med Neurology Stroke Program は、米国でこの変更を行った最初のプログラムの 1 つです。 この研究の最も初期の結果に基づいて、全国の他の専門家は確信し、全国のアセンション病院を含む、自分の脳卒中センターでアルテプラーゼからテネクテプラーゼに切り替えました。」


Steven Warach, MD、調査の筆頭著者であり、Dell Med および Ascension Texas の脳卒中プログラムのディレクター

米国では、毎年 80 万人近くが脳卒中を起こしています。 これらの脳卒中の大部分 (約 87%) は虚血性であり、脳に血液を供給する血管が血栓によって閉塞されたときに発生します。 これは、対応する神経機能の喪失をもたらす可能性があります。

テネクテプラーゼとアルテプラーゼはどちらも、閉塞した心臓動脈の血栓を溶解するために使用することが連邦政府に承認されています。 しかし、脳卒中の臨床試験では、少なくともアルテプラーゼと同じくらい優れている可能性があり、投与が容易であることが示唆されているため、新しい薬のテネクテプラーゼも臨床医によって適応外で使用されており、虚血性脳卒中の治療に使用されています。 テネクテプラーゼは、5 ~ 10 秒の 1 回の静脈注射で投与されます。 研究者は、その性能を脳卒中の標準薬であるアルテプラーゼと比較しました。アルテプラーゼは 60 分かけて注射されます。

「脳卒中患者の治療に関しては、一刻一刻が重要です」と、Dell Med の神経学教授でもある Warach 氏は述べています。 「テネクテプラーゼによる調剤および注射時間の短縮は、アルテプラーゼに関連する多くの投薬ミスを排除するだけでなく、より効率的でもあります。患者が救急部門に到着した後、および患者のために、血栓破壊薬をより迅速に提供することができました。血栓バスターを受けた後、より高度なケアのために別の病院に移送する必要があった患者に対して、テネクテプラーゼで治療された患者の移送をより早く開始することができました。」

Warach 氏の研究では、脳卒中後に救急外来を受診した患者の「ドアから針まで」の時間が患者が到着してから治療を受けるまでの時間 -; テネクテプラーゼで平均6分速くなりました。 また、血栓切除術 (脳卒中の原因となる血栓の外科的除去) も必要とした患者の場合、テネクテプラーゼは、患者を血栓切除可能な脳卒中センターに 25 分移動させるプロセスをスピードアップしました。

研究者は、テネクテプラーゼを投与された患者の臨床転帰の改善も見ました。

退院時に自力歩行ができた患者が 5% 増加しました。 脳出血、ホスピスケアへの退院、死亡などの悪い出来事の発生が 4% 減少します。

3 つ目の大きな改善: コスト。 研究チームは、テネクテプラーゼ治療が患者あたりのアルテプラーゼよりも病院にかかる費用が約 2,500 ドル少ないことを発見しました。

「この価格差が続けば、節約額は米国で毎年 1 億 5000 万ドルを超える可能性があります」と、この研究の共著者であり、Dell Med の神経科の主任である David Paydarfar 医学博士は述べています。 「これは価値に基づくケアの好例です。より少ない費用でより良いケアを。」

Dell Med Neurology Stroke Program は現在、州の資金提供を受けている Lone Star Stroke Research Consortium の同僚と協力して、その研究結果を州全体に広め、より多くの脳卒中センターがテネクテプラーゼに切り替えるのを支援しています。 Warach はまた、Lone Star Stroke の同僚と協力して、結果をさらに確認し、長引く疑問に答えるために、州全体のデータベースを構築しています。

「たとえば、テキサスには非常に多くのラテン系の人口がいます。そのコミュニティでも、人口が多い場合と同じようにテネクテプラーゼの利点が見られるかどうかを知りたいです」と Warach 氏は述べています。 「データが多ければ多いほど、より多くの質問に答えることができます。」

ソース:

テキサス大学オースティン校

ジャーナルの参照:

Warach、SJ、他。 (2022)ルーチンの臨床診療におけるテネクテプラーゼとアルテプラーゼの前向き観察コホート研究。 脳卒中。 doi.org/10.1161/STROKEAHA.122.038950.



Source link