研究では、COVID-19 の 3 回のワクチン接種に対する免疫応答のダイナミクスが説明されています

Study: Triple COVID-19 vaccination induces humoral and cellular immunity to SARS-CoV-2 with cross-recognition of the Omicron variant and IgA secretion. Image Credit: Ground Picture/Shutterstock


重症急性呼吸器症候群コロナウイルス 2 (SARS-CoV-2) およびその亜種に対する 3 回接種のコロナウイルス病 2019 (COVID-19) ワクチン接種の有効性は、最近の研究で詳細に説明されています。 この研究レポートは現在、bioRxiv* プレプリント サーバーで入手できます。

研究: トリプル COVID-19 ワクチン接種は、オミクロン バリアントと IgA 分泌の相互認識により、SARS-CoV-2 に対する体液性および細胞性免疫を誘導します。 画像著作権: Ground Picture/Shutterstock

バックグラウンド

非常に短期間で開発された COVID-19 ワクチンにより、世界中で SARS-CoV-2 によって引き起こされたかつてないほどのパンデミックの軌跡と前例のない医療被害を制御することが可能になりました。 mRNAベースのワクチンやウイルスベクターベースのワクチンなど、いくつかのタイプのワクチンが開発されています。

初期の大きな成功により、特に免疫学的に強力な新しいウイルス変異体の出現により、世界中の多くの国で時間の経過とともにワクチンの有効性が低下しました。

ワクチンの有効性を向上させるために、世界的な COVID-19 ワクチン接種キャンペーンで 3 回目のブースターワクチン接種が導入されました。 実世界のセットアップで実施された多くの研究は、ブースターワクチン接種後のワクチン有効性の全体的な改善を肯定的に強調しています。

現在の研究では、科学者は、感染経験のない健康な個人における3回の同種または異種のCOVID-19ワクチン接種によって誘発される体液性および細胞性応答の詳細な概要を提供しています。

COVID-19 ワクチン接種によって誘発される体液性免疫応答

この研究は、合計 20 人を対象に実施されました。 1 回目、2 回目、3 回目のワクチン接種後に参加者から採取された血液サンプルは、抗スパイク S1、S2、および受容体結合ドメイン (RBD) IgG、IgA、および IgM 抗体についてテストされました。

調査結果は、最初のワクチン接種後に検出可能なアンチスパイク IgG レベルを明らかにしました。 レベルは、2 回目のワクチン接種後に大幅に増加しました。 しかし、2 回目のワクチン接種の 6 か月後には、抗体レベルの大幅な低下が観察されました。

3回目のワクチン接種は、抗体レベルのさらなる低下を防ぐのに役立ちました. 特に、2 回目と 3 回目のワクチン接種の両方で、血中の抗スパイク IgG 抗体が同様のレベルで誘導されました。

IgA 特異的抗スパイク抗体については、2 回目および 3 回目のワクチン接種後に血中濃度の有意な上昇が観察されました。 ただし、抗体レベルは参加者によってかなり異なりました。

1回目のワクチン接種後、血液中にIgM特異的抗体レベルの誘導が観察され、抗RBD抗体は抗S1および抗S2抗体よりも高いレベルを示した。

抗SARS-CoV-2抗体がウイルススパイク-宿主アンギオテンシン変換酵素2(ACE2)相互作用を阻害する能力を決定するために、抗体阻害能力が評価されました。 この調査結果は、野生型 SARS-CoV-2 およびそのバリアントであるアルファ、ベータ、ガンマ、デルタ、およびオミクロンに対する 3 回目のワクチン接種後に、抗体阻害能力の有意な誘導を明らかにしました。 しかし、3回目のワクチン接種によって誘導された抗体の中和効果は、オミクロンバリアントに対して比較的低かった。

ワクチン接種の種類とレジメンに関しては、同種ワクチン(mRNA ワクチン 3 回接種)と異種ワクチン接種(アデノウイルスベクターワクチン 1 回接種、その後、 mRNAワクチン)。

COVID-19 ワクチン接種によって誘導される細胞性免疫応答

COVID-19 ワクチン接種を受けた人の間で、B および T 細胞サブセットの絶対数の個人差が大きいことが観察されました。 特に、スパイク特異的な記憶 T 細胞の発生は、連続した COVID-19 ワクチン接種後に観察されました。

最初のワクチン接種の後、異種ワクチン接種のレシピエントは、同種ワクチン接種のレシピエントよりも高い割合のメモリー T 細胞および B 細胞を示しました。 しかし、2 回目と 3 回目のワクチン接種後は、そのような違いは観察されませんでした。

T細胞応答のダイナミクスは、SARS-CoV-2のブレークスルー感染の有無にかかわらず、3回のワクチン接種を受けた個人でさらに評価されました。 どちらのグループも、効果的なメモリー T 細胞の形成を示しました。 しかし、インターフェロン-ガンマのより高い分泌は、ブレークスルー感染を持つ個人で観察されました.

特に、ブレークスルー感染の個人は、T細胞活性化に関連する広範囲のサイトカインおよびケモカインを分泌する、感染未経験のワクチン接種を受けた個人よりも高い能力を示しました。

全体として、これらの調査結果は、SARS-CoV-2 のブレークスルー感染が、3 回のワクチン接種と比較して、より広範でより特異的な T 細胞応答を誘発することを示しています。

研究の意義

この研究は、SARS-CoV-2 とその亜種に対する 3 回の COVID-19 ワクチン接種の有効性を強調しています。 COVID-19 ワクチンの 3 回目のブースター投与は、感染経験のない個人に強力な体液性および細胞性免疫応答を誘導するのに非常に効果的です。

3 回目のワクチン接種は、オミクロンを含むさまざまなウイルス変異体に対する中和抗体のレベルを高めるために特に重要です。

重要なことに、この研究は、体液性および細胞性免疫応答の誘導に関して、同種および異種のワクチン接種が3回目の接種後に同様に機能することを示しています.

*重要なお知らせ

bioRxiv は、査読されていない暫定的な科学レポートを発行しているため、決定的なものと見なしたり、臨床診療/健康関連の行動をガイドしたり、確立された情報として扱ったりするべきではありません。



Source link