現在の理論に反して、小児期の外傷歴のある成人は、推奨されるうつ病治療の恩恵を受けることができます

Neuroscience News logo for mobile.


要約: 小児期にトラウマを経験した大うつ病性障害の患者は、精神薬理学的介入、心理療法、またはその両方の組み合わせにより、症状の改善が見られます。

出典:ランセット

小児期の外傷の病歴を持つ大うつ病性障害の成人は、薬物療法、心理療法、または併用療法の後に症状の改善を経験します。

The Lancet Psychiatry に掲載された新しい研究の結果は、現在の理論に反して、大うつ病性障害に対するこれらの一般的な治療法が、小児期の外傷患者に有効であることを示唆しています。

小児期のトラウマ (18 歳未満の感情的/身体的ネグレクトまたは感情的/身体的/性的虐待と定義) は、成人期に大うつ病性障害を発症する危険因子であることが知られており、多くの場合、早期に発症し、長期にわたる/持続する症状を引き起こします。より頻繁に再発し、罹患のリスクが高まります。

以前の研究では、うつ病と幼少期のトラウマを持つ成人と青年は、幼少期のトラウマのない人よりも、薬物療法、心理療法、または併用療法の後に反応しない、または寛解しない可能性が約 1.5 倍高いことが示唆されています。

「この研究は、小児期のトラウマを持つ成人に対するうつ病治療の有効性を調べたこの種の研究としては最大のものであり、積極的な治療の効果を対照条件(待機リスト、プラセボ、またはいつものケア)と比較した最初の研究でもあります。この人口。

「成人のうつ病患者の約 46% は、子供の頃にトラウマを経験しており、慢性的なうつ病患者の有病率はさらに高くなっています。 したがって、大うつ病性障害に提供されている現在の治療法が、小児期の外傷患者に有効かどうかを判断することが重要です」と博士は述べています。 この研究の候補であり筆頭著者であるエリカ・クズミンスカイテ。

研究者らは、最大 6,830 人の患者を対象とした、成人の大うつ病性障害に対する薬物療法および精神療法治療の 29 の臨床試験からのデータを使用しました。 参加者の 4,268 人または 62.5% が子供時代のトラウマの歴史を報告しました。 臨床試験のほとんど (15、51.7%) はヨーロッパで実施され、次に北米 (9、31%) で実施されました。 うつ病の重症度は、Beck Depression Inventory (BDI) または Hamilton Rating Scale for Depression (HRSD) を使用して決定されました。

テストされた3つの研究質問は、小児期の外傷患者は治療前により深刻な抑うつ状態にあったかどうか、小児期の外傷患者の積極的な治療後により好ましくない結果があったかどうか、小児期の外傷患者は対照状態よりも積極的な治療の恩恵を受ける可能性が低いかどうかでした. .

以前の研究の結果と一致して、小児期の外傷のある患者は、小児期の外傷のない患者よりも治療開始時の症状の重症度が高く、治療効果を計算する際に症状の重症度を考慮することの重要性が強調されています。

小児期の外傷患者は、治療の開始時と終了時の両方でより多くの抑うつ症状を報告しましたが、小児期の外傷歴のない患者と比較して、同様の症状の改善を経験しました.

治療の脱落率も、小児期の外傷がある患者とない患者で同様でした。 測定された治療効果は、小児期の外傷の種類、うつ病の診断、小児期の外傷の評価方法、研究の質、年、治療の種類または期間によって変化しませんでした。

「うつ病と小児期のトラウマを抱えた患者が、トラウマのない患者と比較して同様の治療結果を経験していることを発見することは、小児期のトラウマを経験した人々に希望を与えることができます. それにもかかわらず、小児期の外傷患者の治療後の残存症状は、追加の介入が依然として必要な場合があるため、より多くの臨床的注意を払う必要があります.

エリカ・クズミンスカイトは、「小児期のトラウマを持つ個人にさらに有意義な進歩をもたらし、結果を改善するために、長期的な治療の結果と、小児期のトラウマが長期的な影響を与えるメカニズムを調べるための将来の研究が必要です」と述べています.

以前の研究では、うつ病と幼少期のトラウマを持つ成人と青年は、幼少期のトラウマのない人よりも、薬物療法、心理療法、または併用療法の後に反応しない、または寛解しない可能性が約 1.5 倍高いことが示唆されています。 画像はパブリック ドメインにあります

著者らは、この研究にはいくつかの制限があることを認めています。たとえば、メタ分析に含まれる研究にはさまざまな結果が含まれていることや、子供時代のトラウマのすべてのケースが遡及的に報告されていることなどです。

メタアナリシスは、急性治療段階での症状の低下に焦点を当てていますが、うつ病や小児期のトラウマを持つ人々は、治療後に残存する症状を示すことが多く、再発のリスクが高いという特徴があるため、小児期の外傷のない患者よりも治療の恩恵が大幅に少ない可能性があります長い目で見れば。 研究デザインでは、性別の違いも考慮されていませんでした。

フランスのトゥールーズ大学の Antoine Yrondi 氏 (研究には関与していない) は、リンクされたコメントに次のように書いています。抑うつ症状を改善します。

「しかし、医師は、小児期のトラウマが症状の完全な寛解に到達することをより困難にする可能性がある臨床的特徴に関連している可能性があり、したがって日常生活に影響を与える可能性があることに留意する必要があります。」

こちらもご覧ください

これは妊娠中の女性を示しています

このうつ病と児童虐待研究ニュースについて

著者: Press Office出典: The Lancet連絡先: Press Office – The LancetImage: 画像はパブリック ドメインにあります

元の研究: クローズド アクセス。「大うつ病性障害および小児期の外傷歴のある成人における治療の有効性と有効性: 系統的レビューとメタ分析」Erika Kuzminskaite et al. ランセット精神科

概要

大うつ病性障害と小児期の外傷歴のある成人における治療の有効性と有効性:系統的レビューとメタ分析

バックグラウンド

小児期の外傷は、成人期に大うつ病性障害を発症する一般的かつ強力な危険因子であり、早期発症、より慢性的または再発性の症状、併存疾患の可能性が高いことに関連しています。 いくつかの研究では、エビデンスに基づく成人のうつ病に対する薬物療法と心理療法は、小児期の外傷歴のある患者では、小児期の外傷のない患者よりも効果が低い可能性があることを示していますが、調査結果には一貫性がありません。 したがって、私たちは、慢性型のうつ病を含む大うつ病性障害および報告された小児期のトラウマ歴を有する個人が、治療前により重度の抑うつ症状を有していたか、積極的治療後により不利な治療結果を有していたか、積極的治療の恩恵を受ける可能性が低いかどうかを調べました小児期の外傷のないうつ病患者と比較して、対照状態と比較した治療。

メソッド

包括的なメタ分析を行いました (PROSPERO CRD42020220139)。 研究の選択は、2013 年 11 月 21 日から 2020 年 3 月 16 日までの書誌データベース (PubMed、PsycINFO、および Embase) の検索と、いくつかの情報源 (1966 年から 2016–19 年まで) から特定説(推定)された無作為化臨床試験 (RCT) の全文を組み合わせたものです。英語の記事を識別します。 うつ病性障害の成人患者に対するエビデンスに基づく薬物療法、心理療法、または併用介入の有効性または有効性、および小児期の外傷の有無を比較した RCT およびオープン試験が含まれていました。 2 人の独立した研究者が研究の特徴を抽出しました。 効果量の計算のためのグループ データは、研究の著者から要求されました。 主要なアウトカムは、ベースラインから急性治療期の終わりまでのうつ病の重症度の変化であり、標準化された効果の大きさ (Hedges’ g) として表されます。 メタ分析はランダム効果モデルを使用して行われました。

所見

10,505 件の出版物から、54 件の試験が選択基準を満たし、そのうち 29 件 (20 件の RCT と 9 件のオープン試験) が最大 6830 人の参加者のデータに貢献しました (年齢範囲は 18 ~ 85 歳、男性と女性の個人、および特定説(推定)の民族データは入手できません)。 半分以上 (4268 [62%] 大うつ病性障害患者の 6830 人) が、小児期の外傷の病歴を報告した。 ベースラインでより重度のうつ病を患っていたにもかかわらず (g=0.202、95% CI 0.145 ~ 0.258、I2=0%)、小児期の外傷患者は、小児期の外傷歴のない患者と同様に積極的な治療の恩恵を受けました (治療効果の差)グループ間で g=0.016, –0.094 ~ 0.125, I2=44.3%)、小児期の外傷の有無にかかわらず (小児期の外傷 g= 0.605, 0.294 から 0.916, I2=58.0%; 小児期の外傷なし g=0.178, –0.195 から 0.552, I2=67.5%; グループ間差 p= 0.051)、および同様のドロップアウト率 (リスク比 1.063、0.945 ~ 1.195、I2=0%)。 調査結果は、小児期の外傷の種類、研究デザイン、うつ病の診断、小児期の外傷の評価方法、研究の質、年、または治療の種類または期間によって有意差はありませんでしたが、国によって異なりました (北米の研究では、小児期の外傷患者に対するより大きな治療効果が示されました。 ; 誤発見率補正 p=0·0080)。 ほとんどの研究では、バイアスのリスクが中程度から高かった (21 [72%] of 29)、しかし、低バイアス研究の感度分析では、すべての研究が含まれた場合と同様の結果が得られました。

解釈

以前の研究とは対照的に、うつ病症状の重症度が高いにもかかわらず、大うつ病性障害と小児期の外傷患者の症状は、薬理学的および精神療法の治療後に大幅に改善するという証拠が見つかりました。 エビデンスに基づく心理療法と薬物療法は、小児期の外傷状態に関係なく、大うつ病性障害の患者に提供されるべきです。

資金調達

なし。



Source link