皮膚から直接生成された老化したニューロンがパーキンソン病をより正確にモデル化

Neuroscience News logo for mobile.


概要: 研究者は、神経誘導遺伝子の組み合わせを皮膚細胞に導入することにより、パーキンソン病患者の皮膚細胞をドーパミン作動性ニューロンに変えることに成功しました。

出典:国際幹細胞研究学会

再プログラミングと呼ばれるプロセスで、患者の皮膚から生成された胚様細胞である人工多能性幹細胞 (iPSC) から人体のほぼすべての細胞タイプを作成できる可能性は、研究室での疾患モデリングの新たな道を開きました。

ただし、この手法の 1 つの欠点は、ドナーの年齢固有の細胞機能が再プログラミング中に消去されるため、iPSC から作成された細胞は通常、成人または高齢者の細胞ではなく、ヒトの胚または胎児の細胞に似ていることです。

パーキンソン病 (PD) のような神経変性疾患は、主に高齢者に影響を与えるため、老化したニューロンの多くの特徴を欠く PSC 由来のニューロンでモデル化することは困難です。

Janelle Drouin-Ouellet (モントリオール大学、カナダ)、Malin Parmar (スウェーデン、ルンド大学) およびジャーナル幹細胞レポートの同僚からの最近の報告によると、ニューロンの老化した特徴を保存する 1 つの方法は、それらを直接作成することです。 iPSC中間体なしで、患者の皮膚から。

特発性パーキンソン病患者の皮膚細胞から直接再プログラムされた誘導ドーパミン作動性ニューロン。 クレジット: Janelle Drouin-Ouellet、モントリオール大学、カナダ

研究者らは、神経誘導遺伝子の特定説(推定)の組み合わせを皮膚細胞に導入することにより、PD 患者の皮膚細胞を、いわゆるドーパミン作動性 (DA) ニューロン (PD で徐々に失われるニューロンのタイプ) に変えることに成功しました。

iPS 細胞から生成された PD 細胞とは対照的に、皮膚細胞から直接 DA ニューロンを生成するこのプロセスは、ドナー年齢の老化した遺伝的、エピジェネティック、および代謝特性を保存しました。

健康な皮膚ドナーからの老化した DA ニューロンと比較すると、PD 患者からのニューロンは、既知の遺伝子変異を欠く散発性 PD 患者から初めてモデル化できる PD 固有の細胞欠陥を特徴としていました。

この新しいツールを使用して、研究者は、PD 患者のはるかに大規模なコホートから PD 関連のニューロン障害をモデル化して、疾患の原因の特定説(推定)と将来の治療法の可能性を特定説(推定)することを望んでいます。

この遺伝学とパーキンソン病研究ニュースについて

著者: プレス オフィス出典: International Society for Stem Cell ResearchContact: Press Office – International Society for Stem Cell Research画像: 画像は Montreal 大学の Janelle Drouin-Ouellet にクレジットされています

元の研究: オープン アクセス。Janelle Drouin-Ouellet らによる「特発性パーキンソン病患者に由来する、直接再プログラムされたドーパミン作動性ニューロンにおける加齢に伴う病理学的障害」。 幹細胞レポート

概要

こちらもご覧ください

これは壊れたボトルを示しています

特発性パーキンソン病患者由来の直接再プログラムされたドーパミン作動性ニューロンにおける加齢に伴う病理学的障害

ハイライト

特発性PDの加齢ニューロンの特徴を研究するための細胞再プログラミングモデル再プログラミングされたニューロンは、オートファジーにおいて疾患に関連する障害を示すいくつかの表現型はドーパミン作動性ニューロンに特異的であったiDANは、α-シヌクレインの蓄積につながる加齢に伴うオートファジー障害を示す

概要

成人のヒト皮膚線維芽細胞から機能性誘導ドーパミン作動性 (DA) ニューロンを生成する効率的なアプローチを開発しました。 特発性パーキンソン病 (PD) 患者の線維芽細胞の DA ニューロン変換を実行すると、これらの細胞の疾患関連の病理を特異的に検出できました。

患者由来のニューロンは、ドナーの年齢関連の特性を維持し、健康なドナーと比較して、シャペロンを介した基底オートファジーが低いことを示しています。 さらに、ストレス誘発オートファジーは、マクロオートファジー構造の年齢依存的な蓄積をもたらしました。

最後に、患者由来の DA ニューロンにおけるこれらの障害が、PD 病理学の古典的な特徴であるリン酸化 α-シヌクレインの蓄積につながることを示します。 この病理学的表現型は、同じ患者の人工多能性幹細胞から生成されたニューロンには存在しません。

(´・ω・`)ると、我々の結果は、特発性PDに関連する加齢に伴う病理を研究するための細胞モデルとして独自に機能する、患者由来のDAニューロンを得るために直接神経再プログラミングを使用できることを示しています。



Source link