SARS-CoV2に感染したほとんどの人は12か月以内に回復する、と研究が発見



マクマスター大学が主導した研究では、重症度に関係なく、SARS-CoV2 ウイルスに感染したほとんどの人が 12 か月以内に回復することがわかりました。

しかし、ウイルスに感染してから 12 か月で 75% が回復しましたが、患者の 25% は、咳、疲労、息切れを含む 3 つの最も一般的な症状の少なくとも 1 つをまだ持っていました。 研究者はまた、症状が持続する患者は、自己免疫疾患に関連する抗体を持っていること、および炎症を引き起こすサイトカインのレベルが上昇していることも発見しました。

研究者は、COVID-19 感染から 3、6、12 か月後に回復した 106 人を調査して結果を収集しました。 調査対象となったすべての患者は、その他の点では健康であり、既存の自己免疫疾患やその他のパンデミック前の基礎疾患はありませんでした。

一般に、感染直後に気分が悪くなっても心配する必要はありません.12か月以内に回復する可能性は非常に高く、3か月で典型的なCOVIDの症状が続くからといって、彼らが永遠に続くとは限りません.


しかし、この研究は、生後 12 か月の時点でまだ気分が悪く、症状が持続または悪化している場合は、必ず医師の診察を受ける必要があることを強調しています。」


Manali Mukherjee、上級著者、助教授、医学部、マクマスター大学

Mukherjee 氏は、COVID の症状が長く続く患者は、リウマチ専門医の診察を受ける必要があると述べました。彼らは自己免疫疾患を専門としており、リウマチ学的合併症の発症と早期介入の必要性をより適切に評価できるからです。

彼女によると、COVID が長期にわたるほとんどの患者は現在、自己免疫を専門としない呼吸器専門医または感染症専門医によって評価されているという。

Mukherjee 氏は、回復した患者の自己抗体とサイトカインの減少は、症状の改善と一致していると述べた. 1年後に抗体とサイトカインのレベルが上昇した人は、症状が持続した人でした.

「体がウイルスと戦っている間に、免疫システムが非常に活発になり、ウイルスを殺す抗体を作るだけでなく、宿主を攻撃する抗体を作ることもあります.

「しかし、SARS-COV2 のような深刻なウイルスと戦った後の身体の一般的な傾向は回復することであり、そのペースは個人によって異なります。」

Mukherjeeは、COVID-19 Immunity Task Forceが資金を提供する次期「急性COVID症候群後の自己免疫」研究を主導しており、Canadian Respiratory Research Network-Long COVID研究のハミルトンサイトリードであり、どちらも現在参加者を募集しています.

Mukherjee は、ブリティッシュ コロンビア大学の研究者と共同で研究を主導しました。

研究の一部は、Cyclomedica (カナダ)、Weston Foundation、Michael Smith Foundation for Health Research、UBC Strategic Initiative Fund、および COVID-19 Immunity Task Force からの助成金によって資金提供されました。



Source link