Repligen は DRS Daylight Solutions 契約でプロセス分析ポートフォリオを拡大します



バイオプロセシング技術のリーダーシップに焦点を当てたライフ サイエンス企業である Repligen Corporation は本日、DRS Daylight Solutions と戦略的パートナーシップおよび独占的ライセンス契約を締結し、バイオプロセシング市場における中赤外線 (mid-IR) 技術の使用を拡大したことを発表しました。

この契約を通じて、Repligen は、Culpeo® の商業化、ならびに DRS Daylight Solutions (「Daylight」) との提携による将来の製品および技術の開発に対する責任を負います。 両社は、量子カスケード レーザー中赤外 (QCL-IR) ベースのソリューションのポートフォリオを拡大し、これらのソリューションを Repligen クロマトグラフィーおよびろ過システムに統合して、急成長しているプロセス分析技術 (PAT) セグメントにおける両社のプレゼンスを拡大することに注力します。バイオプロセシング市場の。

Daylight の特許取得済み QCL-IR 技術は、高次タンパク質および核酸構造を測定し、タンパク質凝集、濃度、核酸含有量、および生物学的製造プロセスにおけるその他の重要な属性の測定を容易にします。 正確な読み取りが数秒で可能になり、上流および下流の製造におけるリアルタイムのプロセス監視が可能になります。

サンディエゴに本拠を置く Daylight は、中赤外スペクトル範囲全体で動作する QCL 技術プラットフォームに基づく革新的なソリューションの開発と製造を専門としています。 商業、研究、航空宇宙および防衛市場をサポートするクラス最高の製品で知られる Daylight は、2018 年に画期的な Culpeo® 機器でバイオプロセシング市場に参入しました。

リアルタイムのインライン プロセス監視ソリューションのパイオニアである C Technologies の既存の分析ポートフォリオを補完する DRS Daylight Solutions とのこの契約に署名できたことを嬉しく思います。 Daylight ポートフォリオは、バイオプロセス業界におけるインライン プロセス モニタリングの採用を加速および拡大するのに役立つと考えています。 ティム・デイとデイライトのチームと協力できることを楽しみにしています。」

トニー J. ハント、CEO、Repligen

Repligen と提携して、QCL-IR ベースのソリューションを PAT の革新的なテクノロジーにすることに非常に興奮しています。 Repligen は、C Technologies での成功とバイオプロセッシングにおけるイノベーションの実績を考えると、これを達成するための最良のパートナーであると確信しています。 Tony Hunt および Repligen チームと協力して、バイオプロセスの顧客に、生物製剤製造における重要なプロセス パラメータを測定する画期的な技術を提供できることを楽しみにしています。 リアルタイムで信頼性の高い結果が得られる Culpeo® は、最終的に生産歩留まりを改善し、コストを削減し、製品の品質を保証します。」

Dr. Timothy Day 氏、DRS Daylight Solutions 上級副社長兼ゼネラル マネージャー



Source link