睡眠のタイミングが認知症の発症リスクに影響する可能性があることを研究が示唆



Journal of the American Geriatrics Society に掲載された新しい研究では、就寝時間と睡眠時間が認知症の発症リスクに影響する可能性があることが示唆されています。

研究開始時に認知症のない中国の高齢者 1,982 人を対象とした研究では、平均 3.7 年の追跡期間中に 97 人の参加者が認知症と診断されました。

認知症のリスクは、睡眠時間が 8 時間以上の人では 69% 高く (対 7 ~ 8 時間)、午後 9 時より前に就寝した人では (午後 10 時以降と比べて) 2 倍高かった。

「これは、就寝時間が長くなり、睡眠のタイミングが進んだことを報告する高齢者の認知機能を監視する必要があることを示唆しています」と著者らは書いています。

ソース:

ジャーナルの参照:

Liu、R.、他。 (2022) 中国の高齢者における睡眠のタイミングと就寝時間と認知症および認知機能低下との関連性: コホート研究。 アメリカ老年医学会誌。 doi.org/10.1111/jgs.18042.



Source link