1型糖尿病の世界的な負担は2040年までに2倍になる可能性が高いと研究が予測



The Lancet Diabetes & Endocrinology に掲載された新しいモデリング研究の結果によると、2021 年には世界中で推定 840 万人が 1 型糖尿病 (T1D) を患っていました。 この数は、2040 年までに 1,350 万から 1,740 万人の T1D 患者に増加すると予測されています。

「T1D 患者の有病率がすべての国で 2040 年には最大 1,750 万件にまで増加すると予測されていることを考えると、私たちの結果は、社会と医療制度に重大な悪影響が及ぶことを警告しています。世界には何百万人もの命を救う機会があります。 1 型糖尿病の標準的なケアを向上させ (インスリンやその他の必要な供給品への普遍的なアクセスを確保することを含む)、1 型糖尿病の徴候と症状の認識を高めて、すべての国で 100% の診断率を可能にすることにより、今後数十年を目指します。オープンソースで利用できるようになり、T1D の負担に関するデータに広くアクセスできるようになり、利害関係者が T1D のケアと転帰を改善するためのプラットフォームとして機能します」と、研究の著者の 1 人であるシドニー メディカル スクールのグラハム オグル教授は述べています。 、シドニー大学、オーストラリア。

T1D の有病率と死亡率に関するデータは、ほとんどの国でめったに利用できません。欠落しているデータは通常、LMICs と成人人口に関連しており、以前のほとんどの研究では、ヨーロッパと北米のデータに基づいて T1D の発生率が計算されています。 サハラ以南のアフリカの糖尿病に関する 2017 ランセット糖尿病・内分泌委員会、WHO、および WHA はすべて、T1D に関する世界規模のデータが緊急に必要であると述べています。 この新しい研究は、これらの要求に応えることを目的としており、観察されたデータに非常に匹敵するモデリング推定値を提供し、欠損有病率を初めて推定し、T1D ケアとポリシーの変更のためのより意味のある基礎を提供します。 結果は、T1D インデックス プロジェクトの一環として、オープンソース データベースで公開されます。このプロジェクトは、ヘルス プランナー、専門家、支持者がケアと健康の結果を改善するのを支援することを目的としています。

研究者は、97 か国の小児期、青年期、成人期の T1D 有病率に関するデータを、65 か国の経時的な発生率データと 37 か国の死亡率データとともにモデル化して、201 か国の 2021 年の T1D 発生率、有病率、および死亡率を予測し、将来の有病率を予測しました。推定値は、15 か国の実際の有病率データと比較して正確性をテストされました。

2021 年には、モデルは世界中で 840 万人が T1D を患っていると推定しました。 これらの個人のうち、18% が 20 歳未満、64% が 20 ~ 59 歳、19% が 60 歳以上でした。 歴史的に、T1D は小児期の発症に関連する疾患でしたが、これらの結果は、数値的には子供よりも成人の方が毎年診断されていることを明らかにしています (2021 年には世界中で 316,000 件の発生例に対して 194,000 件の発生例)、平均診断年齢は 32 歳です。

「これらの調査結果は、診断、ケアのモデル、およびピア サポート プログラムに重要な意味を持ちます。そのようなプログラムが存在する国では、そのようなプログラムはほぼ独占的に設計され、T1D の子供と若者向けに提供されています。さらに、私たちの調査結果は、緊急の必要性を強調しています。成人集団におけるT1Dの発生率、有病率、および死亡率に関する監視とデータ収集の強化-データが特に不足している地域」と、研究の著者の1人であるモナッシュ大学公衆衛生および予防学部のDianna Magliano教授は述べています。医学、オーストラリア、メルボルン。 [1]

推定 T1D 有病率が最も高い 10 か国は、米国、インド、ブラジル、中国、ドイツ、英国、ロシア、カナダ、サウジアラビア、およびスペインで、世界の T1D 症例の 508 万 (60%) を占めています。 モデル推定では、T1D 患者の 21% が LIC および LMIC に住んでいることも示唆されています。

モデル推定では、T1D による世界の死亡者数は 2021 年に 175,000 人に上ります。これらのうち、35,000 または 20% が未診断に起因し、そのうち 14,500 人がサハラ以南のアフリカに、8,700 人が南アジアにいました。 研究者らは、T1D の治療が不十分なために早死にしなければ、2021 年にはさらに 310 万人が生存していたと推定し、さらに 700,000 人が生存していたであろうと推定しています。 .

「私たちの調査結果は、T1D の全体的なフットプリントが以前の見積もりが示したよりもはるかに大きいことを示しています。これは、過剰な死亡率による有病率の欠落が考慮される場合です。これは、サハラ以南のアフリカなど、低中所得国で特に当てはまります。これは、T1D の 357,000 例または世界の有病率の 4% を占めていますが、毎年失われる命の 23% (40,000) を占めており、低中所得国における T1D の徴候と症状の認識を高める緊急の必要性を強調しています」と Kim Donaghue 教授は言います。この研究の著者の 1 人、オーストラリア、シドニー大学、シドニー医科大学。 [1]

モデルによって与えられた 2040 年の予測 T1D 有病率は 1,350 万から 1,750 万人であり、LIC と LMIC で最大の相対的増加が予測されています。 保守的な見積もりでは、2020 年と比較して 2040 年までに 1 型糖尿病患者の数が 66% 増加すると推定されています。

これらの国レベルのモデリングの結果が、政策立案者、研究者、および医療専門家によって、世界中の T1D のサーベイランスを改善し、ユニバーサル ヘルス カバレッジ プログラムを促進するイニシアチブを構築するために使用されることを願っています。この病気の実質的な世界的負担。」


Tom Robinson 氏、研究著者、若年性糖尿病研究財団、オーストラリア

著者は、モデルに入力するデータの不足など、この研究に関するいくつかの制限を認めています。 低中所得国および 1975 年以前の成人集団のデータはより限られています。近くの国からの外挿に基づいて得られた情報は、遺伝的および環境的要因によっては精度が低くなる可能性があります。 さらに、未診断による死亡率の推定値は臨床医の印象に基づいており、実際の状況よりも高いまたは低い可能性があります。 診断された症例の死亡率については、1980 年以前は情報が不足しています。

リンクされたコメントで、米国フロリダ大学の Hui Shao (この研究には関与していません) は次のように述べています。 […] インスリンへのアクセスと手頃な価格の問題を緩和するための世界的な行動を呼びかけています。 考えられる解決策は多面的であり、その多くは国の政治的および経済的環境に依存しています。 手短に言えば、各国はインスリンへのアクセスを確保し、増大するインスリン需要に対処するための補助金プログラムを構築しながら、インスリンの価格規制と償還政策を強化する必要があります。」

ソース:

ジャーナルの参照:

グレゴリー、GA、他。 (2022) 2040 年までの予測による 2021 年の 1 型糖尿病の世界的な発生率、有病率、および死亡率: モデリング研究。 ランセット。 doi.org/10.1016/S2213-8587(22)00218-2.



Source link