心血管疾患の危険因子は、女性と男性でほぼ同じであることが研究で示されています



女性と男性の心血管疾患の危険因子はほぼ同じであることが、イェーテボリ大学が関​​与した大規模な世界的研究で示されています。

The Lancet に掲載されたこの研究には、高所得国と中・低所得国の両方の参加者が含まれています。 心血管疾患は、後者においてより広範囲に及ぶ。 データは、Prospective Urban Rural Epidemiological (PURE) Study から取得されました。

この研究は、5 つの大陸の 21 か国の 155,724 人を対象に行われました。 35 ~ 70 歳の参加者は、研究に参加したときに心血管疾患の病歴がありませんでした。 平均10年のフォローアップ期間中の致命的な心血管疾患、心臓発作、脳卒中、および心不全のすべての症例が登録されました。

研究された危険因子は、代謝(高血圧、肥満、糖尿病など)、行動(喫煙と食事)、心理社会的(経済状態とうつ病)でした。

明確な性別や所得格差がない

低密度リポタンパク質(LDL、しばしば悪玉コレステロールとして知られる)の値が高いことを除いて、代謝の危険因子は男女で類似していることが判明し、心血管疾患との関連は男性でより強かった. しかし、研究者の意見では、この発見はより多くの研究で確認する必要があります.

抑うつ症状は心血管疾患のもう1つの危険因子であり、女性よりも男性でより重要であることが証明されました. 一方、貧しい食生活と心血管疾患との関連性は女性の方が近かった。 喫煙は、男性に顕著に多くみられますが、女性にとっても同様に有害な危険因子でした.

全体として、研究者は、国の所得レベルに関係なく、男性と女性の参加者の心血管疾患の危険因子がほぼ同じであることを発見しました。 これは、病気の予防戦略の重要性も強調しており、男女ともに同じです.

相違点よりも類似点が大きい

女性の心血管疾患、特に心臓発作 (心筋梗塞) の全体的なリスクが低いことは、リスク要因に対する若い女性の耐性が高いことによって説明できる可能性があります。 それらのエストロゲンは、血管壁をより柔軟にし、LDL を取り除く肝臓の能力に影響を与えます。

この研究に参加した女性 (90,934 人) では、年間 1,000 人あたり 5.0 例の脳卒中、心臓発作、および/または心血管疾患が登録されました。 男性のグループ(64,790人)の対応する数は8.2ケースでした。

ヨーテボリ大学サールグレンスカ アカデミーの医学教授である Annika Rosengren は、この研究の 2 番目の著者であり、ヨーテボリとスカラボルグの 4,000 人を対象とした PURE 集団研究のスウェーデンの部分を担当しています。

男性と女性の心血管疾患に関して言えば、危険因子の類似点は相違点よりもはるかに大きい. しかし、男性は悪玉コレステロールである高レベルの LDL に対してより脆弱であり、他の研究から、男性は女性よりも低年齢で冠動脈に病理学的変化を起こし、心筋梗塞をかなり早く発症し始める傾向があることがわかっています. ただし、早期脳卒中に関しては、他の研究でも見られるように、性差はそれほど顕著ではありません.」


アニカ・ローゼングレン、ヨーテボリ大学サールグレンスカ アカデミーの医学教授

ソース:

ジャーナルの参照:

Walli-Attaei、M.、他。 (2022) 21 の高所得国、中所得国、および低所得国の男性と比較した女性の代謝、行動、および心理社会的危険因子と心血管疾患: PURE 研究の分析。 ランセット。 doi.org/10.1016/S0140-6736(22)01441-6.



Source link