シンプルな 20-20-20 ルールは、長時間のコンピューター使用による症状の一部を緩和するのに役立ちます



コンピューター画面で作業する際の眼精疲労を和らげる方法として、長い間推奨されてきました。 現在、20 分ごとに少なくとも 20 秒の休憩を取り、少なくとも 20 フィート離れたところを見るという 20-20-20 ルールが、コンピュータの長時間使用による症状の一部を緩和するのに役立つことがアストン大学の科学者によって確認されています。

通常の仕事でコンピューターを使用している人の少なくとも半数が何らかの形のデジタル眼精疲労を抱えており、その結果、刺激や乾燥などの目の表面の問題、または頭痛やかすみ目などの視覚の問題が発生していると推定されています。 人間は通常、1 分間に約 15 回まばたきをします。 画面をじっと見ていると、この数値は一般に半分以下に減少します。 これは目の乾き、炎症、疲れにつながる可能性がありますが、他の場所に焦点を合わせる20秒は、目が十分にリラックスして負担を軽減するのに十分な長さです.

20-20-20 ガイダンス ルールが適切に検証されたのはこれが初めてです。

アストン大学健康生命科学部の研究者は、眼精疲労の症状に苦しむ 29 人の参加者の助けを借りて研究を開始しました。 参加者自身のラップトップ コンピューターにダウンロードされた特別なソフトウェアは、組み込みのラップトップ カメラを使用して、ユーザーが画面に座っているかどうかを確認し、数秒ごとに視線の方向を監視しました。 画面を 20 分間連続して見た後、プログラムは、窓の外や部屋の向こう側など、約 20 フィート離れた遠くのターゲットを見ている間は 20 秒間休むようユーザーに求めるメッセージを表示しました。 アプリによって測定されるように、タスクが正しく実行されるまでメッセージを削除できませんでした。

参加者のデジタル眼精疲労の症状は、リマインダーを使用してから 2 週間後、および研究を完了してから 1 週間後に測定されました。 その結果、乾燥、過敏症、不快感などの症状が著しく減少しました。

スペインのバレンシア大学と共同で研究を主導したアストン大学の検眼学教授である James Wolffsohn 教授は、次のように述べています。参加者が本当に 20 分ごとに目をそらしていたことは確かでした。その結果、グループ全体の症状が改善したことがわかりました。」

研究者は、研究後、参加者の眼の症状が介入前の状態に戻ったことに注目しました. Wolffsohn 教授は次のように述べています。「リマインダーを長期間使用しなくても、この慢性的な問題を軽減するために、デジタル視聴中にまぶたの筋肉の記憶衝動をより頻繁にまばたきするように教えることができるかどうかを確認するために、長期的な研究を行う予定です。」

調査結果は、人々がスクリーンから離れて休憩を取るべきであることを確認しています。

洗練されたソフトウェアを使用しましたが、他の人が電話でタイマーを設定したり、リマインダー アプリをダウンロードしたりすることで、効果を簡単に再現できます。 これは、目の健康のために定期的に休憩を取ることを思い出させる簡単な方法です。」


James Wolfsohn 氏、アストン大学検眼学教授

デジタル眼精疲労、ドライアイ、両眼視力に対する休憩の影響: 20-20-20 ルールのテストは、Contact Lens and Anterior Eye ジャーナルに掲載されました。

ソース:

ジャーナルの参照:

Talens-Estarelles、C.、他。 (2022) デジタル眼精疲労、ドライアイ、両眼視力に対する休憩の影響: 20-20-20 ルールのテスト。 コンタクト レンズと前眼部。 doi.org/10.1016/j.clae.2022.101744.



Source link