人工知能は認知症の迅速な診断に役立つ可能性があります



新しい研究によると、人工知能 (AI) を使用して患者の脳の電気的活動の記録を分析することで、さまざまな形態の認知症をより迅速かつ簡単に発見できる可能性があります。

サリー大学とニューキャッスル大学の科学者は、低コストの診断ツールとして脳波検査 (EEG) を使用して、臨床医がレビー小体型認知症、アルツハイマー型認知症、パーキンソン型認知症などのさまざまな形態の認知症を特定説(推定)できることを示しました。

私たちの研究は、脳波データの人工知能分析を認知症を特定説(推定)するための診断ツールとして使用することが、多くの人々の人生を変える可能性があることを示しています. 患者の目を開けた状態と閉じた状態でキャプチャした脳活動を組み合わせることで、当社の機械学習アルゴリズムは、死後にのみ発見されることが多いレビー小体型認知症を含む、さまざまな形態の認知症を正確に検出できることを示しました。 その結果、私たちの方法により、人々はより早く診断され、治療を受けることができると信じています.


私たちのプロジェクトの明確な次のステップは、この信じられないほど有望な技術の臨床試験への支持を集めることです。」


ローマン・バウアー博士、スタディの上級著者、サリー大学

この研究では、研究者は 70 代の認知症患者 40 人の EEG データ (開眼時と閉眼時) を使用しました。 さらに、この研究では 15 人の健康管理対象者が使用されました。

世界保健機関によると、世界中で 5,500 万人が認知症を患っています。 しかし、調査によると、レビー小体型認知症は死後認知症の 25% 以上に見られることが示されています。

この研究は Alzheimer’s Research & Therapy に掲載されました。



Source link