中年期に悪い夢を見た人は、将来認知症と診断される可能性が高い



バーミンガム大学の研究によると、中年期に悪い夢を頻繁に見る人は、後になって認知症と診断される可能性が高くなります。

ランセット ジャーナル eClinicalMedicine に掲載された新しい研究では、認知症の特徴的な記憶と思考の問題が始まる数年または数十年前に、悪夢が蔓延する可能性があることが示唆されています。

私たちは、悲惨な夢や悪夢が、一般集団の健康な成人の認知症リスクや認知機能低下と関連している可能性があることを初めて実証しました.


認知症のリスク指標は、中年で早期に特定説(推定)できるものはほとんどないため、これは重要です。 これらの関連性を確認するにはさらに研究が必要ですが、悪い夢は、認知症を発症するリスクが高い個人を特定説(推定)し、病気の発症を遅らせるための戦略を立てるのに役立つ方法になると考えています.」


バーミンガム大学人間脳健康センターのアビデミ・オタイク博士

この研究では、オタイク博士は、米国の 3 つのコミュニティ ベースのコホートからのデータを調べました。 これらには、35 歳から 64 歳までの 600 人以上の成人男性と女性が含まれていました。 79 歳以上の成人 2,600 人。 すべての参加者は、研究開始時に認知症がなく、若いグループでは平均 9 年間、年配の参加者では平均 5 年間追跡調査されました。

この調査では、2002 年から 2012 年の間にデータの収集が開始されました。参加者は、悪夢を経験する頻度に関する質問を含む、ピッツバーグ睡眠の質の指標など、さまざまなアンケートに回答しました。

このデータは統計ソフトウェアを使用して分析され、悪夢の頻度が高い参加者は認知機能の低下を経験し、認知症と診断される可能性が高いかどうかを調べました.

この研究によると、毎週悪夢を見る中年 (35 ~ 64 歳) の人々は、その後 10 年間で認知機能の低下を経験する可能性が 4 倍高く、高齢者は認知症と診断される可能性が 2 倍高いことが示されています。

興味深いことに、この研究では、関連性は女性よりも男性の方がはるかに強いことがわかりました. たとえば、毎週悪夢を経験している年配の男性は、悪夢を報告していない年配の男性よりも認知症を発症する可能性が 5 倍高かった. しかし、女性では、リスクの増加はわずか 41% でした。

研究の次のステップには、若者の悪夢が将来の認知症リスクと関連する可能性があるかどうか、および夢を覚えている頻度や夢の鮮明さなどの他の夢の特徴も認知症リスクの特定説(推定)に使用できるかどうかの調査が含まれます。 研究チームは、脳波検査 (EEG) と磁気共鳴画像 (MRI) を使用して、健康な人と認知症の人両方の悪夢の生物学的根拠を調査することも計画しています。

ソース:

ジャーナルの参照:

Otaiku, AI, (2022) 悲惨な夢、認知機能の低下、および認知症のリスク: 人口ベースの 3 つのコホートに関する前向き研究。 EClinicalMedicine。 doi.org/10.1016/j.eclinm.2022.101640.



Source link