集団規模のコホート研究により、COVID-19 の診断直後に主要な動脈および静脈血栓症イベントの増加が検出される

Study: Association of COVID-19 With Major Arterial and Venous Thrombotic Diseases: A Population-Wide Cohort Study of 48 Million Adults in England and Wales. Image Credit: MattLphotography/Shutterstock


Circulation に掲載された最近の研究では、研究者は、イングランドとウェールズの人口規模のコホート研究を使用して、コロナウイルス病 2019 (COVID-19) と血管血栓症イベントとの関連を調査しました。

研究: COVID-19 と主要な動脈および静脈血栓症との関連: イングランドおよびウェールズの 4,800 万人の成人を対象とした人口規模のコホート研究。 画像著作権: MattLphotography/Shutterstock

バックグラウンド

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス 2 (SARS-CoV-2) によって引き起こされた COVID-19 パンデミックは、人の健康に長期にわたる影響をもたらし、患者は退院後数か月で体力の著しい低下、認知障害、および心臓の問題を経験しています。病院から。

研究によると、SARS-CoV-2 感染は、炎症誘発性および血栓形成促進状態を誘発し、動脈および静脈の血栓イベントが顕著に増加することが示されています。 ただし、SARS-CoV-2 が誘発する血管疾患の長期リスクと、人口統計学的特徴および併存疾患との関連性に関する詳細な分析は不足しています。

研究について

本研究では、イングランドとウェールズの 2020 年 1 月 1 日から 12 月 7 日までの集団全体の電子健康記録を使用して、COVID-19 診断データを主要な血管血栓症の発生率と比較しました。

比較は、性別、年齢、および人種に基づいて行われました。 動脈および静脈血栓症の発生率は、入院の有無にかかわらず COVID-19 患者、および COVID-19 と診断されていない人々で推定されました。 COVID-19 の診断を特定説(推定)するために、ポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) または抗原検査の陽性、または一次医療施設または二次医療施設からの確定診断が使用されました。

調査結果には、心筋梗塞や虚血性脳卒中などの動脈血栓症、肺塞栓症や深部静脈血栓症などの静脈血栓塞栓症、一​​過性脳虚血発作、脳内またはくも膜下出血、狭心症などの他の血管イベントが含まれます。

ハザード比は、COVID-19 と診断された個人と COVID-19 と診断されていない個人の血管血栓性イベントの発生率を比較することによって推定されました。

結果

その結果、COVID-19 と診断された人は、COVID-19 と診断されていない人と比較して、動脈血栓症と静脈血栓塞栓症の発生率が大幅に増加し、いずれも時間の経過とともに減少したことが示されました。

コホート研究には合計 4,800 万人が含まれており、そのうち COVID-19 と診断されて入院し、診断後 28 日間に入院しなかった人の数は、それぞれ 125,985 人および 1319,789 人でした。 入院した COVID-19 患者では、入院していない個人よりも血栓性イベントの発生率が高く、数の減少が遅かった。

年齢や性別などの人口学的要因は、血栓性イベントの発生率に影響を与えるようには見えませんでした。 しかし、人種は重要な要因であるように思われ、白人よりも黒人およびアジア系の人々が血栓症の発生率が高かった. 著者らは、人種と血栓症イベントの増加およびCOVID-19関連の死亡率の上昇との関連性は、職業、生活条件、剥奪、既存の健康状態などの要因によって影響を受けると考えています.

イギリスでの 4160 万人年の追跡調査では、最初の動脈血栓症と静脈血栓塞栓症の数は、それぞれ 260279 と 59421 でした。 COVID-19 の診断がある場合とない場合の動脈血栓症の比較の調整済みハザード比は、1 週目から 27 ~ 49 週目にかけて 21.7 から 1.34 に減少しました。同様に、静脈血栓症イベントのハザード比は、同じ期間に 33.2 から 1.80 に減少しました。

人口全体で、動脈血栓症のリスクが 0.5% 増加し、静脈血栓塞栓症のリスクが 0.25% 増加したことが観察されました。これは、140 万件の COVID-19 診断で、それぞれ 7,200 件および 3,500 件の動脈および静脈血栓症イベントに対応しています。 .

結論

全体として、この研究では、イングランドとウェールズで COVID-19 と診断されてから数週間で、動脈および静脈の血栓症イベントの発生率が大幅に増加したことが報告されました。

この結果は、入院を必要とする重篤な疾患の症状を予防するために COVID-19 ワクチンを使用する必要性を強調しています。入院した COVID-19 患者では、入院していない患者よりも主要な血栓症イベントの発生率が高かったからです。

さらに著者らは、重度の COVID-19、特に高リスクの血管疾患の症例の後に退院した患者は、感染に関連する血栓イベントを減らすために二次予防療法を処方され、退院後の再検討とフォローアップの重要性について教育を受ける必要があると考えています。

免疫回避を示す急速に進化する変異体と、COVID-19 後のさまざまな合併症に関する新たなデータを考えると、COVID-19 の重症度を軽減するための改善されたワクチンと治療法、および感染を軽減するための新しい治療法が非常に必要とされています。関連する血栓性イベント。

ジャーナルの参照:

Knight, R., Walker, V., Ip, S., Cooper, JA, Bolton, T., Keene, S., Denholm, R., Akbari, A., Abbasizanjani, H., Torabi, F., Omigie , E., Hollings, S., North, T.-L., Toms, R., Jiang, X., Angelantonio, ED, Denaxas, S., Thygesen, JH, Tomlinson, C., & Bray, B. (2022)。 COVID-19 と主要な動脈および静脈の血栓性疾患との関連: イングランドおよびウェールズの 4,800 万人の成人を対象とした人口規模のコホート研究。 サーキュレーション。 土井: https://doi.org/10.1161/circulationaha.122.060785 https://www.ahajournals.org/doi/10.1161/CIRCULATIONAHA.122.060785



Source link