睡眠のタイミングと持続時間は認知症のリスクに影響しますか?

Neuroscience News logo for mobile.


要約: 認知症のリスクは、一晩に 8 時間以上眠る高齢者では 69% 高く、午後 9 時より前に就寝した高齢者では 2 倍高かった.

出典:ワイリー

Journal of the American Geriatrics Society に掲載された新しい研究では、就寝時間と睡眠時間が認知症の発症リスクに影響する可能性があることが示唆されています。

研究開始時に認知症のない中国の高齢者 1,982 人を対象とした研究では、平均 3.7 年の追跡期間中に 97 人の参加者が認知症と診断されました。

認知症のリスクは、睡眠時間が 8 時間以上の人では 69% 高く (対 7 ~ 8 時間)、午後 9 時より前に就寝した人では (午後 10 時以降と比べて) 2 倍高かった。

就寝時間と睡眠時間は、認知症の発症リスクに影響を与える可能性があります。 画像はパブリックドメインです

「これは、ベッドでの102時間の延長と睡眠のタイミングの早さを報告する高齢者の認知機能を監視する必要があることを示唆しています」と著者らは書いています.

この睡眠と認知症研究ニュースについて

著者: Sara Henning-Stout出典: Wiley連絡先: Sara Henning-Stout – Wiley画像: 画像はパブリック ドメインにあります

元の研究: オープン アクセス。「睡眠のタイミングとベッドでの時間と中国の高齢者の認知症および認知機能低下との関連: コホート研究」Rui Liu MD らによる。 アメリカ老年医学会誌

概要

バックグラウンド

睡眠のタイミングと就寝時間 (TIB) と高齢者の認知症および認知機能低下との縦断的な関連性は不明です。

こちらもご覧ください

この脳スライスは、影響を受けた領域を強調しています

メソッド

この集団ベースのコホート研究では、60 歳以上で認知症がなく、中国山東省西部の農村地域に住んでいる 1982 人の参加者のデータを使用しました。 ベースライン (2014 年) とフォローアップ (2018 年) の検査では、標準的なアンケートを使用して睡眠パラメーターを評価しました。 認知機能は、Mini-Mental State Examination (MMSE) を使用して測定されました。 認知症は、DSM-IV 基準、およびアルツハイマー病 (AD) の NIA-AA 基準に従って診断されました。 データは、制限された 3 次スプライン、Cox 比例ハザード モデル、および一般線形モデルを使用して分析されました。

結果

平均 3.7 年の追跡期間中に、97 人の参加者 (68 人は AD 患者) で認知症が診断されました。 制限された 3 次スプライン曲線は、睡眠時間、TIB、および起床時間と認知症リスクとの J 字型の関連、および睡眠中時間との逆 J 字型の関連を示しました。 睡眠パラメーターが三分位数に分類された場合、認知症発症の多変量調整ハザード比 (HR) は、ベースラインの睡眠時間が 8 時間超 (対 7 ~ 8 時間) の場合は 1.69 (95%CI 1.01–2.83)、2.17 (1.22– 3.87) 午後 9 時前の就寝時間 (vs. 午後 10 時以降)、および 2.00 (1.23–3.24) は午前 1 時前 (vs. 午前 1–1.5) の中間睡眠時間です。 早期就寝時間と中間睡眠時間は、AD の発症と有意に関連していた (HR 範囲: 2.25–2.51; p < 0.05)。

フォローアップ時に認知症がなかった個人では、ベースラインの長い TIB、早期就寝時間と中間睡眠時間、早起きと遅起き時間、ベースラインからフォローアップまでの TIB の延長、就寝時間の延長と中間睡眠時間が関連していた。 MMSE スコアの大幅な低下 (p < 0.05)。 これらの認知機能低下との関連は、主に 60 ~ 74 歳の男性または参加者の間で統計的に明らかでした。

結論

長い TIB と早い睡眠時間は、認知症のリスク増加と関連しており、認知機能低下の増加との関連は、60 ~ 74 歳の高齢者と男性でのみ明らかです。



Source link