研究により、Omicron BA.2.75.2 による免疫回避の増加が明らかになった

Study: Omicron sublineage BA.2.75.2 exhibits extensive escape from neutralising antibodies. Image Credit: Kateryna Kon /Shutterstock


bioRxiv* プレプリント サーバーに投稿された最近の研究で、ETH チューリッヒ、インペリアル カレッジ ロンドン、およびカロリンスカ研究所の研究者は、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス 2 (SARS-CoV-2) オミクロン亜系統 BA による抗体媒介中和に対する耐性の増加を特定説(推定)しました。 .2.75.2.

研究: Omicron 亜系統 BA.2.75.2 は、中和抗体からの広範な回避を示します。 画像著作権: Kateryna Kon /Shutterstock

バックグラウンド

出現した SARS-CoV-2 Omicron サブリネージュは、いくつかのスパイクタンパク質残基をコードする遺伝子に変異を抱えており、その結果、免疫回避が増加しています。 Omicron BA.4.6 は現在、広範な系統であり、R346T および N658S 変異を保有していますが、新興の BA.2.10.4 亜系統は 486 位に変異を抱えています。

最近のいくつかの研究では、BA.5 および BA.1 系統を含むさまざまな Omicron バリアントによる抗体媒介中和の回避の増加が実証されています。 具体的には、スパイク残基 346 への突然変異は、強化された免疫回避に関連しています。

抗体の回避を助ける変異を持つ変異体が急速に出現していることを考えると、これらの変異体に対して現在使用されているモノクローナル抗体の有効性を常にテストして、2019 年のコロナウイルス病 (COVID-19) の深刻な症状の再発を防ぐことが重要です。

研究について

本研究では、3 つの Omicron サブリネージ BA.4.6、BA.2.10.4、および BA.2.75.2 の中和感受性を、臨床的に使用される前臨床のモノクローナル抗体と最近提供された血清のセットに対して調査しました。 研究者らは、BA.4、BA.2、および BA.2.75 発現プラスミドの多部位特異的突然変異誘発を使用して、BA.4.6、BA.2.10.4、および BA.2.75.2 亜系統の偽ウイルスを生成しました。

ヒトアンギオテンシン変換酵素 2 (ACE2) を発現するヒト胎児腎臓 293 (HEK293T) 細胞を使用して、中和感受性をテストしました。 さらに、ベブテロビマブ、シルガビマブ、およびチキサゲビマブを含むモノクローナル抗体のパネルを使用して、シュードウイルス中和アッセイを行った。 血清抗体の中和効果は、熱不活化血清を使用して実行されました。 さらに、幾何平均中和力価(GMT)も計算して、さまざまな亜系統の中和感受性を比較しました。

結果

結果は、サブリネージ BA.4.6 および BA.2.75.2 が、シルガビマブおよび Evusheld ワクチン (2 つのモノクローナル抗体 cilgavimab と tixagevimab の組み合わせ) による中和を完全に回避したことを示しています。 BA.2.10.4 亜系統は、シルガビマブに対する感受性の低下を示しました。 しかし、ベブテロビマブはすべての亜系統を中和することができました。 ソトロビマブは、この研究でテストされた 3 つの亜系統すべて、および BA.5 亜系統に対して低い中和効果を示しました。

最近提供された血清に対してテストした場合、BA.2.10.4 および BA.4.6 (それぞれ 311 GMT および 356 GMT) は、世界的に優勢な BA.5 亜系統 (GMT 453) と比較して、中和に対する耐性の増加を示しました。 BA.2.75.2 亜系統は、BA.5 亜系統よりも 5 倍低い GMT 値を示し、高い中和抵抗性を示しています。

BA.2.75.2 は中和抗体を回避します。  (A) BA.2.75 (オレンジ) と BA.2.75.2 (赤、下線付き) の BA.2 との違いは、SARS-CoV-2 BA.2 RBD (pdb:7UB0) に示されています。  *は復帰を示します。  B.1 (D614G) と比較した SARS-CoV-2 オミクロン サブリネージの (B) モノクローナル抗体による中和に対する感受性、および (C) 2021 年 11 月 8 ~ 14 日にスウェーデンのストックホルムで提供された血液からランダムにサンプリングされた血清 (N=18) )、(D) 2022 年 4 月 11 ~ 17 日 (N=18) および (E) 2022 年 8 月 29 日 ~ 9 月 4 日 (N=16)。 テストされた最低希釈度で中和が 50% 未満の血清 (20) は、20 (点線) としてプロットされます。  ID50、50% 阻害希釈。  IC50、50% 阻害濃度。

BA.2.75.2 は中和抗体を回避します。 (A) BA.2.75 (オレンジ) および BA.2.75.2 (赤、下線付き) の BA.2 との違いは、SARS-CoV-2 BA.2 RBD (pdb:7UB0) に示されています。 *は復帰を示します。 B.1 (D614G) と比較した SARS-CoV-2 オミクロン サブリネージの (B) モノクローナル抗体による中和に対する感受性、および (C) 2021 年 11 月 8 ~ 14 日にスウェーデンのストックホルムで提供された血液からランダムにサンプリングされた血清 (N=18) )、(D) 2022 年 4 月 11 ~ 17 日 (N=18) および (E) 2022 年 8 月 29 日 ~ 9 月 4 日 (N=16)。 テストされた最低希釈度で中和が 50% 未満の血清 (20) は、20 (点線) としてプロットされます。 ID50、50% 阻害希釈。 IC50、50% 阻害濃度。

結論

結論として、この研究では、SARS-CoV-2 Omicron バリアントの 3 つの新たな亜系統、すなわち BA.4.6、BA.2.10.4、および BA.2.75 に対する臨床使用および前臨床試験におけるさまざまなモノクローナル抗体の中和効力をテストしました。 .2. これらの亜系統の中和における血清有効性もテストされました。

広く使用されているモノクローナル抗体である cilgavimab と tixagevimab は、Evusheld ワクチンとして個別に、または組み合わせて使用​​されており、3 つの亜系統に対してほとんど効力がありませんでした。 試験したすべての亜系統を中和できる唯一のモノクローナル抗体は、ベブテロビマブでした。 血清抗体は、BA.4.6 および BA.2.10.4 に対する中和効力の低下も示しました。 BA.2.75.2 亜系統は、最も高い中和回避を示しました。

全体として、結果は、出現したオミクロン亜系統が体液性免疫を逃れる能力を改善する突然変異を持っていることを示しており、改善されたモノクローナル抗体と抗ウイルス方法の必要性を強調しています。

*重要なお知らせ

bioRxiv は、査読されていない暫定的な科学レポートを発行しているため、決定的なものと見なしたり、臨床診療/健康関連の行動をガイドしたり、確立された情報として扱ったりするべきではありません

ジャーナルの参照:

Omicron 亜系統 BA.2.75.2 は、中和抗体からの広範な回避を示します: Daniel J Sheward、Changil Kim、Julian Fischbach、Sandra Muschiol、Roy A Ehling、Niklas K Björkström、Gunilla B Karlsson Hedestam、Sai T Reddy、Jan Albert、Thomas P Peacock 、ベン・マレル。 bioRxiv。 2022年。



Source link