研究は、米国とヨーロッパで冬に COVID-19 の活動がピークに達することを示しています

Study: Seasonal trends in COVID-19 cases, hospitalizations, and deaths in the United States and Europe. Image Credit: fanasiev Andrii / Shutterstock


Research Square* プレプリント サーバーに投稿された最近の研究では、コロンビア大学メールマン公衆衛生大学院、ファイザー社、アイオワ大学の研究者が、2019 年のコロナウイルス病 (COVID-19) の症例、入院、入院に見られる季節的な傾向を評価しました。死亡者(数。

冬には、いくつかの呼吸器ウイルスが特定説(推定)の季節パターンに従って病気の波を引き起こします。 宿主の外でのウイルスの安定性に影響を与えることが知られている屋内活動の増加と季節的な天候の変化に加えて、これらの傾向はおそらく宿主、病原体、および環境要因の合流の結果です. したがって、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス 2 (SARS-CoV-2) が現在、これらの他の呼吸器ウイルスと同様の季節的パターンに従うか、最終的に続くかを判断するには、広範な研究が必要です。

研究について

現在の研究では、研究者は、時系列モデルを使用して、米国とヨーロッパで COVID-19 の症例、入院、および死亡で観察された季節的パターンを評価しました。

生態学的調査は、疫学における観察研究の報告強化 (STROBE) 基準に準拠して実施されました。 Our World in Data (OWID) GitHub リポジトリを使用して、米国、英国、およびすべての EU 加盟国について、国別に観察された人口 100 万人あたりの COVID-19 感染、入院、および死亡の毎日の割合を取得しました。 この研究に利用されたデータは、国ごとに入手可能な 2020 年 3 月 1 日から 2022 年 7 月 31 日の間に記録されました。

チームは、Prophet 時系列モデルを使用して、COVID-19 の症例、入院、死亡に対応する国別の毎日の時系列レートを個別に分解しました。 さらに、時系列モデルは国家ストリンジェンシー指数に合わせて調整されました。

結果

研究結果は、このモデルが、2021 年 11 月から 4 月の間に記録されたすべての SARS-CoV-2 感染、入院、および死亡率にわたって一貫した明確な年間季節性を示したことを示しました。年間季節成分の症例に対する追加の影響は、1 月から 3 月の間に最も顕著でした。 2021 年、1,000,000 人あたり 905 件のピーク追加季節率値が観察されました。

研究: 米国とヨーロッパにおける COVID-19 の症例、入院、および死亡の季節的傾向。 画像クレジット: fanasiev Andrii / Shutterstock

11 月から 4 月の間に 100 万人あたり最大 100 人の季節性入院が認められたため、入院の年間の季節的要素は季節間の明確な違いを示しました。 11 月から 2 月に主に集中する年間季節効果の結果として、1,000,000 人あたり 2 人が追加で死亡したため、COVID-19 関連の死亡率は、年間季節成分で同様のパターンを示しました。 評価されたすべての国が同様のパターンを示しました。 12 の米国インフルエンザ シーズンにわたって 12 月から 4 月の間に一貫して観察されたパンデミック前のインフルエンザの年間季節性は、COVID-19 の発生率について記述された正確なモデル仕様によっても実証されました。

2009 年 10 月から 2021 年 12 月までの月ごとのインフルエンザ陽性率中央値年間季節成分のヒートマップ。データソース: 世界保健機関

2009 年 10 月から 2021 年 12 月までの月ごとのインフルエンザ陽性率中央値年間季節成分のヒートマップ。データソース: 世界保健機関

結論

調査結果によると、COVID-19 の感染は年間を通じて継続的に発生しているにもかかわらず、COVID-19 の症例、入院、および死亡の数は、米国とヨーロッパで冬のウイルス呼吸シーズンに最も高かった。 したがって、研究者は、新型コロナウイルス感染を抑制するためにインフルエンザ予防に採用されているのと同様の時間枠で、季節性ブースターワクチンまたはその他の非医薬品介入の一般市民への投与など、SARS-CoV-2 に対する毎年の予防措置を使用することを提案しています。 .

*重要なお知らせ

Research Square は、査読されていない暫定的な科学的レポートを発行しているため、決定的なものと見なしたり、臨床実践/健康関連の行動をガイドしたり、確立された情報として扱ったりするべきではありません。



Source link