コンパニオンアニマルにおけるSARS-CoV-2の臨床的および疫学的特徴

Study: Clinical and epidemiologic features of SARS-CoV-2 in dogs and cats compiled through national surveillance in the United States. Image Credit: Lindsay Helms / Shutterstock


Research Square* プレプリント サーバーに投稿された最近の研究では、研究者は犬と猫におけるコロナウイルス病 2019 (COVID-19) の臨床的および疫学的特徴を調査しました。

メンタルヘルスへのメリットを含む、ペットを飼うことの多くの有益な効果が科学的に確立されています。 コンパニオン アニマルは、2020 年 2 月 29 日から 2021 年 12 月 31 日までに国際獣疫事務局 (WOAH) に報告された全動物の 60% を占めており、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス 2 ( SARS-CoV-2) ミンクを養殖した後。 しかし、国内および国際レベルでは、コンパニオン アニマルにおける SARS-CoV-2 などの人獣共通感染症の病原体の伝染を特定説(推定)するための監視活動は限られています。

研究:米国の全国調査を通じて編集された、犬と猫におけるSARS-CoV-2の臨床的および疫学的特徴。 画像著作権: Lindsay Helms / Shutterstock

研究について

今回の研究では、米国の研究者が疾病管理予防センター (CDC)、米国農務省 (USDA)、およびテキサス A&M 大学は、受動的および能動的の両方を通じて発見された米国のコンパニオンアニマルにおける SARS-CoV-2 の臨床的および疫学的特徴について説明しました。監視。

動物の SARS-CoV-2 症例は、受動的または積極的な監視によって米国で検出されます。 たとえば、ペットの飼い主がコンパニオン アニマルを獣医クリニックや病院に連れて行く場合、多くの場合、ケースの識別は受動的な監視によって開始されます。 その後、サンプルはSARS-CoV-2検査のためにさまざまな獣医診断研究所に送られます。 さらに、既知の SARS-CoV-2 暴露または SARS-CoV-2 感染を示唆する臨床症状を持つ動物は、積極的な監視を通じて、保健当局または研究者によって積極的に求められています。 これらには、家庭、動物園、動物保護施設、動物救助、動物リハビリテーション施設、および人と動物の両方が関与する獣医クリニックでの SARS-CoV2 感染に関する One Health の共同研究が含まれます。

米国のケース定義によると、次の条件のいずれかに該当する場合、動物は米国農務省国立獣医サービス研究所 (USDA-NVSL) で SARS-CoV-2 陽性であることが確認されています: (1) SARS- CoV-2 配列は、疑わしいまたは推定陽性の動物標本から直接生成された、またはその動物から得られたウイルス分離株から間接的に生成された、または (2) 疑わしいまたは推定陽性の動物からの血清学的サンプルは、SARS-CoV-2 中和抗体の存在を示した.

次の要件を満たす犬と猫のサンプルは、USDA-NVSL に提出する必要がありました。 Ct) 値が 30 未満。 (2)異常な罹患率および死亡率のイベントに関連しています。 または(3)アルファ、デルタ、およびオミクロンのバリアントを含むSARS-CoV-2バリアントに感染している疑いがある、または感染していることがわかっている。

影響を受けた身体システムに基づいて、研究者は臨床指標を 3 つのカテゴリーに分類しました: 咳、息切れ、呼吸困難、くしゃみ、鼻汁、眼脂などの呼吸器症状、嘔吐や下痢などの胃腸症状、および嗜眠、食欲不振、発熱などの特定説(推定)の症状)。 さらに、SARS-CoV-2 に感染したコンパニオン アニマルの感染と免疫応答のタイムラインを理解するために、COVID-19 感染者への曝露後に ct 値とウイルス中和 (VN) 力価を測定しました。

SARS-CoV-2 RT-PCR および SARS-CoV-2 VN 力価の結果は、暴露の疑いのある日に観察されたものと比較されました。 経口スワブと鼻スワブの幾何平均力価と最低 Ct 値を 2 日ごとに計算しました。 COVID-19 感染が確認された動物について、平均 Ct 値と対数変換された幾何平均ウイルス中和抗体価が決定されました。

結果

2020 年 3 月から 2021 年 12 月までの間に、米国の 33 州で観察された約 345 頭の動物が SARS-CoV-2 の検査で陽性でした。109 頭の猫と 95 頭の犬を含むそれらのほぼ 59% がコンパニオン アニマルであり、コンパニオン アニマルの症例の 94% がコンパニオン アニマルでした。 COVID-19陽性者との最初の接触を含む受動的監視によって発見された.

猫 (n = 55; A) および犬 (n = 42; B) で報告された臨床症状。 臨床徴候のある 97 匹の動物のうち、表示されている各臨床徴候の割合が種ごとに示されています。 特定の動物が複数の臨床徴候を示す場合があるため、パーセンテージは、個々の動物ではなく、示された徴候の数によって計算されます。

猫 (n = 55; A) および犬 (n = 42; B) で報告された臨床症状。 臨床徴候のある 97 匹の動物のうち、表示されている各臨床徴候の割合が種ごとに示されています。 特定説(推定)の動物が複数の臨床徴候を示す場合があるため、パーセンテージは、個々の動物ではなく、示された徴候の数によって計算されます。

研究結果は、コンパニオン アニマルの 52% がサンプリング時に文書化された臨床的徴候を持っていなかったのに対し、48% は SARS-CoV-2 感染と一致する臨床徴候を持っていたことを示しました。 これは、使用する監視の種類によって大きく異なります。 受動的監視によって発見された動物の 72% が臨床症状を示しましたが、能動的監視によって発見された動物の 27% のみが徴候を報告しました。

最も典型的な臨床徴候を示す動物は、非特異的および胃腸症状と比較して、呼吸器症状を有すると報告された。 臨床症状のある動物のうち、猫の 21% と 16% がくしゃみと無気力を経験し、犬の 16% と 20% がそれぞれ咳と無気力を経験しました。

COVID-19 陽性であることが確認された 204 匹のコンパニオン アニマルのうち、45% が VN 単独で、33% が RT-PCR のみで、23% が VN と RT-PCR の両方で陽性でした。 RT-PCR データを使用して陽性であることが証明されたすべてのコンパニオン アニマルの平均 Ct 値は 28.6 でした。 確認されたすべての COVID-19 陽性のコンパニオン アニマルの VN 抗体価の中央値は 64 で、8 から 512 の範囲でした。これらの中で、犬の抗体価は 8 から 128 の範囲で、抗体価の中央値は 32 でしたが、猫の抗体価は 32 から 512 の範囲でした。力価の中央値は 128 です。

結論

研究結果によると、犬や猫などのコンパニオン アニマルは、多くの場合飼い主である COVID-19 感染者に接触した後、SARS-CoV-2 に感染することが示されました。 したがって、SARS-CoV-2 のような人獣共通感染症の伝播とウイルス発生を理解するには、人間と動物の両方を対象とした事例研究と調査が不可欠です。

*重要なお知らせ

Research Square は、査読されていない暫定的な科学的レポートを発行しているため、決定的なものと見なしたり、臨床実践/健康関連の行動をガイドしたり、確立された情報として扱ったりするべきではありません。



Source link