生命を脅かす血栓は、COVID-19 後少なくとも 49 週間は残る



COVID-19 感染により、少なくとも 49 週間、生命を脅かす可能性のある血栓のリスクが高まることが、パンデミックの第 1 波からのワクチン接種を受けていない 4,800 万人の成人の健康記録に関する新しい研究によると.

この調査結果は、COVID-19 のパンデミックにより、2020 年だけで、イングランドとウェールズだけで、心臓発作、脳卒中、および深部静脈血栓症などのその他の血栓合併症が 10,500 件増加した可能性があることを示唆していますが、個人への過剰なリスクは依然として小さく、減少しています。時間とともに。

ブリストル大学、ケンブリッジ大学、エジンバラ大学、およびスウォンジー大学が率いる大規模な研究チームが参加したこの研究では、軽度または中等度の病気の人も影響を受けたことが示されています。 著者らは、リスクの高い患者に血圧を下げる薬を投与するなどの予防戦略が、重篤な血栓の症例を減らすのに役立つ可能性があることを示唆しています.

研究者は、2020 年 1 月から 12 月までのイングランドとウェールズの全人口の匿名化された電子健康記録を調査し、COVID-19 後の血栓のリスクを他の時期のリスクと比較しました。 データは、イングランドの NHS Digital Trusted Research Environment とウェールズの SAIL Databank を介して安全かつ安全にアクセスされました。

COVID-19 と診断されてから最初の 1 週間で、人々は心臓発作や脳卒中を起こす可能性が 21 倍高くなりました。心臓発作や脳卒中は、主に血栓が動脈を塞いでいることが原因です。 これは、4 週間後には 3.9 倍の可能性に低下しました。

研究者はまた、静脈内の血栓によって引き起こされる状態を研究しました。これらには、深部静脈血栓症と肺塞栓症が含まれます。肺の血栓は致命的です。 COVID-19 と診断されてから最初の 1 週間で、静脈に血栓ができるリスクは 33 倍高かった。 これは、4 週間後には 8 倍のリスクにまで低下しました。

COVID-19後の血栓の高いリスクは研究期間中残っていましたが、26〜49週間までに動脈の血栓の可能性が1.3倍、静脈の血栓の可能性が1.8倍に低下しました.

これまでの研究のほとんどは、COVID-19 で入院した人々の血液凝固に対する COVID-19 の影響を研究していました。 新しい研究は、COVID-19が入院に至らなかった人々にも影響があったことを示していますが、その過剰リスクは重病で入院した人々ほど大きくはありませんでした.

著者らは、個人に対する血栓のリスクは依然として低いと述べています。 リスクが最も高いのは 80 歳以上の男性で、感染した 100 人に 2 人の男性が、COVID-19 感染後に脳卒中または心臓発作を起こす可能性があります。

分析されたデータは 2020 年に収集されたもので、英国で大規模なワクチン接種が展開される前であり、Delta や Omicron などの最新の COVID-19 バリアントが広まる前です。 研究者は現在、2020 年以降のデータを研究して、ワクチン接種の効果と新しい亜種の影響を理解しています。

この研究はジャーナル Circulation に掲載され、Health Data Research UK の BHF データ サイエンス センター、Longitudinal Health and Wellbeing COVID-19 National Core Study、Data and Connectivity National Core Study、長期 COVID の CONVALESCENCE 研究の支援を受けました。

ブリストル大学の医療統計学および疫学教授であり、NIHR ブリストル生物医学研究センターの所長であり、この研究を共同で主導した英国南西部の健康データ研究所長であるジョナサン・スターン氏は、次のように述べています。特に心臓発作や脳卒中の場合は非常に迅速ですが、しばらくの間上昇したままであるという発見は、私たちが理解し始めたばかりのCOVID-19の長期的な影響を浮き彫りにしています.」

入院していない人でも、最初の波で血栓のリスクが高くなることを示しました. 個人へのリスクは小さいままですが、公衆の健康への影響は相当なものになる可能性があり、パンデミックを乗り切るには、血管イベントを予防する戦略が重要になります。」


アンジェラ ウッド、ケンブリッジ大学生物統計学教授、英国心臓財団データ サイエンス センター副所長、共同研究主任

この研究を共同で主導したエジンバラ大学の臨床疫学者兼神経科医であるウィリアム・ホワイトリー博士は、「コロナウイルス感染が血栓に関連する状態のリスクに及ぼす影響は十分に研究されておらず、証拠に基づいた予防方法感染後のこれらの状態は、患者へのパンデミックの影響を軽減するための鍵となるでしょう.」

ソース:

ジャーナルの参照:

Knight、R.、他。 (2022) COVID-19 と主要な動脈および静脈血栓性疾患との関連: イングランドおよびウェールズの 4,800 万人の成人を対象とした人口規模のコホート研究。 サーキュレーション。 doi.org/10.1161/CIRCULATIONAHA.122.060785.



Source link