研究により、光線療法によるがん治療の新たな道が開かれる



がんを治療する 1 つのアプローチは、光アンケージング システムを使用した光線力学療法です。この治療では、光を使用して腫瘍のその場でがんと闘う薬剤を活性化します。 しかし、適切な薬剤は、可視光下で安定であり、低酸素環境で抗腫瘍効果があり、低エネルギーの組織透過性赤色光によって活性化される能力を備えている必要があります。これらの特性の組み合わせは達成が困難です。 今回、東京大学生産技術研究所のチームは、有機ロジウム(III)フタロシアニン錯体を初めて使用して、この特性の組み合わせを実現する新しいプラットフォームを開発しました。

従来の光力学技術は、腫瘍細胞を破壊するために活性酸素種の形成に依存していますが、多くの腫瘍には酸素が不足している環境が含まれています。 薬剤が不活性な形で投与され、腫瘍の位置で活性化または「アンケージング」される光アンケージング システムは、この問題に対処します。 それらは、酸素の存在の有無にかかわらず細胞死を誘発できることが知られているアルキルラジカルを解放します。 アルキルラジカルは、酸素の存在下で末端アルデヒドに変換され、これらの末端アルデヒドも細胞死を誘発する可能性があります。 チームは、「有機ロジウム(III)フタロシアニン(Pc)錯体」と呼ばれる分子を使用して、光アンケージング療法の新しいプラットフォームを初めて開発しました。

我々が開発した有機ロジウム(III)フタロシアニン(Pc)錯体は、合成、精製、および測定のプロセス中、周囲光の下で非常に安定していますが、赤色光のナノ秒パルスを発するレーザーによって活性化することができます。」


筆頭著者 村田 啓

これらのナノ秒パルス レーザー (10 億分の 1 秒のパルス) は、医療スタッフにとって比較的扱いやすいものです。

彼らはさらに、有機ロジウム(III)フタロシアニン(Pc)複合体が活性化された後に放出された化合物が、癌から発生した細胞株であるHeLa細胞に対して毒性を示したことを示し、これらの化合物が放出された場合、癌と闘う能力があることを示した.腫瘍の中に。

「私たちの新技術は、多種多様なアルキルラジカルとアルデヒドの光化学的生成を可能にし、さまざまな生理活性分子の部位選択的放出を可能にします」と主任著者の石井一幸は述べています。 他の光アンケージング システムの改良として、光療法によるがん治療に刺激的な新しい道を開きます。

ソース:

東京大学生産技術研究所

ジャーナルの参照:

村田浩二 他 (2022) 有機ロジウム(III) フタロシアニン錯体からのアルキルラジカルの 2 光子、赤色光アンケージング。 ケミカルコミュニケーション。 doi.org/10.1039/D2CC03672J.



Source link