がん、妊娠前の化学療法は思春期および若年成人女性の死産リスクを増加させない



UTHealth Houston の Caitlin C. Murphy, PhD, MPH が主導した研究によると、がんと診断され、妊娠前に化学療法を受けた思春期および若年成人の女性は、死産のリスクが高くはありませんでした。

この研究は最近、Journal of the National Cancer Institute のオンライン版に掲載されました。

後に妊娠するがんの思春期および若年成人女性の出生結果に関する研究はほとんどありません。 この研究は、癌と化学療法が死産のリスクを増加させないようであることを明らかにし、癌後に健康な子供を出産する能力について心配している女性にとって非常に重要な情報を提供します.」


Caitlin C. Murphy、ヒューストンの UTHealth School of Public Health の健康増進および行動科学の准教授

この論文の共著者の 1 人である Andrea C. Betts 氏 (PhD、MPH) にとって、調査結果は個人的なものでした。

「私が最初の子供を妊娠していたとき、私の過去のがん治療が私の子供にどのように影響するかについての情報はほとんどありませんでした」と、学校のダラスキャンパスの研究者であるベッツは言いました. 「私の OB が私に言えることは、『リスクが増大している可能性が高い』ということだけでした。 このエビデンスのギャップを埋め始め、がん後に子供を持ちたいと願う多くの若い女性に良いニュースを提供できることは、とてもやりがいのあることです.」

化学療法や放射線治療の中には、性腺毒性のあるものがあります。つまり、卵子に損傷を与える可能性があります。 以前の研究では、子孫の健康が影響を受ける可能性があることが示唆されています。 その理論を検証するために、この研究では、テキサスがん登録所の人口ベースのデータを出生証明書と胎児死亡証明書に関連付けました。 1995 年から 2015 年までにがんと診断された 15 歳から 39 歳までの女性 8,402 人に対する 11,696 件の分娩が含まれ、一般集団の死産率と比較されました。 両群の死産率は同様で、1%未満でした。

「これは最高のヌル結果です」とマーフィー氏は語った。

Betts とともに、UTHealth School of Public Health の共著者には、ダラス キャンパスの Marlyn A. Allicock、PhD、MPH が含まれていました。 サンアントニオキャンパスのL. Aubree Shay、PhD、MSW。 ヒューストン キャンパスの Sharice M. Preston 博士。

全員が、2020 年に UTHealth School of Public Health で結成された Adolescent and Young Adult (AYA) Scholarship, Training, and Research (STAR) Lab の調査員チームの一員です。彼らの専門知識には、行動科学、介入開発、疫学、プログラムが含まれます。評価、健康格差。

他の共著者は、カリフォルニア州バークレーにある公衆衛生研究所のバーバラ A. コーン博士でした。 ベイラー医科大学の Philip J. Lupo 博士、公衆衛生学修士。 UT Southwestern Medical Center の Sandi L. Pruitt 博士、公衆衛生学修士。

ソース:

ジャーナルの参照:

マーフィー、CC、他。 (2022) 思春期および若年成人のがんによる死産: 集団ベースの研究。 国立がん研究所のジャーナル。 doi.org/10.1093/jnci/djac168.



Source link