エピジェネティックな遺伝子サイレンシングが進行性乳がんおよび卵巣がんの予測因子であることが判明



JAMA Oncology に掲載された最近の研究で、ベルゲン大学の研究者は、米国の Women’s Health Initiative (WHI) 研究と協力して、正常組織におけるエピジェネティックな遺伝子サイレンシングがトリプルネガティブ乳がんの予測因子であると報告しました ( TNBC) および高悪性度の漿液性卵巣がん (HGSOC)。 これらは、深刻な予後を伴う攻撃的な腫瘍タイプです。

乳癌タイプ 1 遺伝子 (BRCA1) は、遺伝性乳癌および卵巣癌の家族で最も変異が多い遺伝子です。 この研究では、研究者らは、BRCA1 のモザイクメチル化レベルが低い女性は、TNBC のリスクが 2.5 倍、HGSOC のリスクが 1.8 倍高いことを発見しました。

この研究を率いる研究者であるロニング教授は、次のようにコメントしています。

「これらの発見は、これらのがんのかなりの割合がどのように発生するかを理解する上で重要な意味を持つ可能性があります。以前、新生児の臍帯血で同様の低レベルの BRCA1 モザイク メチル化が検出され、そのようなメチル化が出生前に発生する可能性があることが示されました。 WHI と共同で実施された本研究では、がん診断の何年も前に採取された血液サンプル中の BRCA1 メチル化が、HGSOC と同様に TNBC のリスク上昇と関連していることがわかりました。このようなメチル化が胚の段階で起こるという事実は、それが環境の影響または他の要因に関連している可能性があるかどうかにかかわらず、これが起こる理由を見つける必要があることを意味します.他の既知の癌リスク遺伝子にも影響を与え、もしそうなら、他の癌形態への引き金となる要因になる.」

ソース:

ジャーナルの参照:

ロニング、PE、他。 (2022) 構成的 BRCA1 メチル化と、トリプルネガティブ乳がんおよび高悪性度漿液性卵巣がんの発生リスク。 JAMAオンコロジー。 doi.org/10.1001/jamaoncol.2022.3846.



Source link