オミクロン亜変種中和に対するワクチン接種誘発反応

Study: Post-vaccination neutralization responses to Omicron sub-variants. Image Credit: Naeblys/Shutterstock


medRxiv* プレプリント サーバーに投稿された最近の研究で、研究者は、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス 2 (SARS-CoV-2) オミクロン バリアントのサブバリアント (BA.1、BA.1.1、BA.2、BA. 2.12.1、BA.3、および BA.4/5) 中和。 彼らはまた、武漢-Hu-1 株 (プロトタイプ) 抗原と比較して、Omicron サブバリアントの交差中和応答の比較評価を行いました。

研究: オミクロン亜種に対するワクチン接種後の中和反応。 画像著作権: Naeblys/Shutterstock

Omicron の絶え間ない進化と、それに伴うより高い伝染性と免疫回避性を備えた亜変種の出現により、ワクチン接種による交差中和反応が低下し、ワクチン接種の有効性が脅かされています。 インビトロ研究では、非オミクロン感染の既往歴のある回復期およびワクチン接種済みの個人の間で、オミクロン スパイク (S) タンパク質に対する Ab (抗体) 機能が著しく低いことが報告されています。

研究について

現在の研究では、研究者はコロナウイルス病 2019 (COVID-19) ワクチン接種によって誘発されるオミクロン亜変種中和反応を評価しました。

PubMed、medRxiv、bioRxiv などのデータベースは、2021 年 11 月 26 日から 2022 年 7 月 25 日の間に検索され、Omicron サブバリアントに対する COVID-19 ワクチン接種後の中和抗体 (nAb) 応答を評価する研究が行われました。 この研究は、文献レビューの補助的なものでした。 これには、世界保健機関 (WHO) が承認した COVID-19 ワクチンによって誘発された 1 つ以上の Omicron サブバリアントに対する nAb 応答を評価する、公開された研究またはプレプリントのみが含まれていました。 また、直近のワクチン接種から 6 か月以内に得られたサンプルも分析しました。

データは、中和アッセイ、参照 SARS-CoV-2 株、サンプルサイズ、ワクチン接種量、ワクチン接種の種類、直近のワクチン接種からサンプル収集までの期間、武漢-Hu-1 株の nAb 力価、および Omicron の亜変種とサンプルで取得されました。検出可能なnAb力価またはプロトタイプ株と各サブバリアントの割合。

サロゲート中和アッセイが使用され、免疫抑制された個人がサンプリングされ、研究コホートが事前に選択された低応答者または高応答者で構成されている場合、研究は除外されました。 ハイブリッド (自然感染およびワクチン接種) 免疫を持つ個人の 20% を超える研究も除外されました。 相互および武漢-Hu-1 株と比較した Omicron サブバリアント nAb 力価の減少率の中央値を評価し、株ごとのレスポンダーのパーセンテージの中央値を計算しました。

結果

合計で 6,318 件の研究の抄録がスクリーニングされ、そのうち 213 件の研究のみが全文レビューに適格であり、そのうち 153 件が最終分析の対象となった。 約 80% (n=122 の研究) の研究では、Wuhan-Hu-1 株に関連するオミクロンの亜変種の倍数減少を評価し、22% (n=33) の研究は、Omicron BA.1 に関する他のオミクロンの亜変種の倍数減少を評価し、88 の研究は% (n=135) は、1 つ以上の Omicron サブバリアントに対する応答のパーセンテージに関するデータを提供しました。

含まれる研究の中で、一次COVID-19ワクチン接種後、武漢-Hu-1株に関するnAb力価のサブバリアントごとの減少倍率は、Omicron BA.3の4.2倍の減少からOmicron BAの22倍まで、幅広い変動を示しました。 .4/5. ブーストされた個人の間で、オミクロン BA.4/5 サブバリアント (13 倍) を除いて、すべてのオミクロン サブバリアント (6 倍から 7 倍の間) で倍の減少は同等でした。

一次ワクチン接種およびブースターワクチン接種後に誘導された nAb 力価は、Omicron BA.1 と比較して倍数減少が高かった (2 倍高かった) BA.4/5 を除いて、すべての Omicron サブバリアントで同様でした。 COVID-19 の初回ワクチン接種後、Omicron サブバリアントごとのレスポンダーの割合は、Wuhan-Hu-1 株 (96%) と比較して低かった (34% から 57%)。 それでも、ブースターワクチン接種後に増加しました (85% から 93% の間)。

含まれている研究のうち、82% (n=125 の研究) が、武漢-Hu-1 株に関連する 1 オミクロン亜変種以上の倍数減少に関するデータを提供しました。 COVID-19 の初回ワクチン接種後、武漢-Hu-1 株に関連する減少率は、オミクロン BA.3 で 4.2 倍、オミクロン BA.4/BA で 22 倍の範囲で、すべてのオミクロン亜変種で大きかった。 .5 サブバリアントであり、すべてのワクチン プラットフォームで観察され、タンパク質サブユニット ベースの COVID-19 ワクチンによる最大の減少 (42.5 倍) でした。

武漢-Hu-1株に関連するOmicron BA.1に対する減少倍率は、メッセンジャーリボ核酸(mRNA)COVID-19ワクチンの方が、ベクターベースのワクチン(12倍)および不活化よりも高かった(21倍) COVID-19 ワクチン (11 倍)。 さらに、mRNA ワクチンを含む異種 COVID-19 ワクチン接種戦略の減少率は大きかった (22 倍)。

ブースターワクチン接種後、Wuhan-Hu-1プロトタイプに関連するOmicronサブバリアントのnAb力価の倍数減少は、一次ワクチン接種後に観察されたものほど顕著ではなく、Omicron BA.2の6倍からOmicronの13倍の範囲でした。 BA.4/5。 ベクターベース、不活化、およびタンパク質ベースのワクチンによるオミクロン BA.1 の nAb の減少率の中央値は、mRNA ワクチンの場合と比較して、8 倍、9 倍、10 倍、および 6 倍でした。 ただし、結果は不均一でした。

全体として、この研究結果は、武漢-Hu-1株に関連するオミクロン亜変種のnAb力価の倍数減少が、COVID-19の一次ワクチン接種後にかなり変動したが、追加ワクチン接種後は同様であったことを示した。どちらの倍率が高かったか。 調査結果は、ワクチンの有効性が Omicron サブバリアント、特に BA.4/5 では低い可能性が高いことを示しました。

*重要なお知らせ

medRxiv は、査読されていない暫定的な科学レポートを公開しているため、決定的なものと見なしたり、臨床診療/健康関連の行動をガイドしたり、確立された情報として扱ったりするべきではありません。



Source link