持ち家は予想より幸福度が低いことが研究で判明


私たちは何が自分を幸せにするかを予測するのが得意ではありません。 これは、バーゼルのエコノミストによる調査から得られた 1 つの発見です。 彼らは、家を購入することが人生の満足度に及ぼす影響を調査しました。 幸福へのプラスの効果は、人々が期待したほど長くは続きませんでした。

大きな庭、より多くのスペース、または家族や友人からの称賛。 家を所有する理由はさまざまですが、目標は同じです。最終的には、幸福への投資を目的としています。 バーゼル大学ビジネス経済学部のアロイス・シュトゥッツァー教授とレト・オーデルマット博士は、住宅購入者が期待する生活満足度の向上が、自分の4つの壁に引っ越した後に実際に実現したかどうかを調べました。 彼らの結果は、Journal of Happiness Studies に概説されています。

著者は、ドイツの社会経済パレス (GSOEP) に記録された、ドイツの 800 人を超える将来の住宅所有者の声明を評価しました。 データセットには、人々の期待される生活満足度と実際の生活満足度に関する情報が含まれています。 回答者は、0 から 10 の尺度で、現在の幸福度を評価し、5 年後にどの程度になるかを予測するよう求められました。 結果は、家を所有することで実際に幸福度が高まることを示していますが、将来の住宅所有者自身が予測するほどではありません。

ステータス意識が楽観主義を膨らませる

将来の生活の満足度に関する質問のタイミングは、新しい家がどのように見えるかについての参加者の認識に合わせて選択されました。つまり、引っ越しの 3 か月前から 1 年後までの間です。 これにより、参加者は新しい家がどのようなものになるかについて具体的な考えを持つことができましたが、適応効果はまだ始まっていませんでした. Reto Odermatt 氏は次のように述べています。 「一方で、自分の家に引っ越した後の将来の生活の満足度を予測するとき、人々は適応を完全に無視しているようです.」 したがって、参加者は住宅所有の中期的な付加価値を過大評価していました。

しかし、参加者の間には違いがありました。家族や友人が比較的重要な手はそうではなかった」と研究者は指摘した.

これは、人々が決定を下す際に必ずしも自分の好みに従うとは限らず、むしろ自分の好みに関する信念 (時には歪んだもの) に従うという現実を強調しています。 これらの信念は、社会化、親、または広告で伝えられる価値観などの外的要因の影響を受ける可能性があります. オデルマットによれば、この種の影響が個人の認識にどのように影響し、それによって意思決定にどのように影響するかについてもっと知ることは、たとえば商業的利益による操作と戦うために政治的に役立つ可能性があります.

私たちは必ずしも自分にとって何が良いのかを知っているわけではありません

「経済学では、私たちは一般的に消費者主権を前提としています。言い換えれば、私たちは自分にとって何が良いかを知っているということです。」 しかし、この研究は、人々が意思決定の幸福度を誤って推定し、それによって最善の利益のために行動しない可能性があることを示しています.

この傾向に対抗するには、特に重要な決定を下す前に、自分自身の価値観を検討する価値があります。 「物質的価値は過大評価される傾向があり、しばしば不正確な予測につながります。したがって、内的価値は、外的価値よりも人生の幸福を探すためのより良いコンパスであるように思われます」とエコノミストは結論付けています.

ストーリーソース:

バーゼル大学提供資料。 注: コンテンツは、スタイルと長さのために編集される場合があります。



Source link