中国でCOVID-19で入院した患者の2年間の健康転帰は?

Study: Two-Year Health Outcomes in Hospitalized COVID-19 Survivors in China. Image Credit: Hananeko_Studio/Shutterstock


重症急性呼吸器症候群コロナウイルス-2 (SARS-CoV-2) の急速な発生によって引き起こされた進行中のコロナウイルス病 2019 (COVID-19) パンデミックは、世界中で 652 万人以上の命を奪っています。 ゲノム変異によるSARS-CoV-2バリアントの出現により、パンデミックが長引いています。 Omicron や Delta などの一部の SARS-CoV-2 バリアントは、先祖の株よりも伝染性が高く、病原性が高い。

研究: 中国の入院中の COVID-19 生存者における 2 年間の健康転帰。 画像著作権: Hananeko_Studio/Shutterstock

バックグラウンド

ほとんどの COVID-19 患者は急性感染症から回復しますが、認知、身体、および心理的な問題に関連する長期にわたる健康状態を経験し、生活の質に大きな影響を与える患者もいます。 したがって、退院したCOVID-19患者の定期的なフォローアップを実施することが重要です。 これらの研究は、SARS-CoV-2 感染に関連する症状負荷の軌跡と長期的な健康転帰を理解するのに役立ちます。

以前の研究では、集中治療室 (ICU) 治療を必要とした COVID-19 患者は、退院から 1 年経った後も身体的、精神的、または認知的症状を経験し続けていることが明らかになりました。 COVID-19 関連の症状が持続する期間を理解することは不可欠です。

最近の JAMA Network Open の研究では、退院後 2 年間 SARS-CoV-2 感染を生き延びた人々の COVID-19 症状負荷の動的な軌跡と症状の持続性が評価されました。

研究について

この縦断的コホート研究では、科学者は、太康同済病院と火神山病院から解放された COVID-19 生存者に関するデータを収集しました。 どちらの病院も中国の武漢にあります。

すべての参加者は、退院後 1 年目と 2 年目に電話でインタビューを受けました。 2 年目の追跡調査は、2022 年 3 月 1 日から 2022 年 4 月 6 日の間に実施されました。

電話インタビューとは別に、すべての参加者は、慢性閉塞性肺疾患 (COPD) 評価テスト (CAT) とともに、自己申告による症状アンケートも提供しました。 参加者の症状は、問題なし、軽度の問題、中等度の問題、または重度の問題として記録されました。 COVID-19 の持続的な症状が少なくとも 1 つある患者は、COVID-19 が長期化したことを表しています。

調査結果

合計 370 人の患者、つまり研究コホートの 19.8% が、2 年間の退院後に COVID-19 の症状を経験していることがわかりました。 研究コホートの 12.0% が持続的な症状を報告しましたが、患者の 7.8% は、最初の年のフォローアップで軽度の症状の報告されたレベルからの新たな発症または悪化した症状を経験しました。

参加者が経験したいくつかの一般的な症状は、胸の圧迫感、疲労、呼吸困難、筋肉痛、および不安でした. 症状の大部分は時間の経過とともに消失しました。 呼吸困難は長く続きましたが、1年後には軽減しました。 この研究の発見は、時間の経過とともに症状が減少する傾向を明らかにした以前の研究と一致していました.

この研究では、症状が持続するリスクが高いのは ICU への入院と関連していました。 さらに、脳血管疾患患者のCOVID-19感染は、新たな症状の発現と関連していました。 参加者の 6.2% が少なくとも 10 の CAT スコアを示しました。現在の研究では、入院中に ICU ケアを必要とした、または慢性肝疾患を患っていた回復した COVID-19 患者では、症状が持続するリスクが高いことが観察されました。

慢性肝疾患は、症状が持続するリスクに関連する重要な要因として特定説(推定)されました。 さらに、CAT スコアが 10 以上の場合、COVID-19 の症状が長引く可能性が高いことも示されました。

研究の制限

著者らは、年齢が一致し、併存疾患が一致した対照群がないことなど、いくつかの制限を強調しました。 この制限により、患者の急性疾患の長期症状を特定説(推定)することはできませんでした。 現在の研究のもう1つの欠点は、フォローアップ中に参加者、特に高齢の患者が失われたことです。 年齢分布は、COVID-19 後の症状の効果修飾子と見なされるため、重要な側面です。

現在の研究では、診断ツールの代わりに自己申告の症状アンケートも使用されており、参加者の主観によるバイアスのリスクが高まります。 この研究で考慮された症状の数は、100 を超える COVID-19 関連の症状が報告されているという事実を考慮すると、少数でした。 SARS-CoV-2 変異体の出現は風土病的であり、本研究で分析されたデータと比較して病原性と長期的な後遺症を変えた可能性があります。

結論

退院から 2 年後の COVID-19 生存者を含む現在の縦断的コホート研究では、疲労、不安、胸の圧迫感、呼吸困難、筋肉痛が長期間持続する一般的な症状が明らかになりました。 これらの症状のほとんどは消失しましたが、呼吸困難は時間の経過とともに低下したレベルで持続しました。 ICU への入院が必要な重症の COVID-19 患者は、症状が持続するリスクが高かった。 この研究は、COVID-19 生存者の健康転帰の動的な軌跡に関する洞察を提供しました。



Source link