中和抗体応答、画期的な SARS-CoV-2 感染、ブースター BNT162b2 COVID-19 ワクチン接種後の症状


medRxiv* プレプリント サーバーに投稿された最近の研究で、研究者はファイザー-BioNTech の BNT162b2 によるブースター ワクチン接種 (3 回目の接種) によって誘発された重症急性呼吸器症候群コロナウイルス 2 (SARS-CoV-2) Omicron バリアントに対する中和抗体 (nAb) 応答を評価しました。メッセンジャーリボ核酸(mRNA)ワクチン。 彼らはまた、血清学的 nAb 力価、ブレークスルー感染のリスク、およびコロナウイルス病 2019 (COVID-19) の症状との関連性を評価しました。

研究: BNT162b2 ワクチンの 3 回の投与後の中和抗体、ブレークスルー感染、およびオミクロン優勢波中の症状。 画像著作権: Christoph Burgstedt/Shutterstock

研究では、COVID-19 ワクチンの 2 回接種 (プライムワクチン接種) が、懸念される SARS-CoV-2 バリアント (VOC) に対する免疫保護を付与したことが報告されています。 ただし、ワクチン接種による血清学的免疫は、時間の経過とともに低下することが報告されています。 Omicron などの SARS-CoV-2 VOC が継続的に出現し、免疫回避性と感染性が高くなり、最終的に免疫力が低下することから、追加ワクチン接種が必要になりました。

ただし、オミクロン波の間のワクチン誘発性免疫応答、感染リスク、および関連する症状との関連に関するデータは限られています。 本研究の著者は、2021 年 12 月に NCGM が実施した症例対照研究の 4 回目の調査に回答した、東京の 3 次病院の NCGM (国立国際医療センター) スタッフ メンバーを以前に分析しました。

研究について

現在の研究では、研究者は、オミクロンに対するブースターワクチン接種に対する体液性反応、ブレークスルー感染のリスク、およびオミクロンが優勢な期間中、つまり 2022 年 1 月から 3 月までの関連する症状を評価しました。以前のNCGM研究。

感染前の抗オミクロン ヌクレオキャプシド (N) タンパク質およびスパイク (S) タンパク質免疫グロブリン G (IgG) の力価を測定し、ブレークスルー感染のある個人 (ケース) とそうでない個人 (コントロール) を比較しました。 院内 BNT162b2 ワクチン接種は、初回接種では 2021 年 3 月から 6 月、追加接種では 2021 年 12 月から 2022 年 2 月の間に実施されました。

ブースターワクチンの有効性 (VE) は、2 回目の COVID-19 ワクチン接種と比較されました。 研究結果は、PCR (ポリメラーゼ連鎖反応) または SARS-CoV-2 抗原で確認された COVID-19 診断であり、NCGM 社内レジストリに記録されています。 50% 中和力価 (NT50) 値は、Wuhan-Hu-1 野生型 (wt) 株、Omicron BA.1 VOC、 VeroE6-TMPRSS2細胞のOmicron BA.2 VOC。

ブレークスルー感染例のうち、高熱、重度の疲労、呼吸困難、嗅覚障害、喉の痛みなどの COVID-19 関連の症状を検出するために、アンケートを使用して自己申告データを取得しました。

結果

最初に選択された 1,578 人のうち、ベースラインで 2 回未満のワクチン接種を受けた 30 人、49 人が非 mRNA ベースの SARS-CoV-2 ワクチンを投与され、21 人が COVID-19 の既往歴があり、SARS-CoV に対する検出可能な nAb が投与された-2 ヌクレオキャプシド (N) タンパク質は分析から除外されました。 その結果、1,456 人が最終分析のために考慮されました。

Omicron優勢時のSARS-CoV-2のブレークスルー感染の発生率は、初回ワクチン接種者(ワクチン接種後11ヶ月以内)よりもブースターワクチン接種者(ワクチン接種後3ヶ月以内)の方が低かった。

ブレークスルー SARS-CoV-2 感染は、2022 年 1 月 1 日から 3 月 9 日までの間に最終サンプル集団の 4% (n=60) で報告され、そのうち 55% (33 例) の感染がオミクロンによって引き起こされ、22 例が検出されました。ブーストされた個人の間で。 初回ワクチン接種に関する SARS-CoV-2 感染に対するブースター VE は 55% でした。

ブーストされた個人の中で、感染前の抗オミクロン nAb 力価と抗オミクロン S 力価に 2 つのグループ間で有意差はありませんでした。 症例群では、オミクロン BA.1 およびオミクロン BA.2 に対する nAb 力価は、SARS-CoV-2 wt に対するものよりそれぞれ 3.3 倍および 7.2 倍低かった。 オミクロン BA.2 に対する攻撃は、オミクロン BA.1 に対する攻撃よりも 2.2 倍低かった。

SARS-CoV-2 感染時に経験した症状に関して、社内レジストリから特定説(推定)された患者は、無症候性 (17%、n=10) または軽度の症状 (83%、n=50) のいずれかであり、3 人の軽症の患者 ( 6%) 入院が必要でした。 無症候性患者の割合は、ブースターワクチン接種者 (20%) の方が初回ワクチン接種者 (7%) より高かった。

症例群の中で、COVID-19 の症状を発症した個人は、無症状の個人よりも感染前の抗オミクロン BA.1 および BA.2 nAb 力価が低かった。 特に、一般的な風邪のような症状を経験した人は、Omicron BA.1 に対する感染前の nAb 力価が有意に低かった。 高熱は、オミクロン BA.2 に対する NAb 力価の低下と有意に関連し、嗅覚または味覚の喪失は、オミクロン BA.1 力価の低下と関連していました。

全体として、この研究の結果は、ブースター BNT162b2 ワクチン接種が、プライムワクチン接種と比較して、オミクロンが優勢な時期に SARS-CoV-2 感染リスクを軽減するのに効果的であることを示しました。 感染前のnAb力価が高いことは、ブーストされた個人のOmicron感染リスクの低下と相関しない可能性があります。 ただし、COVID-19 の症状の数と逆相関する可能性があります。

*重要なお知らせ

medRxiv は、査読されていない暫定的な科学レポートを公開しているため、決定的なものと見なしたり、臨床診療/健康関連の行動をガイドしたり、確立された情報として扱ったりするべきではありません。



Source link