人獣共通病原体感染の可能性があるアフリカの麦わら色のオオコウモリによるコロナウイルス排出


ジャーナル PLoS ONE に掲載された最近の研究では、研究者は、麦わら色のオオコウモリである Eidolon helvum におけるコロナウイルス (CoV) の一時的な排出パターンを評価しました。

E. helvum は、熱帯アフリカに広く分布する翼足類で、数千キロメートル移動することができます。 彼らは木にねぐらをかいてダイナミックなコロニーを形成し、数百万匹をホストします。 コウモリは、その移動により、種子のユニークな散布者と見なされます。 そのため、E. helvum の保護は熱帯アフリカにとって非常に重要です。 この種は、都市部の木々にねぐらを作ることで、生息地の喪失に適応しています。 これにより、ヒトがコウモリの排泄物や排泄物にさらされる病原性種にさらされる可能性があります。

都市部および非都市部のコウモリのコロニーで実施された研究では、ウイルス核酸の存在と、多様な分類学的ファミリーからの複数のウイルスの分離が報告されています。 ウイルスのコロナウイルス科は、この種で以前に検出されました。 しかし、この種のコウモリの CoV 排出パターンは十分に定義されていないままであり、一般的に、アフリカのコウモリの CoV 生態学の理解が不足しています。

研究: アフリカの都市のねぐらで麦わら色のオオコウモリによる季節的なコロナウイルスの排出. 画像クレジット: Ondrej Prosicky / Shutterstock研究: アフリカの都市のねぐらで麦わら色のオオコウモリによる季節的なコロナウイルスの排出. 画像クレジット: Ondrej Prosicky / Shutterstock

研究について

本研究では、研究者は E. helvum ねぐらの CoV 排出パターンを調査し、この種と人間とのより安全で倫理的な共存をサポートする現実的な戦略を提案しました。 彼らは、ガーナのアクラとタンザニアのモロゴロにある、このコウモリ種の 2 つの都市コロニーを調査しました。 アクラのコロニーは 2017 年 3 月から 2018 年 2 月まで調査され、モロゴロのねぐらは 2017 年 8 月から 2018 年 7 月まで調査されました。

各ねぐらのコウモリの数を毎月数えました。 各ねぐらから毎月 97 の糞便サンプルが収集されました。 2,328 の糞便サンプルから RNA を抽出し、cDNA ライブラリーを作成しました。 2 つのポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) アッセイを使用して、既知および新規の CoV を特定説(推定)しました。 増幅産物をクローニングし、配列決定した。 基本的なローカル アラインメント検索ツール (BLAST) 検索を実行して、配列を既存の CoV 遺伝子配列と比較しました。

コウモリの生殖周期は、1) アクラとモロゴロからの著者の以前のデータ、2) 2 つのねぐらからの以前の観察、3) 報告された出生パルスと授乳期間、4) この種の同期された年間出生パルス、および5)妊娠時、発情時、分娩時の脈拍の不均一性。 アクラでは、授乳期間の開始、出産パルスの終わり、および離乳期間の開始は、それぞれ 4 月 15 日、6 月 15 日、および 6 月 16 日であると想定されました。

モロゴロでは、チームは 12 月 15 日を授乳期間の開始日、2 月 15 日と 16 日を出生パルスの最後の日、離乳期間の開始日として割り当てました。 これらの時点の直後に残りの期間が続きました。 CoV排出と生殖周期との関連は、2つのロジスティックモデル(固定効果と階層モデル)を使用して評価されました。

パネル A は、アフリカのねぐらの位置を示しています。 パネル B は、ガーナのアクラにある 37 ミリタリー ホスピタルで使用されている樹木の一部を示しています。パネル C は、タンザニアのモロゴロにあるキクンディ マーケットでねぐらになっているコウモリを示しています。

パネル A は、アフリカのねぐらの位置を示しています。 パネル B は、ガーナのアクラにある 37 ミリタリー ホスピタルで使用されている樹木の一部を示しています。パネル C は、タンザニアのモロゴロにあるキクンディ マーケットでねぐらになっているコウモリを示しています。 https://doi.org/10.1371/journal.pone.0274490.g001

所見

モロゴロコウモリのコロニーは、2018 年 2 月に 45,000 人の住民でピークに達し、アクラのねぐらは 2017 年 12 月に 100 万人以上の住民でピークに達しました。 アクラからの14の糞便サンプルとモロゴロからの125の糞便サンプルがCoV陽性でした。 陽性糞便サンプルの毎月の割合は変動し、モロゴロで 0.24、アクラで 0.04 でピークに達しました。

授乳期と離乳期の陽性サンプルの割合は、アクラでそれぞれ 0 と 0.018、モロゴロで 0.088 と 0.153 でした。 BLAST分析により、現在の研究で特定説(推定)されたすべてのCoVが、ベータCoV属のエイドロンコウモリCoVと特定説(推定)されたペアワイズ配列を示したことが明らかになりました。

固定効果モデルによると、CoV排出のオッズは、それ以外の期間よりも1.24倍から2.65倍高かった。 授乳期と比較して、離乳期はCoV排出の確率が1.06倍から3.16倍高かった。 階層モデルは、離乳期の後半の月に、それ以外の時期に比べてCoV排出のオッズが増加することを示しました。 さらに、授乳期と比較して、離乳期のピーク時にCoV排出の確率が増加しました。

結論

要約すると、2つのねぐらからのコウモリの糞サンプルで検出されたCoVは、エイドロンコウモリCoVと高い配列同一性を持っていました。 2 つのねぐらで検出された CoV が、別の方法で証明されない限り、公衆衛生に対する脅威をもたらすことを示唆する証拠はありませんでした。 この調査結果は、両方のねぐらでのCoVの季節的な排出パターンをサポートしており、離乳期に排出がピークになります。

全体として、この結果は、人間とコウモリの接触を防ぐための資源は、離乳期に使用することを目標とし、ねぐらや隣接する地域への人間のアクセスを制限する必要があることを示唆しています。 さらに、コウモリの消費は一般的に控えるべきであり、狩猟/販売は季節的に禁止されなければなりません. 人間のコウモリへの曝露を制限するためのこれらの推奨事項は、アフリカ全土のすべての E. helvum ねぐらに適用されます。



Source link