調査によると、1,800 万人のアメリカ人が長期にわたって COVID を患っていると推定されています

Study: The epidemiology of long COVID in US adults two years after the start of the US SARS-CoV-2 pandemic. Image Credit: Dmitry Demidovich / Shutterstock


medRxiv* プレプリント サーバーに投稿された最近の研究で、研究者は、米国 (US) に居住する成人の日常活動に対するポスト コロナウイルス病 (COVID) 状態 (PCC) または長期にわたる COVID の有病率、危険因子、および影響を評価しました。 .

PCC または長期 COVID とは、COVID 2019 (COVID-19) から 4 週間以上経過した新規の再発または進行中の臨床所見または症状の診断を指します。 米国では、PCC 有病率の評価が、EHR (電子カルテ)、コホート研究、および簡便なサンプリングによる横断研究などの非人口ベースの情報源に基づいて行われてきました。 さらに、PCC の危険因子と日常活動への影響に関するデータは限られています。

調査: 米国の SARS-CoV-2 パンデミックの開始から 2 年後の、米国の成人における長期にわたる COVID の疫学。 画像著作権: Dmitry Demidovich/Shutterstock

研究について

現在の集団ベースの横断研究では、研究者は PCC の危険因子と有病率、および米国の成人個人の日常活動に対する PCC の影響を評価しました。

2022 年 6 月 30 日から 7 月 2 日まで、米国の成人 3,042 人を対象に、人口ベースの調査がスペイン語と英語で実施されました。 PCC の有病率は、英国の ONS (国家統計局) によって作成された質問に基づいて、年齢と性別のデータを調整して、社会人口学的変数によって推定されました。 潜在的に適格な個々のサンプルは、それぞれ 60,126,257 および 105,469,157 の固定電話番号と携帯電話番号から抽出されました。 さらに、オンラインオプトインパネルのサンプルは全国から集められました。

現在および以前の COVID-19 の状態が評価されました。 2022 年 7 月までの重症急性呼吸器症候群コロナウイルス 2 (SARS-CoV-2) 曝露の有病率は、現在の COVID-19 症例定義を満たすか、2022 年 7 月 15 日より前に COVID-19 に感染したことに対して肯定的な回答を提供すると推定されました。参加者は自己申告しました。集中困難、息切れ、疲労などの PCC 症状を経験した場合。

進行中の COVID-19 の回答者は、医療提供者ベースの診断、自宅での迅速な SARS-CoV-2 検査、またはSARS-CoV-2 陽性者との既知の密接な接触。 さらに、COVID-19 の既往歴がある回答者 (2022 年 6 月 15 日より前) は、医療提供者ベースの診断に基づく陽性の COVID-19 検査レポートの自己申告の回答に基づいて特定説(推定)されました。自宅での迅速なSARS-CoV-2テスト。

PCC のルーチン活動への影響は、参加者の回答に基づいて、「まったくない」、「はい、少しある」、「ほとんどない」と評価されました。 回答者は、糖尿病、がん、肥満、慢性閉塞性肺疾患 (COPD) などの肺疾患、肝臓障害、心血管障害、高血圧、臓器移植、免疫抑制状態などの合併症について質問されました。

参加者のワクチン接種状況に関するデータも得られました。 対数二項モデリングを使用して分析し、標準化された有病率と、性別および年齢で調整された有病率 (aPR) を推定しました。 さらに、性別、年齢、民族性、併存疾患、予防接種の状況、および保険の後方選択モデリングに基づいて、感度分析が行われました。

結果

最終サンプルでは、​​調査回答者の 62%、32%、および 6.0% がそれぞれ固定電話、モバイル、およびオンラインのオプトイン パネルから登録され、モダリティ全体で 7.2% の全体的な回答率でした。 PCC 患者の 44%、27%、29% が、最近 6 か月以内、6 か月から 1 年以内、1 年以上前に SARS-CoV-2 に感染したと報告しています。

合計で、222 人の回答者 (3,042 人中、7.3%) が PCC を報告し、そのうちの 25% は日常の活動が「かなり」影響を受けたと述べ、29% は 1 年以上前に COVID-19 に感染したことがあると述べました。 PCC が日常生活にかなりの影響を与えたと報告した参加者は、50 歳以上 (34%)、非ヒスパニック系白人 (34%)、無職 (36%)、または収入が 6 万未満 (対 > 6 万、33) でした。 %、aPR: 2.2)。

標準化された PCC 有病率は、25 ~ 34 歳 (10%)、35 ~ 44 歳 (9.0%)、女性 (9.4%)、非ヒスパニック系白人 (8.7%)、併存症 (10%)、仕事のある回答者の間で最大でした。 (8.9%)、20,001 ドルから 60,000 ドル (8.8%) または 60,001 ドルから 100,000 ドル (8.5%) の範囲の収入を提供します。

性別と年齢を調整したモデルでは、PCC は女性の回答者 (aPR: 1.8)、仕事を持っている (vs. 無職、aPR: 1.3) 併存症 (aPR: 1.6)、および保険 (vs. 不明またはなし) でより一般的であることが示されました。保険、aPR: 1.9)、および受けていない (vs. ブースターワクチン接種を受けている、aPR: 1.7)、またはワクチンを受けていない (vs. ブースター用量を投与した、aPR: 1.4)。 感度分析では、影響の大きさは変わらないか、または強化されました。

2022 年 7 月時点での SARS-CoV-2 曝露の有病率は 53% でした。 SARS-CoV-2 曝露の性別および年齢で標準化された有病率は、25 歳から 34 歳の間で最も高く (66%)、年齢とともに減少しました。 さらに、これまでに SARS-CoV-2 に曝露した標準化された有病率は、ヒスパニック系 (61%) の男性 (57%) と併存疾患 (60%) の間で高かった。

全体として、調査結果は、SARS-CoV-2 有病率における膨大な PCC 負担とかなりの変動性を浮き彫りにしました。 人口代表調査は、進行中の PCC モニタリングの補助として PCC サーベイランスに不可欠です。

米国に住む成人の人口代表サンプルを使用して、米国の成人人口の 7.3% (95% CI: 6.1-8.5%) に相当する約 1,850 万人の成人が長期にわたって COVID (症状が 4 回以上持続) を経験していたと推定されます。 2022 年 6 月から 7 月までの 2 週間の研究期間中に

*重要なお知らせ

medRxiv は、査読されていない暫定的な科学レポートを公開しているため、決定的なものと見なしたり、臨床診療/健康関連の行動をガイドしたり、確立された情報として扱ったりするべきではありません。



Source link