HBP 研究者は、認知機能で重要な役割を果たす 4 つの新しい脳領域の 3D マップを提供します



ヒューマン ブレイン プロジェクト (HBP) の研究者は、認知機能で主要な役割を果たす人間の前頭前野皮質の 4 つの新しい領域をマッピングしました。 新たに確認された 2 つの領域は、男性よりも女性の方が比較的大きくなっています。

人間の背外側前頭前皮質は、注意選択、作業記憶、意思決定、行動計画などの認知制御に関与しています。 この脳領域の変化は、統合失調症、強迫性障害、うつ病、双極性障害に関与している疑いがあり、重要な研究対象となっています。 Forschungszentrum Jülich と Heinrich-Heine University Düsseldorf の研究者は現在、脳領域の 4 つの新しい領域の詳細な 3 次元マップを提供しています。

脳領域間の境界を特定説(推定)するために、研究者は 10 の死後の人間の脳の細胞 (細胞構造) の分布を統計的に分析しました。 マッピングされた領域を 3D で再構築した後、研究者は 10 の異なる脳のマップを重ね合わせ、各領域の位置とサイズが個人間でどの程度異なるかを反映する確率マップを生成しました。

被験者間の高い変動性は、この脳領域をマッピングする以前の試みにとって大きな課題であり、既存のマップにかなりの不一致が生じ、決定的な情報が得られず、さまざまな認知機能における個々の脳領域の特定説(推定)の関与を理解することが非常に困難になりました。 新しい確率マップは、個人間のばらつきを説明し、領域の構造と機能を直接相関させるために、機能研究からのデータセットと直接重ね合わせることができます。

女性と男性の組織提供者の脳を比較すると、研究者は、新たに特定説(推定)された 2 つの領域の相対的な体積が、男性の脳よりも女性の方が有意に大きいことを発見しました。 この所見は、関連する脳疾患の有病率と症状だけでなく、認知機能と行動の性差に関連している可能性があります。

マップは、EBRAINS を介してオープンにアクセスできる Julich Brain Atlas に統合されています。

ソース:

ジャーナルの参照:

ブルーノ、A.、他。 (2022) 人間の前頭前野皮質の 4 つの新しい領域の細胞構築、被験者間変動、および 3D マッピング。 神経解剖学の最前線。 doi.org/10.3389/fnana.2022.915877.



Source link