米国では数十年ぶりにポリオが蔓延しています。 ブースターは必要ですか!?

photo of a white box labeled


特定説(推定)の種類のポリオウイルスがニューヨーク州ロックランド郡とその近隣地域に広がっており、世界保健機関 (WHO) は米国を国のリストに追加するよう促しています。 (新しいタブで開きます) 同様のポリオウイルスが検出された場所。 このリストには、英国、イスラエル、イエメン、アルジェリア、ニジェールなど、ヨーロッパ、アジア、アフリカの約 30 か国が含まれています。

このリストへの米国の正式な追加は、米国疾病管理予防センターによって先週発表されました (新しいタブで開きます) (CDC)とニュースは、次に何が起こるかについて疑問を投げかけました. 子供の頃にポリオワクチンの全量を接種した人は、ブースターが必要ですか? 予防接種の状況が不明な場合、またはポリオワクチンを接種していないことが確実にわかっている場合は、どうすればよいですか?

重要なことに、完全に予防接種を受けた人々がポリオのブースターを探すように広く推奨されているわけではありません.

感染症部門の医学教授であるウィリアム・シャフナー博士は、次のように述べています。テネシー州のヴァンダービルト大学医学部で。 しかし、彼は、個人がブースターを求めることが合理的であるかもしれない特定説(推定)の状況があるかもしれないと述べました.

関連: ポリオワクチンを作ったのは誰?

今のところ、保健当局の主な関心事は、一連のポリオワクチン接種をまだ完了していない人々にワクチンを接種することだと、シャフナー氏は Live Science に語った.

「ポリオの予防接種は、この衰弱させる病気と闘うための最も安全で最善の方法であり、予防接種を受けていないこれらのコミュニティの人々が、ポリオの予防接種についてすぐに最新情報を入手することが不可欠です」と、CDC の国立センターの所長である José R. Romero 博士は述べています。予防接種と呼吸器疾患について、CDCの声明で述べています。 「ポリオが治療法がない危険な病気であることは、いくら強調してもしすぎることはありません。」

ベースラインのポリオワクチンの推奨事項

CDC によると、米国では 2000 年以来、不活化ポリオ ワクチン (IPV) のみが使用されてきました。 (新しいタブで開きます). 別の種類のポリオ ワクチンである経口ポリオ ワクチン (OPV) も同様に効果的ですが、生きているが弱体化したポリオ ウイルスが含まれているため、米国では使用が中止されたと Live Science は以前に報告しています。 これらの弱体化したウイルスは、ワクチン接種を受けた人々の便に排出され、まれに、野生の自然に発生するポリオウイルスのように振る舞い、ワクチン接種を受けていない人々に病気や麻痺を引き起こす可能性があります.

このリスクにより、米国は現在IPVのみを管理していますが、「ワクチン由来の」ポリオウイルスは、OPVを使用する場所から輸入される可能性があります.

「これは、ポリオウイルスだけでなく、外国からの他のウイルス、細菌の輸入に対して、私たちがどれほど脆弱であるかを明らかにしています」とシャフナーは言いました.

ポリオを予防するために、CDC は米国の子供に IPV を 4 回接種することを推奨しています。1 回接種は生後 2 か月、4 か月、6 か月から 18 か月、4 歳から 6 歳です。 . CDC は、いくつかの「キャッチアップ スケジュール」も提供しています。 (新しいタブで開きます) 一連のワクチン接種を開始するのが遅い、または次の接種までに時間がかかる子供向け。

ポリオワクチンを接種したことがない成人は、IPV を 3 回接種する必要があります。 CDC は、これらの個人はいつでも最初の投与を受け、1 ~ 2 か月後に 2 回目の投与を受け、6 ~ 12 か月後に 3 回目の投与を受けることができると推奨しています。 過去に 1 回または 2 回の投与しか受けていない成人は、推奨される 3 回に到達するために、追加の投与を求める必要があります。

ほとんどの米国居住者は、小児期に一連のポリオ ワクチンを完了しており、一般的に後年になってブースターを接種することは推奨されていません。 「これは、ポリオワクチンから得られる非常に強固で生涯にわたる保護の証です」とシャフナーは言いました.

ポリオウイルス粒子のイラスト

ポリオウイルスは、ほとんどの場合、感染者の糞便との接触によって広がります。 (画像クレジット: KATERYNA KON/SCIENCE PHOTO LIBRARY via Getty Images)

Verifyによると、最初のポリオワクチンは1955年に利用可能になり、それ以来定期予防接種として推奨されてきました。 (新しいタブで開きます). 成人は、IPVまたは「三価」OPV(tOPV)のいずれかを少なくとも3回接種した場合、完全に予防接種を受けたと見なされます. あるいは、CDC によると、IPV と tOPV の任意の組み合わせを 4 回接種した場合、成人は完全にワクチン接種を受けていることになります。 (新しいタブで開きます).

IPV を 2 回投与すると、ウイルスが中枢神経系に侵入し、腕、脚、またはその両方に衰弱または麻痺を引き起こす場合に発生する可能性がある麻痺性ポリオに対して、少なくとも 90% 保護されます。 これは永久的な障害と死につながる可能性があります。 CDC によると、3 回の投与で少なくとも 99% の保護効果があります。

関連:アフリカは野生型ポリオウイルスの根絶を宣言

誰がポリオブースターを必要としていますか?

完全に予防接種を受けた成人が、1回限りのポリオブースターを検討する場合があります.

たとえば、ポリオウイルスの検体を扱う研究所や医療機関で働いている場合、またはポリオ患者を治療している医療従事者、またはウイルスに感染した人々の濃厚接触者と接触する可能性がある医療従事者である場合は、ブースターが推奨されます。 . ポリオに感染するリスクが「高い」国に旅行する場合は、ブースターを求めることもできます。 たとえば、世界ポリオ根絶イニシアチブによると、野生のポリオウイルスは依然としてアフガニスタンとパキスタンで蔓延しており、長期滞在者はそこに旅行する 4 週間前から 1 年前の間に IPV ブースターを取得する必要があります。 (新しいタブで開きます). (同様の推奨事項はまだ米国に適用されていません。)

これまでのところ、米国での流行で麻痺性ポリオの症例は 1 例しか検出されていません。 これは、ロックランド郡のワクチン未接種の成人で発生しました。 その後、ロックランド郡、オレンジ郡、サリバン郡、ニューヨーク市、ナッソー郡の廃水サンプルからポリオウイルスが検出されたと、ニューヨーク州保健局は報告しました。 (新しいタブで開きます).

保健局は現在、次のニューヨーカーにポリオブースターを推奨しています。

ポリオウイルスに感染していることが知られている、または疑われている人、またはそのような人の家族、またはその他の密接な接触者と密接に接触する可能性がある個人. ポリオウイルスが検出された地域で働き、ポリオウイルスまたはポリオの可能性がある患者を治療する人。 廃水に職業的にさらされる個人。

コロンビア大学バゲロス内科・外科大学のポリオウイルス専門家であるヴィンセント・ラカニエッロ氏は声明の中で、免疫系が弱まっている影響を受けた郡の人々もブースターを検討するかもしれないと述べた。 (新しいタブで開きます). また、ポリオワクチンを何回接種したかわからない場合は、追加接種を検討することもできます.

ポリオの抗体検査はいくつかありますが、2017 年の罹患率と死亡率の週報によると、3 種類のポリオウイルスすべてに対する抗体をスクリーニングする検査へのアクセスが限られているため、これらはワクチン接種状況の評価には推奨されません。 (新しいタブで開きます) CDC によって公開されています。 「3つの血清型すべてに対する抗体検査が利用できないため、免疫を評価するために血清学的検査はもはや推奨されない」と報告書は述べている.

シャフナー氏によると、ニューヨーク以外の米国居住者の場合、ポリオに感染するリスクは発生前と同様である可能性が高く、つまり無視できる程度です。 ただし、ニューヨークでウイルスにさらされた人々は、飛行機に飛び乗り、別の場所にポリオを運ぶ可能性があります。 そのため、どこに住んでいても予防接種は重要であると彼は言いました。

また、「IPV は、この病気の最も深刻な潜在的な影響を防ぐのに非常に優れていますが、ワクチンを接種した人は依然としてポリオの保菌者であり、他の人に感染させる可能性があります」と、救急医の Leana Wen 博士は述べています。ジョージ・ワシントン大学ミルケン研究所公衆衛生学部の健康政策と管理の教授は、CNNに語った。 (新しいタブで開きます).

パンアメリカン保健機関によると、IPV の予防接種を受けた人は、たとえ麻痺から保護されていても、病原体にさらされた場合でも、便でポリオウイルスを通過させることができます。 (新しいタブで開きます). これは、IPV が血液中で非常に強力な抗体反応を生成しますが、腸内で免疫を生成するのにはそれほど効果的ではないためです.

ポリオについて

ポリオウイルスは、ほとんどの場合、感染者の糞便との接触によって広がります。 あまり一般的ではありませんが、CDC によると、感染者がくしゃみや咳をしたときに放出される呼吸飛沫を介して感染する可能性があります。 (新しいタブで開きます). 石鹸と水で頻繁に手洗いすることで、ウイルスの拡散を防ぐことができます。 ただし、アルコールベースの手指消毒剤はポリオウイルスを殺しません。

ポリオにかかった人のほとんどは、目に見える症状を発症しません。 約 25% が、のどの痛み、発熱、疲労、胃痛、吐き気など、インフルエンザに似た症状を発症します。 髄膜炎、脊髄および/または脳の周囲の組織の感染症などの重篤な症状を発症する感染者は、はるかに少数です。 または麻痺、永続的な障害や死につながる可能性があります。

ポリオから回復したように見える人が、数十年後に新たな筋肉痛、衰弱または麻痺を発症することがあります。 これはポストポリオ症候群として知られています。

もともとライブサイエンスに掲載されました。



Source link