多発性硬化症に関連した視床萎縮症患者の機能回復に有望な有酸素運動トレーニング


視床萎縮は、専門家チームによって報告された調査結果によると、多発性硬化症患者の機能的能力の臨床研究で考慮する必要があります。 2022 年 6 月 19 日に Journal of Neurology に掲載された記事「視床萎縮は、有酸素運動能力、認知処理速度、および歩行持久力の間で関連性を緩和します」。

著者は、Kessler Foundation の Brian Sandroff 博士、Cristina AF Román 博士、Glenn R. Wylie 博士、John DeLuca 博士、イリノイ シカゴ大学の Robert W. Motl 博士、Gary R. Cutter です。アラバマ大学バーミンガム校の理学修士、博士号、バッファロー大学のラルフ HB ベネディクト博士、マイケル G. ドワイヤー III 博士、ロバート ジバディノフ医学博士。

MS関連の視床萎縮は、神経変性および関連する身体的および認知的低下の主要なバイオマーカーであり、この疾患の結果を示す個人の機能を回復および維持する方法を探求することの重要性を強調しています. 有酸素運動トレーニングは有望なアプローチの 1 つですが、視床萎縮を呈する個人への潜在的な影響についてはほとんど知られていません。

チームは、視床萎縮の有無にかかわらず、有酸素運動能力、認知処理速度、および歩行持久力の間の関連性を調べるために横断研究を実施しました。 被験者は、3 つの無作為対照試験から得られた、完全に歩行可能な MS 患者 44 人で構成されていました。 結果には、有酸素フィットネス (段階的なトレッドミル運動中の最大酸素消費量)、処理速度 (記号数字モダリティ テスト)、歩行持久力 (6 分間の歩行テスト)、および視床神経画像が含まれます。

主執筆者のサンドロフ博士によると、結果は、有酸素運動能力、認知処理速度、および視床萎縮患者の歩行持久力の間の強力かつ選択的な関連性の最初の証拠を提供しました。 「この研究は、有酸素運動トレーニングが視床萎縮症の個人の機能を回復させる可能性があることを示唆しています.視床萎縮症は、明らかに進行性の身体的および認知的衰退のリスクがあります. 「転帰への影響を調査するには、視床萎縮を呈するサブグループにおける有酸素運動トレーニングのランダム化比較試験を開発する必要があります。」

EMD Serono、Inc.、Eunice Kennedy Shriver National Institute of Child Health and Human Development of the National Institute of Health の支援を受け、受賞番号 R01HD091155 の下で行われました。

ストーリーソース:

ケスラー財団提供の資料。 注: コンテンツは、スタイルと長さのために編集される場合があります。



Source link