オミクロン期とデルタ期の米国人口における入院と死亡リスクの比較

Study: Mortality Risk Among Patients Hospitalized Primarily for COVID-19 During the Omicron and Delta Variant Pandemic Periods — United States, April 2020–June 2022. Image Credit: Thaiview/Shutterstock


米国疾病管理予防センター (US-CDC) の罹患率と死亡率の週次レポート (MMWR) で発表された最近のレポートで、研究者は 2019 年のコロナウイルス病 (COVID-19) のパンデミック期間全体で院内死亡率を比較しました。

調査: Omicron および Delta Variant のパンデミック期間中に主に COVID-19 で入院した患者の死亡リスク — 米国、2020 年 4 月~2022 年 6 月。画像著作権: Thaiview/Shutterstock

バックグラウンド

重度の COVID-19 および院内死亡率のリスクは、年齢、障害、および既存の健康状態 (併存疾患) とともに増加することが研究で証明されています。 最近の重症急性呼吸器症候群コロナウイルス 2 (SARS-CoV-2) の懸念の亜種 (VOC) Omicron は、より感染力がありますが、重症度ははるかに低くなります。 さらに、Omicron が登場するまでに、世界人口の大部分は、ワクチンまたは感染症によって誘発される免疫を高レベルで発達させていました。

その結果、SARS-CoV-2 に対する感染誘発性抗体を持つ米国人口の割合は、2021 年 12 月の 33% から 2022 年 2 月までに 57% に増加しました。同時に、医学界は経口 COVID-19 治療でいくつかの進歩を遂げました。重篤な疾患のリスクがある患者のために。 合わせて、これにより、オミクロンが優勢だった期間中、COVID-19 の重症度の他の測定値が著しく減少しました。 たとえば、集中治療室 (ICU) への入院と断続的な強制換気 (IMV) の数が減少しました。

研究について

現在の研究では、研究者は、Premier Healthcare Database Special COVID-19 Release (PHD-SR) に登録されている米国の 678 の病院から COVID-19 関連の入院と死亡のデータを取得しました。 期限切れの退院ステータスは、COVID-19 関連の院内死亡を示しました。 研究者は、国際疾病分類第 10 版、臨床修正版 (ICD-10-CM) コード U07.1 を使用して、COVID-19 関連の入院を特定説(推定)しました。

チームは、デルタ (2021 年 7 月から 10 月)、オミクロン初期 (2022 年 1 月から 3 月)、およびオミクロン後期 (2022 年 4 月から 6 月) における COVID-19 の各患者の最後の入院記録を選択することにより、患者レベルごとの分析を実施しました。

彼らは、事前に指定された研究期間ごとに、粗死亡リスク (cMR)、すなわち入院 100 回あたりの死亡数を計算するために、社会人口統計学、疾患の重症度、および病院の特徴を説明しました。 cMR の計算には、総死亡数、COVID-19 関連の死亡数、および COVID-19 に関連しない死亡数が含まれていました。

この研究モデルは、院内死亡の絶対リスクと相対リスクをそれぞれ定量化する、調整済み死亡リスク差 (aMRD) と調整済み死亡リスク比 (aMRR) を推定しました。 さらに、研究者は、2020 年 4 月から 2021 年 6 月までのデルタ以前の 3 つの期間について記述分析を実施しました。

彼らは z 検定を使用して、COVID-19 のパンデミック期間全体で cMR、aMRD、および aMRR を比較しました。p<0.05 は統計的有意性を示しています。 最後に、研究者らは、多変数一般化推定方程式 (GEE) モデルを使用して、初期のオミクロン対デルタ期および後期のオミクロン対デルタ期の院内死亡の aMRD および aMRR を提示しました。

調査結果

PHD-SR の記録によると、2020 年 4 月から 2022 年 6 月までの間に 1,072,106 件の COVID-19 関連の入院と 128,517 件の院内死亡が発生しました。初期のオミクロンと後期のオミクロンの期間であり、デルタ以前の 3 つの期間中の cMR 範囲は 9.9 から 16.1 でした。

cMR のパターンに関しては、2021 年 12 月までは、COVID-19 による入院の cMR は、COVID-19 による入院の合計よりも 1 ~ 2 パーセント高かった。COVID-19 関連の入院が初期の Omicron 期間に減少し始めたため、cMR の差は増加した3.5 パーセント ポイントまで上昇し、オミクロン後期には 1 ~ 2 パーセント ポイントに戻ります。

デルタ期と比較して、主に COVID-19 で入院した患者の院内死亡率は、オミクロン期の初期と後期でそれぞれ 0.69 倍と 0.24 倍でした。 特に、高リスク患者集団のほとんどの入院にもかかわらず、cMR は 15.1% から 4.9% にデルタとその後のオミクロンの期間の間に減少しました。

18 歳未満の患者の死亡リスクは、オミクロン期とデルタ期の間で差はありませんでした。 オミクロンの後期には、院内死亡の 81.9% が 65 歳以上の成人で発生していました。 同様に、3 つ以上の併存疾患を持つ個人の 73.4% が、この期間に病院で死亡しました。 ただし、この研究結果では、併存疾患のあるこれらの患者が、COVID-19 関連の呼吸器合併症や、SARS-CoV-2 感染によって悪化したその他の急性または慢性の状態に苦しんでいるかどうかを確認できませんでした。

結論

オミクロン優勢の期間中、COVID-19 関連の入院の cMR は 4.9% に減少しました。 この cMR は、デルタ優勢期に観察された cMR のほぼ 3 分の 1 であり、COVID-19 パンデミックの他のどの期間よりも低かった。 同様に、入院中の死亡率は、オミクロンの後期にすべての患者グループで減少しました。 さらに、ほとんどの入院と死亡は、65 歳以上の患者、障害のある患者、および 3 つ以上の併存疾患のある患者で発生しました。

全体として、オミクロンが優勢だった後期には、リスクの低い COVID-19 患者が入院することはあまりありませんでしたが、重篤な転帰がまったくないか、最小限に抑えられ、死亡リスクがはるかに低い患者でした。 したがって、研究結果は、特にリスクの高い個人で、COVID-19 関連の死亡を防ぐために、継続的なワクチン接種、早期治療、および非医薬品介入の必要性を浮き彫りにしました。

最も重要なことは、COVID-19 関連の入院と死亡率を監視し続ける必要があることです。感染とワクチンの両方による防御免疫の進化、および公衆衛生戦略に情報を提供するための新しい SARS-CoV-2 VOC の出現の中でです。

*重要なお知らせ

medRxiv は、査読されていない暫定的な科学レポートを公開しているため、決定的なものと見なしたり、臨床診療/健康関連の行動をガイドしたり、確立された情報として扱ったりするべきではありません。



Source link