免疫不全患者におけるサル痘ウイルス感染症

Study: Human monkeypox virus infection in an immunocompromised man: trial with tecovirimat. Image Credit: Marina Demidiuk/Shutterstock


The Lancet に掲載された最近の研究では、研究者は免疫不全患者のサル痘感染症の症状を評価しました。

研究: 免疫無防備状態の男性におけるヒトサル痘ウイルス感染: テコバリマットによる試験. 画像著作権: Marina Demidiuk/Shutterstock

バックグラウンド

ポックスウイルス科の一員でオルソポックスウイルス属のサル痘ウイルスは、サル痘感染の原因となるウイルスです。 大きな呼吸飛沫、生理学的液体または病変物質との間接的または直接的な接触、または寝具やタオルを含む生物相との接触は、ウイルス感染の主要なモードの一部です。 発熱から1~3日以内に、倦怠感、頭痛、リンパ節腫脹、筋肉痛、皮膚症状などの症状が報告されています。

病変は、乾燥して剥離する前に、丘疹、膿疱、および小胞に発展する前に、最初は斑点として現れることがあります。 特に、免疫不全患者におけるウイルス前駆症状を伴う皮膚病変の出現は、水痘帯状疱疹ウイルスまたはクリプトコッカス・ネオフォルマンス、ヒストプラズマ・カプスラタム、またはバルトネラ・ヘンセラエなどの他の病原体による一次または二次感染など、他の診断について評価する必要があります。

ケーススタディ

37 歳の男性が病院を受診し、足、腕、胴体、鼠径部に発疹があり、全身倦怠感、悪寒、発熱、喉の痛み、頭痛などの症状が 1 週間続いていたと報告しました。 患者はまた、排便中に直腸に不快感と痛みを感じました。 彼は二次梅毒の病歴があり、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)、転移性カポジ肉腫、および高血圧とともに治療されていました。 エムトリシタビン – テノホビル、ダルナビル – コビシスタット、ドラバリン、およびヒドロクロロチアジドが患者に処方された薬でした。

患者は、最近旅行したり、同様の発疹や病気の人や動物と接触したりしたことを否定しました. 彼は、小児期のワクチンはすべて接種済みであり、水痘帯状疱疹ウイルス感染の既往歴はないと述べました。 患者は、過去 6 か月間性行為はなかったと主張した。

結果

診察時の体温は37.3℃でした。 体幹、上肢および下肢、鼠蹊部、および肛門周囲に、多数の分散したピンク色の臍帯状丘疹、小胞、および膿疱が見られました。 臨床検査では、ヘモグロビン レベルが 12.7 g/dL、CD4+ ヘルパー T 細胞数が 1 mcL あたり 262 細胞、HIV-1 リボ核酸 (RNA) ポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) が 1 mL あたり 20 コピー未満、絶対リンパ球がカウントは 301/uL でした。 Bartonella henselae、Aspergillus 種、A、B、および C 型肝炎、クリプトコッカス抗原、単純ヘルペス ウイルス 1 型 (HSV-1)、2 (HSV-2)、および (13)-D-グルカンは、血清学的サンプルでは検出されませんでした。 .

HSV-1、HSV-2、および Treponema pallidum は、体幹丘疹の 1 つから得られた生検サンプルの免疫組織化学検査では検出されませんでした。 さらに、スピロヘータおよび菌類は、それぞれ Warthin-Starry 染色または過ヨウ素酸-Schiff 染色では検出されませんでした。 生検サンプルの組織病理学的検査では、限局性表皮壊死、真皮表層下の急性炎症、および周辺の個々の壊死ケラチノサイトが明らかになりました。

ヒトサル痘ウイルスは、体幹病変の 1 つから採取されたダクロン綿棒で検出されました。 患者は、免疫抑制の病歴を考慮して、ドキシサイクリン、セフトリアキソン、およびバラシクロビルを処方されました。 患者はまた、1 日 2 回 600 mg のテコビリマトの 2 週間のレジメンで治療されました。 彼は、目立った副作用はなく、皮膚の傷はすぐに治ったと報告しました. 患者は調子が良いことを示し、1 か月後のフォローアップの予約中に、治癒した病変の領域に色素沈着過剰の領域があることを指摘しました。

結論

全体として、この研究は、免疫不全患者、小児集団、妊娠中または授乳中の女性、および併存疾患のある患者のサル痘感染の重症例の効果的かつ安全な治療にテコビリマトを利用できることを示しました。



Source link