はしかと風疹が世界的に排除される可能性

Study: Feasibility of measles and rubella vaccination programmes for disease elimination: a modelling study. Image Credit: Design_Cells/Shutterstock


The Lancet Global Health に掲載された最近の研究では、研究者は 2100 年までに麻疹と風疹が根絶される確率をモデル化しました。

研究: 疾病撲滅のための麻疹および風疹ワクチン接種プログラムの実現可能性: モデリング研究。 画像著作権: Design_Cells/Shutterstock

バックグラウンド

はしかと風疹のワクチン接種率が世界的に拡大したことで、感染症と疾病負担が大幅に減少しました。 2021 年 1 月の時点で、はしかは 81 か国から、風疹は 93 か国から根絶されています。世界のはしかの症例は、2017 年からすべての地域で急増しており、2016 年から 2019 年の間に 556% 増加しています。

2020 年までに風疹とはしかを撲滅するという目標は、世界保健機関 (WHO) の 5 つの地域で達成されていません。 さらに、多くの国では、2020 年のワクチン接種率の低下と、2019 年のコロナウイルス病 (COVID-19) のパンデミックによる混乱により、アウトブレイクの影響を受けやすいままになっています。

WHO 事務局長は、2017 年の第 70 回世界保健総会で、はしかと風疹を根絶するための実現可能性と疫学的側面、および資源要件について 3 年以内に報告するよう要請されました。 そこで、風疹と麻疹の根絶に向けた実現可能性評価が行われました。 その目的の 1 つは、予防接種のシナリオをモデル化して、はしかと風疹の根絶の実現可能性を調べることでした。

研究について

現在の研究では、研究者は対象となる 93 か国から麻しんと風疹を根絶する確率をモデル化しました。 予防接種戦略は、定期予防接種および追加予防接種活動 (SIA) の予防接種率の履歴データに依存していました。 2 つのワクチン接種シナリオが作成されました。1) 現在のワクチン接種率を継続する従来通りのアプローチ、および 2) 将来のワクチン接種率を (最適に) 増加させる投資の強化アプローチ。

これらのワクチン接種のシナリオは、風疹感染の 1 つの準国家モデルと 2 つの国家モデル、および麻疹感染の 2 つの国家モデルのコンテキストで評価されました。 4 つの全国モデルは、1) Johns Hopkins University (JHU)、2) Public Health England (PHE)、3) 動的麻疹予防接種計算エンジン (DynaMICE)、および 4) Pennsylvania State University (PSU) モデルでした。

はしかと風疹の負担が最も高い93の低所得国、低中所得国、および高中所得国が分析のために選択されました。 Institute of Disease Modeling に基づく準国家モデルは、ナイジェリアにおける麻疹のダイナミクスをシミュレートしました。 1980 年から 2100 年までのモデルごとに、国ごとに 200 回の確率的シミュレーションが実行されました。

このモデルは、国ごとに予測されるはしかまたは風疹の年間予想症例数の分布を推定し、それを分析して、健康転帰に対する各ワクチン接種戦略の影響と、はしかと風疹を根絶する可能性を評価しました。 排除は、100 万人あたりの年間感染数が 5 回以下の場合と定義されました。

所見

通常のシナリオでは、風疹の負荷は 2020 年から 2100 年まで高いままであると予測されていました。 ほとんどの国が 2017 年までに風疹ワクチンを導入したため、多くの国が 2020 年までに風疹を根絶すると予測されていました。これにより、風疹感染、先天性風疹症候群、および関連する死亡が引き起こされます。

投資強化アプローチでは、風疹と先天性風疹症候群の発生率は 2020 年から 2100 年にかけて大幅に減少すると予測されました。風疹根絶の可能性は、通常のアプローチよりも高く、短期間で可能でした。 PHE と JHU の強化された投資モデルは、風疹根絶の基準が満たされると、一般的に根絶が維持されることを明らかにしました。

DynaMICE および PSU モデルは、通常通りのアプローチに基づいており、2020 年までに 16 か国と 19 か国が麻しん撲滅を達成すると予測しています。どちらのモデルのほとんどの国でも、2017 年から 2020 年にかけて、100 万人あたりの麻しん患者数は 5 人以下でした。 DynaMICE モデルでは、残りの国では 2020 年から 2100 年の間、年間 2,000 万件の麻疹感染と 469,000 人の死亡が予測されましたが、PSU モデルでは、年間 17 の麻疹症例と 441,000 人の死亡が予測されました。

強化された投資アプローチは、はしかの症例と死亡率の著しい減少を予測しました。 DynaMICE モデルでは、2020 年から 2100 年までの年間麻疹感染数の中央値は 900,000 件、死亡者数は 3,000 人であると予測されました。 このワクチン接種を受けている国は、通常のシナリオよりも短い時間で麻しんの根絶を達成すると予測されています。

投資強化シナリオでは、すべての国で麻しんを根絶することが可能でしたが、その可能性は低かったです。 ナイジェリアの準国家モデルは、定性的に比較可能な予測を明らかにしました。 注目すべきことに、このモデルは、定期的なワクチン接種率の不公平が一部の国で風土病麻疹の継続的な伝播を促進する可能性があることを強調しています。

結論

要約すると、著者らは、投資アプローチを強化してワクチン接種率を高めることで、おそらくすべての国で風疹を根絶するために必要な条件が生み出されることを発見しました。 しかし、必要な条件が整ったとしても、一部の国でははしかを根絶することは難しいでしょう。 これは、継続的なワクチン接種プログラムなしでは排除を維持できないことが多いためです。 全体として、調査結果は、はしかと風疹の予防接種を継続的に実施することで、はしかと風疹の根絶を達成し、維持することが可能であることを示唆しています。



Source link