COVID-19 ワクチンは、生殖年齢の男性と女性の生殖能力に影響を与えますか?

Study: The impact of COVID-19 vaccines on fertility-A systematic review and metanalysis. Image Credit: Tanya Dol/Shutterstock


Vaccine に掲載された最近の研究では、研究者は重症急性呼吸器症候群コロナウイルス 2 (SARS-CoV-2) ワクチンがヒトの生殖能力に与える影響を評価しました。

研究: COVID-19 ワクチンの生殖能力への影響 – システマティック レビューとメタ分析。 画像著作権: Tanya Dol/Shutterstock

バックグラウンド

新型コロナウイルス感染症 2019 (COVID-19) ワクチンは、人々に取り返しのつかない害を及ぼす可能性があり、女性の不妊のリスクを高める可能性があるという主張は、ワクチンの緊急ライセンスに対応して行われました。 syncytin-1 との交差反応性とスパイクタンパク質との潜在的な類似性は、生殖年齢の女性の生殖能力の低下とワクチン接種を関連付ける潜在的なメカニズムとして提案されました。

Syncytin-1 は着床に不可欠であり、その機能不全は早期の妊娠喪失、着床の失敗、または子癇前症などの異常な胎盤によるその後の問題につながる可能性があります。 男性では、SARS-CoV-2 ウイルスが男性の生殖障害に関連していることに注目して、ワクチンが精子形成と精子パラメーターに影響を与える可能性があるという仮説が立てられました。

研究について

本研究では、研究者は女性と男性の生殖能力に対する COVID-19 ワクチンの潜在的な影響に関連する入手可能な情報を要約し、評価しました。

この研究には、女性と男性の生殖能力に対する COVID-19 ワクチンの影響を調査した研究が含まれていました。 系統的レビューには、一次データを報告した研究のみが含まれていました。 チームは、筆頭著者、国、年、人口、研究デザイン、年齢、性別、ワクチンの種類、ワクチン接種から募集までの時間、ワクチン接種回数、生殖能力を評価するために使用された指標、各研究に対応する主な結果などのデータを取得しました。 さらに、研究者は、人口、年齢、性別、生殖能力を評価するために採用された指標、ワクチンの種類などの情報に基づいて記述的分析を行いました。

必要に応じて、チームは、2 つ以上の研究で報告された受胎能指標に関する同じ結果について、変量効果のメタ分析を実施しました。 ほとんどの受胎能指標に使用される効果測定は、平均濃度または率で構成されていました。 最初のメタ分析は、使用されたワクチンの種類に対して実施され、続いて投与された特定説(推定)のワクチンに基づくサブグループの分析が行われました。

含まれた研究は、研究デザインの方法論的質に関して評価されました。 コホート研究は、研究グループの選択、グループの比較可能性、結果の確認などの品質パラメーターを評価するニューカッスル-オタワ スケールで評価されました。 前後の研究は、研究目的の明確さ、参加者の登録、適格基準の説明、サンプルサイズ、および結果などのパラメーターを評価するために、前後の品質評価スケールで評価されました。

結果

関連する研究を検索した結果、重複するレコードを除外した後、合計 1,489 件のレコードが得られました。 スクリーニングプロセスにより、研究に適切であると見なされた 39 の記事が作成されました。 最終的に、29 の論文がシステマティック レビューに含まれ、20 の論文がメタ分析に含まれました。 29 件の記事には、イスラエルで 10 件、米国で 7 件、ロシアで 6 件、中国で 3 件、イタリアで 1 件、北米で 1 件、トルコで 1 件の記事が含まれていました。

イスラエルと米国で実施された 16 件の研究とトルコで 1 件の研究では、評価された COVID-19 ワクチンは 2 つのメッセンジャー リボ核酸 (mRNA) ワクチン、すなわち mRNA-1273 と BNT162b2 でした。 さらに、ロシアで実施された 6 つの研究では、アデノウイルス ベクター ワクチン Gam-COVID-Vac が調査され、中国で実施された 3 つの研究では不活化ワクチンが研究され、イタリア、米国、北米で実施された 3 つの研究では、mRNA およびウイルス ベクター ベースを含むワクチンが評価されました。

さらに、研究全体の 51.7% が女性で、37.9% が男性で、10.3% が両方の集団で行われました。 研究の約 52% には、体外受精 (IVF)/IVG 患者が含まれており、女性に関する 11 件の研究と男性に関する 2 つの研究が含まれていました。 ロシアで 2 件、トルコで 1 件、イスラエルで 1 件、健康な女性を対象とした 2 つの研究が実施されました。

さらに、健康な男性を対象とした 7 つの研究、不健康な男性と健康な男性の 2 つの比較コホートを対象とした研究、IVG または生殖補助医療 (ART) を受けている男性を対象とした研究が 2 つ、大きなデータベースに属する男性を対象とした研究が 1 つ行われました。 研究デザインに関しては、14 論文が事後研究、15 論文がコホート研究でした。

Newcastle-Ottawa スケールを使用したコホート研究の品質評価では、研究の 13.3% が高品質、33.3% が中程度の品質、53.3% が低品質であることが示されました。 さらに、5 つの事前事後研究のメタアナリシスには、COVID-19 ワクチンの種類を問わず、予防接種前の進行性運動性に関して顕著な違いを示さなかった 298 人の男性が含まれていました。 特に、使用されたワクチンの種類に基づいて実施されたサブグループ分析に有意差はありませんでした。

COVID-19ワクチン接種後の精子濃度は、451人の男性を含む8つの事前事後研究のメタ分析で、どのタイプのワクチンでも著しく変化しませんでした。 346 人の男性を対象とした 6 つの研究のメタ分析では、ワクチンの種類を問わず、ワクチン接種前後の精子量に有意な変動は見られませんでした。

さらに、生化学的妊娠率と臨床的妊娠率は、ワクチンを接種したコホートとワクチンを接種していないコホートの間で有意差はありませんでした。 また、エストラジオールレベルは、ワクチン接種を受けた女性とワクチン接種を受けていない女性の間で有意差を示さなかった.

結論

全体として、研究結果は、COVID-19 ワクチン接種と女性および男性の生殖能力障害との間に関連性がないことを示しました。



Source link