BUの研究者は、米国に全国的な長期COVID補償プログラムを作成することを約束するよう促します



COVID-19 のパンデミックが収まる一方で、米国は国民の健康上の課題に直面し続けています。それは、新型コロナウイルス感染症に罹患している個人の効果的かつ公平なケアです。 連邦政府はこの状況に対応していますが、臨床ケアと障害補償の可能性に直接取り組んでいる政府の取り組みはほとんどありません。 影響を受けた何百万人もの個人に効果的かつ公平なケアを確実に提供するために、ボストン大学医学部 (BUSM) の研究者は、米国に対し、国家長期 COVID 補償プログラム (NLCCP) の作成を約束するよう求めています。

この障害の病態生理を理解し、客観的な診断基準を改善し、効果的な治療法を開発するには、おそらく何年もかかるでしょう。 多くの治療法が試され、生物学に基づいたものもあれば、営利団体が提供するものもあり、科学的根拠は限られています。 この間、個人がフィクションと事実を区別することは難しくなり、経済的余裕のある人は、文書化された有効性に関係なく、治療にお金を払うでしょう.」


Howard C. Bauchner, MD、BUSM の小児科教授

CDC は、米国で 1 億 5000 万人が症候性の COVID-19 疾患にかかっていると推定しています。 COVID-19 に感染した人の 50% が、感染から 4 か月後に症状を報告しているという追加の推定値があります。 わずか 5% が最終的に長期 COVID の基準を満たした場合、米国では 750 万人が影響を受けることになります。対照的に、米国では毎年、約 180 万人が癌と診断され、150 万人が糖尿病と診断されています。

Bauchner 氏によると、より伝染性のある変異体が出現し、Long COVID の客観的な診断基準が開発されるにつれて、ケアを必要とする患者の数は変化すると予想されます。 「この病気の患者は、軽度の症状から実質的な障害があり、特に糖尿病、または慢性肺疾患または心血管疾患などの疾患を持つ個人では、ロング COVID の症状を他の疾患で発症する症状から分離することは非常に困難です。 」と彼は付け加えます。

この困難な課題に直面して、バウフナーは、米国は、ワクチンの安定供給を確保し、ワクチン製造業者を責任請求から保護し、ワクチン製造者を公正に補償するために 1986 年に作成された国家ワクチン傷害補償プログラムの例に目を向けるべきであると考えています。ワクチンに関連する非常にまれな医学的結果がありました。

「このモデルを念頭に置いて、パンデミックが始まってからかなりの利益を上げてきた製薬会社やその他の企業、および恩恵を受ける健康保険会社や障害保険会社など、いくつかの団体がそのような基金に貢献できるNLCCPを米国が作成することをお勧めします。そのようなプログラムから」と彼は言います。

Bauchner 氏は、このような国家プログラムが課題に直面することを認めていますが、プログラムがなければ個人が必要なケアを受けられない可能性が高く、ケアの格差は必然的に拡大し、患者は効果のない治療にさらされ、膨大な費用が患者に転嫁されます。雇用主と州および連邦政府。 「調整された全国的なプログラムだけが、ロング COVID の患者のための効果的で公平なケア システムを確保できます。」

この意見は、ジャーナル Health Affairs にオンラインで掲載されています。

ソース:

ボストン大学医学部

ジャーナルの参照:

Bauchner, H., 2022) 全国的な長期 COVID 補償プログラムを作成する時が来ました。 健康問題。 doi.org/10.1377/forefront.20220914.188014.



Source link