腎移植レシピエントにおけるタンパク質摂取量と骨格筋量との関連を調査する研究



従来の通念は、低タンパク質摂取が腎臓病患者にとって不可欠であると考えています。 しかし、大阪都立大学の科学者は、腎臓移植レシピエントのタンパク質摂取量と骨格筋量との関係に関する最近の研究で、常にそうであるとは限らないことを示しました. 彼らの調査結果はClinical Nutritionに掲載されました。

慢性腎臓病患者は、慢性炎症、異化亢進、栄養摂取量の減少、および腎機能障害に関連する身体活動の減少により、サルコペニアを誘発することが知られています。 腎移植の成功による腎機能の回復は、これらの生理学的異常および代謝異常の多くを修正または改善することができます。 その結果、腎移植レシピエントは腎移植後に骨格筋量を増加させます。 過度のタンパク質摂取は腎機能を悪化させるため、腎臓移植レシピエントを含む慢性腎臓病患者は、腎臓を保護するためにタンパク質摂取を制限する必要があると一般に考えられています. 一方、厳しいタンパク質制限はサルコペニアを悪化させ、予後に悪影響を及ぼす可能性があることが示唆されています。

サルコペニアの改善には栄養と運動療法が推奨されていることから、タンパク質の摂取は腎移植後の骨格筋量の回復に関係があると考えられています。 しかし、腎臓移植レシピエントの骨格筋量とタンパク質摂取量との関係を調べた研究はほとんどありません.

このギャップに対応するため、首都大学東京大学院医学系研究科泌尿器科学講座の高足昭宏博士、岩井智明博士、内田順治教授らの研究グループは、骨格筋量の変化との関係を調べた。生体電気インピーダンス分析により、およびタンパク質摂取量は、腎臓移植の 12 か月後に 64 人の腎臓移植レシピエントから収集された尿から推定されました。 その結果、この時期の骨格筋量の変化はタンパク質摂取量と正の相関があり、タンパク質摂取量が不足すると筋肉量が減少することがわかりました。

岩井医師、浩速医師は「腎移植患者の寿命を延ばすためには、腎機能の低下やサルコペニアを予防するための最適なタンパク質摂取量を明らかにするためのさらなる研究が必要です。タンパク質摂取を含む栄養指導が、平均余命と予後の改善につながるでしょう。」

ソース:

首都大学東京

ジャーナルの参照:

高足 明ほか (2022)腎臓移植後の骨格筋量の変化に対するタンパク質摂取の影響。 臨床栄養。 doi.org/10.1016/j.clnu.2022.07.028.



Source link