最初に、科学者はデザイナー免疫細胞を使用して自己免疫疾患を寛解させます

illustration of blob-like b cells releasing tiny, y-shaped antibodies


科学者ががんの治療に通常使用される技術を使用して免疫細胞を微調整した後、治療が困難なループスの5人の患者が寛解に入りました. 1 回の治療の後、5 人の自己免疫疾患患者全員が標準治療を中止し、再発していません。

キメラ抗原受容体(CAR)T細胞療法として知られるこの治療法は、広範囲に使用することが承認される前に、ループス患者のより大きなグループでテストする必要があります. しかし、結果がより大規模な試験で維持されれば、この治療法はいつか中等度から重度の狼瘡を持つ人々に救済を提供する可能性があります.

ドイツのフリードリッヒ アレクサンダー大学エアランゲン ニュルンベルクでリウマチ学および免疫学のディレクターを務めるゲオルグ シェット博士は、次のように述べています。 シェット氏は、小規模な試験について記述した新しいレポートの上級著者であり、このレポートは木曜日 (9 月 15 日) にジャーナル Nature Medicine に掲載されました。 (新しいタブで開きます).

「これは CAR T 細胞の 1 回の注射であり、患者はすべての治療を中止します」と Schett 氏は Live Science に語った。 「私たちは本当に驚きました [at] この効果がいかに優れているか。」

関連: 科学者はついに人間の中に謎の免疫細胞があることを証明した

免疫システムの再起動

狼瘡は、免疫系が不注意に体自身の細胞を攻撃し、炎症、組織損傷、痛み、疲労を引き起こす慢性疾患です。 症状は軽度から生命を脅かすものまであり、「フレア」として現れることがあり、患者は頻繁に複数の薬を服用して頻度と重症度を軽減します.

狼瘡では、免疫細胞の一種である機能不全の B 細胞が「自己抗体」を送り出し、体の細胞にグロムし、他の細胞を呼び出してそれらを破壊します。 いくつかの薬はこれらの有害な B 細胞を標的にしていますが、すべての狼瘡患者に効くわけではありません。

「非常に重篤なグループがあり、いくつかの治療法を繰り返し、決して寛解することはありません」とシェット氏は述べた.

Schett のグループは、そのような治療抵抗性の狼瘡患者は、以前にがん患者の治療に使用されていた CAR T 細胞療法の恩恵を受ける可能性があると理論付けました。 NIH の国立がん研究所によると、CAR T 細胞療法では、医師は患者の血液から T 細胞と呼ばれる免疫細胞を抽出し、研究室でこれらの T 細胞を遺伝子操作してから、患者の体内に戻します。 (新しいタブで開きます) (NCI)。 承認されたすべてのがん治療において、これらの遺伝子操作された T 細胞は、その表面に特定説(推定)の分子を持つ B 細胞を標的とし、問題のある細胞と健康な B 細胞の両方を一掃します。

これらの B 細胞がないと、患者は感染症にかかりやすくなる可能性があり、CAR T 細胞療法には「サイトカイン放出症候群」を引き起こす危険性もあります。 したがって、その潜在的な利点にもかかわらず、この治療法は軽度の疾患しかない人には適していません.

試験のために、Schett と彼の同僚は、全身性エリテマトーデス (SLE) と呼ばれるループスの最も一般的な形態を持つ治療抵抗性の患者を募集しました。 試験参加者全員が、腎臓、心臓、肺、関節を含む複数の臓器に損傷を示しました。

関連: 新しいツールは、免疫の「年齢」を推定し、病気のリスクを予測します

治療後、5 人の参加者全員の B 細胞数が急落し、自己抗体レベルも急落しました。 彼らの狼瘡の症状は和らぎ、全員が以前の薬の服用をやめました。これまでのところ、再発した患者はいません. 最初に治療を受けた患者 — その症例は New England Journal of Medicine に最初に記載されました (新しいタブで開きます) — 現在、17 か月間の薬物なしの寛解状態にあります。

「彼女は完全に普通の生活を送っています」とシェットは言いました。

特に、治療後 5 か月で患者の B 細胞数は増加し始めましたが、症状は再発しませんでした。 機能不全の B 細胞の大群が体から消滅したため、骨髄は新しい「赤ちゃん」B 細胞を作り始めました。この B 細胞は、前任者が行ったのと同じ自己抗体を送り出すことはありませんでした、と Schett は言いました。

他の 4 人の患者も、再発することなく、治療から数か月以内に新しい B 細胞を作り始めました。 このように B 細胞システムを再起動することで、病気の再発を防ぐことができるように思われますが、確実に患者を監視し続ける必要があると Schett 氏は述べています。

「これが完全な寛解であるかどうかを判断するには、平均 8 か月のフォローアップは時期尚早です」トライアル。 「これらのナイーブ B 細胞は、時間の経過とともに自己抗原に再遭遇し、自己反応性になる可能性があります」と、Lin 氏は Live Science に電子メールで語った。

サイトカイン放出症候群やその他の深刻な副作用を発症した患者はいなかったが、これはすべてのループス患者に当てはまるわけではない可能性があると彼女は指摘した. 「忍容性は問題ないように見えましたが、より多くの患者が治療を受けると、より多くの副作用が表面化する可能性があります」と、試験に関与していないアムステルダム大学医療センターのリウマチ学教授であるRonald van Vollenhoven博士はLive Scienceに語った. Eメール。

シェット氏と彼のチームは、自己免疫疾患である全身性硬化症と筋炎だけでなく、狼瘡に対する CAR T 細胞療法のより大規模な試験を組織しています。 将来的には、この治療法は、他の自己免疫疾患の中でも、関節リウマチや多発性硬化症の治療法としてもテストされる可能性があると Schett 氏は述べた.

最終的に承認された場合、ループスのCAR Tは「非常に重度のSLEを患っており、利用可能な治療法に失敗した患者にとって選択肢となるでしょう」とvan Vollenhoven氏は述べた. 「より長期的には、この新しい治療法が長期にわたる寛解または「治癒」を達成できるかどうかが問題です。」

「CAR T が免疫系を再形成し、永続的な治療なしの寛解につながる可能性は刺激的です」と Lin 氏は述べています。

もともとライブサイエンスに掲載されました。



Source link